苦楽園太郎の兵庫お城探検

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/hyougo-kojyou-tanken

丹波市の城 小富士城 B

< 2017年3月2日(木曜日) >

 

【 おいおい、まだ入試終わってないぞ〜! 】

 

娘(中3)の同級生のお母さんから、「高校の合格祝いの食事会を開催したいので、参加ご希望の方は連絡くださ〜い」 とメールがきた。 「おいおい、まだうちの娘は入試が終わっていないぞ」 と思ったので、即、理由を書いて不参加のメールを返信した。 すぐに 「気が回らずにすみません」 とメールがきた。

そのお母さんの娘は、すでに推薦で市内の県立高校に合格が決まっている。 合格がうれしかったのは分かるが、はしゃぎ過ぎて、あちこちに食事会のメールを送ってしまったらしいのだ。 まだまだ、五分の四の生徒は3月12日の公立高校の一般入試を控えている。 私は、そのお母さんには冷静なイメージを持っていただけに、イメージ崩壊による驚きを隠せなかった昨今の出来事であった。

 

 

 

今回(最終回)は小富士山山頂に広がる小富士城跡を紹介します。

 

 

 

人工的に造られた崖が四方を囲っています。

 

 

 

このような崖を切岸と呼びます。

 

 

 

階段状に郭跡があります。

 

 

 

切岸を横から見ます。

 

 

 

郭跡が階段状に連なります。 上から見下ろすと分かりやすいです。

 

 

 

最高部に到着しました。

 

 

 

城主が指揮を執った主郭です。

 

次回は、丹波市春日町の沼城を紹介します。

このブログで 「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」 と思っています。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p11563469c.html
小富士城 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

丹波市の城 小富士城 A

< 2017年2月27日(月曜日) >

 

 

【 足がガクガク 】

 

一昨日の土曜日に城巡りに行ってきた。 丹波篠山の山城密集地域だったので1日で6城も巡ることができた。

久しぶりに有意義な1日を過ごせたのは良かったのだが、今日は、足がガクガクで生活するのに不自由な状態になってしまった。 歳をとると2日目に傷みや疲労がやってくるという、いつものパターンだ。

しかも、長い城巡り経験の中でも、やったことがない6城も回ってきたのだから、その反動はすさまじい。

妻からは、 「年齢も考えずに、6つも城巡りするからよ」 と朝から怒られる始末。

「6つも回れるなんて、まだまだ元気」 と判断するか 「もう歳だから無理するな」 と判断するか。

体が元気なうちは、やはり前者を選択するべきだろうと思う本日の心境であった。

 

 

 

今回は、小富士山の中腹から見下ろす春日町の風景を紹介します。

 

 

 

時計の反対回りで写真を撮りました。 写真の山は典型的な城山の形をしています。

 

 

 

なかなかの絶景です。

 

 

 

丹波らしい風景です。

 

 

 

遠くに黒井城が見えます。

 

 

 

ズームしてみます。

晴れていると、山頂に累々と横たわる石垣が見えます。

 

次回は、小富士山山頂に広がる小富士城の城郭を紹介します。

このブログで 「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」 と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p11561676c.html
小富士城 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

丹波市の城 小富士城 @

< 2017年2月20日(月曜日) >

 

【 ええ加減にしいや〜! 】

 

もうすぐ、公立高校の入学試験である。

この時期になると体調を崩す母親が増える。 子供の入試によるストレスが原因だ。

知り合いの女性で、最近、脇の下のリンパが腫れ、体調を崩している方がいる。 今までにも何度も、このような状態になることはあったのだが、原因は分からなかった。 しかし、最近、子供らの入試の度にリンパが腫れることが分かった。

今回は、今までの中で一番ひどい状態らしい。

それにしても、受験生がストレスで体調が悪くなるのなら理解できるが、受験生でもない母親の体調が悪くなるとは・・・・・・・。

「子供に期待するのも、ええ加減にしいや〜!」 とツッコミを入れたくなる昨今の出来事である。

 

 

 

今回は、丹波市春日町にある小富士城を紹介します。

黒井城攻略のために、明智光秀が築いた城ではないかと言われています。

春日インターから北へ3キロほどの所にある富士山型の美しい山が小富士山で、その山頂に城跡があります。

 

 

 

春日インターを下りて、県道138号線を北へ向かいます。

正面に見える富士山型の山が小富士山です。

 

 

 

ズームしてみます。 美しい城山です。

 

 

 

なにやら標識みたいなものが・・・・・。

 

 

 

 

小富士山登山口と書かれています。

 

 

 

山麓に到着しました。

 

 

 

桃源寺です。 ここに登山口があります。 さぁ、登りましょう。

 

 

次回からは、城跡のある山頂を目指したいと思います。

このブログで 「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」 と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p11557643c.html
小富士城 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
苦楽園 太郎イメージ
苦楽園 太郎
プロフィール公開中 プロフィール
土の城に心惹かれ44年。

遠き昔に想いを馳せ、ただ、何も考えずに、苔むした城跡と同化する。

それが私にとって至福の時なのでございます。

このブログで、私が至福の時を過ごした孤高の城達を紹介していきたいと思います。


カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<