苦楽園太郎の兵庫お城探検

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/hyougo-kojyou-tanken

丹波市の城 茶臼山城 D

< 2017年2月16日(木曜日) >

 

【 春の便り 】

 

仕事柄、今の時期、様々な方々から、「春の便りが届きました」 と連絡をいただきます。

「春の便り」 と言っても、四季の春ではなく高校や大学の合格のこと。

ただ、連絡をいただいたお母さん方からよく聞くのは、「もうこれで一生安泰です」 とか 「もうこれでどこでも就職できますよね」 とかと言った平和的な言葉。

高度情報化社会になり、機械やコンピューターが人間の仕事を奪い、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の大ヒット映画 「ターミネーター」 のような時代が本当にやってきそうな時代になってきた。 資本主義による過度な競争社会の中で生きていかなくてはいけない、今の子供たちは、これから大変だろうと思われる。

おそらく、お父さん方はそのことはもうご存知だと思うが、お母さん方のパワーに押され、発言力が失われているのが現状だろう。

お母さん方は、お父さん方より、見栄や世間体を気にする傾向が強いように思われる。 そんなものを振りかざしては生きていけないことはお父さん方は知っているはず。 お母さん方は、今の世の中の現状をお父さん方から少しでもいいから聞いてみてはどうだろうか。

 

 

 

今回(最終回)は、春日町にある丹波市指定文化財で天然記念物の野村断層を紹介します。城巡りに行った時、目的地の周りをウロウロしていると、城以外にも新しい発見があります。

 

 

 

野村断層? おもしろそう〜

 

 

 

案内板がありました。 フムフム。

 

 

 

私の自家用車と比較すると、岩の大きさが分かります。

 

 

 

なかなか威厳のある岩です。

断層の力でできた崖ではなく、浸食によるものだそうです。

 

 

 

天然記念物に指定されているとのこと。

春日町に行く機会があれば、お立ち寄りを・・・・。

 

次回は、今回の茶臼山城から北へ4キロほどの場所にあります小富士山城を紹介します。

黒井城攻略のため、明智光秀が築いた陣城と伝えられています。

このブログで 「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」 と思っています。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p11555271c.html
茶臼山城 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

丹波市の城 茶臼山城 C

< 2017年2月9日(木曜日) >

 

【 明日は娘の受験 】

 

明日は娘(中学3年生)の私立高校の受験日である。 諸事情で、西宮市から神戸市中央区に移転してしまった学校なのだが、娘が自宅から歩いて2分の当学院の付属幼稚園に通っていたので、「よく知っている学校だから受験したい」 と希望した。

進学に関しては自分で決めなさいと言ってあるので、親はノータッチである。

「なんでそんなにのん気でいられるの?」 と教育熱心なお母さんから言われるが、 「娘の人生を親が決めてどうするの」 と思う。

娘には、自主的・主体的に生きていってほしいと願う父なのであった。

 

 

 

今回も茶臼山山頂の城跡と山麓にある萬松寺を紹介します。

 

 

 

茶臼山山頂にある城跡を歩いてみます。

 

 

 

郭跡です。

 

 

 

雨上がりなので緑が映えます。

 

 

 

郭跡です。

 

 

 

茶臼山山麓にある萬松寺 (丹波市春日町野村) です。

 

 

 

なんだろう???

 

 

 

鐘楼でした。

 

 

 

訪れたのが昨年の9月だったので、私の大好きな花である彼岸花が咲いていました。

 

 

 

なんて神秘的で美しいんでしょう。

 

次回は、この近くにある野村断層を紹介します。

このブログで 「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」 と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p11550866c.html
茶臼山城 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

丹波市の城 茶臼山城 B

< 2017年1月30日(月曜日) >

 

【 場の雰囲気が読めない 】

 

最近、年をとったせいか、場の雰囲気が読めなく恥をかくことが多い。

この前、職場で、会議中だった部屋に休憩しに入ってしまった。 顔ぶれが揃っていたのだが、なんの違和感も感じず、くつろいでいると、 「今、会議中なんです」 と言われビックリ。

 

この年になると、恥をかくことに慣れているし、ちょっとやそっとのことで驚かなくなるし、妻以外に怖いものが少なくなってきているのは事実である。 おそらくそれらが原因で緊張感が欠如しているのだろう。

もう、修正できる気力もなく、そのような状況になったら、ひたすら謝るのが一番である。 謝り方も60種類くらいは知っているであろう。

まぁ、これからも失礼なことをすると思うが、許していただきたい。

 

 

 

今回は、茶臼山山頂に広がる茶臼山城を紹介します。

 

 

 

山頂に到着しました。 

 

 

 

遺構はかなり土に埋もれています。

 

 

 

階段状の郭跡です。

 

 

 

こちらにも階段状の郭跡があります。

 

 

 

最高部です。 ここで城主は指揮を執ったのでしょうか。

 

次回も、茶臼山城主郭を紹介します。

このブログで 「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」 と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p11543384c.html
茶臼山城 | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

おもしろい〜! わたしもそーなるのかなぁ〜?

[ らいむ ] 2017/01/31 19:28:47 [ 削除 ] [ 通報 ]

もちろん、なりますよー!!!

楽しみにしていてください。

[ 苦楽園 太郎 ] 2017/02/03 19:42:35 [ 削除 ] [ 通報 ]

イイネ!

[ akaru ] 2017/02/24 14:35:29 [ 削除 ] [ 通報 ]

最悪でしょう。

近いうちに遊びにいかせていただきますね。

[ 苦楽園 太郎 ] 2017/02/27 13:46:55 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

丹波市の城 茶臼山城 A

< 2017月1月26日(木曜日) >

 

【 酒の楽しみ方 】

 

最近、知り合いと飲み会をよくするのだが、酒の楽しみ方は人それぞれで面白い。

 

・ただ、飲むことだけが好きだから。

・ほろ酔い気分が好きだから。

・一日のストレスが解消できるから。

 

などさまざま。

 

私の場合は、飲もうとしている酒が造られた地域の山や川の風景を思い浮かべながら味わうのが好きである。

西宮の酒では、なかなかそれができない。 43号線しか思い浮かべることができないからだ。 

昔、鷲林寺参道に灘誉酒造があった。 あそこならば風景的にも問題はなかったのだが、その灘誉酒造はもう存在しない。

 

来週、城巡りに行く予定なのだが、ついでに、丹波の銘酒 「秀月」 を購入するつもりである。

城巡りが目的なのか、酒の購入が目的なのか分からなくなったが、酒を味わいながら、丹波の風景を思い浮かべる。 私の小さな楽しみだ。

 

 

 

今回は、茶臼山山頂を目指して登っていきたいと思います。

 

 

 

登山道はありませんが、全山写真のような感じなので登りやすいです。

 

 

 

途中に郭跡がありました。

 

 

 

山腹を這いつくばりながら登っていきます。

 

 

 

またまた、郭跡がありました。

 

 

 

山腹を登っていくと、茶臼山城跡のある山頂に到着しました。

 

次回は、茶臼山山頂に広がる茶臼山城跡を紹介します。

このブログで 「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」 と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p11540727c.html
茶臼山城 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

丹波市の城 茶臼山城 @

< 2017年01月21日(土曜日) >

 

【 ティーカップの不思議 】

 

最近、ストレートで紅茶を飲むことにハマっている。 コーヒーは1日1杯が限度だが、紅茶は4〜5杯は飲める。

紅茶にはテアニンという物質が入っていて、リラックス効果があるという。

最近、体の調子がすごくいいのは紅茶の効能のせいだろうか。

 

昨日、小さなティーカップを阪急ガーデンズで購入した。 店先で、このティーカップに一目ぼれして思いきって買った。 思いきってと言っても1000円もしないものだが、このティーカップで紅茶を飲むと、紅茶がとても美味しく感じるのだ。

先程も飲んだのだが、やっぱり美味しい。

紅茶の味は同じなのだが、ティーカップで味がものすごく変わることに気づかされた昨今でした。

 

 

 

今回から、丹波市春日ある茶臼山城を紹介します。

昨年9月に30年ぶり訪れました。 当時は茶臼山城という名前だったとは分かりませんでした。

 

 

 

舞鶴若狭自動車道の春日ICから国道175号線を西へ向かい六反田 (ろくたんだ) 交差点を南へ向かうと、城山らしき山が見えます。

 

 

 

どんどん近づいて行きます。

 

 

 

どこから見ても城山です。

 

 

 

山麓まで来ました。

 

 

 

春日神社付近から望む茶臼山城

 

 

 

彼岸花が美しいです。

 

次回は、茶臼山に登っていきます。

このブログで 「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」 と思っています。

 

※さくらFM 「お城を知ろう! 苦楽園太郎の兵庫お城探検」 は、明日22日から第5日曜日29日の11時からに変更になりました。 よろしくお願いします。 お時間あれば聞いてくださいね



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p11538666c.html
茶臼山城 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
苦楽園 太郎イメージ
苦楽園 太郎
プロフィール公開中 プロフィール
土の城に心惹かれ44年。

遠き昔に想いを馳せ、ただ、何も考えずに、苔むした城跡と同化する。

それが私にとって至福の時なのでございます。

このブログで、私が至福の時を過ごした孤高の城達を紹介していきたいと思います。


カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<