西宮芦屋研究所レポート

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/nisinomiyashiyalab

紀州南部のゆるキャラ 平成歳時記

一昨日の大阪天満宮の境内には、紀州南部のゆるキャラが二人

、梅の花と南高梅の精が歩いていました。


南高梅

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061422/p10816514c.html
平成歳時記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

天満宮 合格祈願の絵馬競争 平成歳時記

これだけ多くの合格祈願の絵馬があると絵馬どうしが、ご利益をもらおうと競い合っているように見えてしまいます。

幾重にも積み重なった合格祈願の絵馬

 



合格祈願
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061422/p10816263c.html
平成歳時記 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

短冊 打ち寄せる鎮守の森に絵馬の波

[ だんご ] 2013/01/26 6:21:24 [ 削除 ] [ 通報 ]

だんごさん 大阪天満宮には、絵馬の波はあっても鎮守の森はありませんでした。その代わり紀州の南部から梅の花と梅の実のゆるキャラが出張で来ていました。

[ 西宮芦屋研究所員 ] 2013/01/26 20:07:22 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

うそ替え神事 大阪天満宮 平成歳時記

今日、大阪天満宮のうそ替え神事へ行って来ました。

年初の菅原道真公の縁日「初天神」と、左遷の命の下った日にあたる125日に行われます。

本殿の前で巫女さんから「うそ鳥守り」をもらい、いざ「うそ替神事」へ

「うそ替神事」は、前年ついた嘘を菅公の愛鳥「うそ鳥」に託して誠にかえ、罪を祓い福を招く神事です。

参拝者は、「うそを真(まこと)に替えましょう」と掛け声を掛け合いながら、「うそ鳥守り」を交換し合い、最後に受け取った袋の中の「うそ鳥守り」を持ち帰るというものです。

それぞれ見知らぬ相手と交換

神職も一緒に参加しています。

 お守りを交換しながら「マネーロンダリング」という言葉を思い浮かべていました。

 



天満宮
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061422/p10815784c.html
平成歳時記 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

おもしろい神事ですね。商いの街、大阪らしいです。

[ だんご ] 2013/01/25 6:04:16 [ 削除 ] [ 通報 ]

だんごさん 私もこの年までこの行事を知りませんでした。

[ 西宮芦屋研究所員 ] 2013/01/25 23:40:23 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

妙見山から甲山 超北東より  平成歳時記

seitaroさんの「北西方向からの甲山」を拝見した2日前、超北東は大げさにしてもかなり遠くからの甲山を望む機会がありました。 

前方、右上の山並みにポツッと盛り上がった山が甲山で、少しアップで見ると下のような感じです。

このような甲山が見えるのは能勢の妙見山山頂付近です。


八朔会という祭礼の日、雨上りに見た妙見山からの甲山の眺望でした。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061422/p10764934c.html
平成歳時記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

瑞光寺・鯨橋の謂れ 平成歳時記 東淀川瑞光寺 その2

瑞光寺4世住職潭住(たんじゅう)が、宝暦6年(1756年)に南紀を行脚しているとき、太地浦(現在の和歌山県太地町)の漁師に不漁であったことから豊漁の祈念を請われました。



潭住は「殺生は五戒の一つ」として断りましたが、ついに祈願に応じ、鯨がたくさん捕れたお礼として、30両と鯨骨18本が贈られました。しかし、潭住は鯨を供養し、すべての生き物を大切にするという祈りを込めて、この橋が作られたといわれています。
シーシェパードの人たちはどう思うでしょうか??



このようなお寺へ2月の平成歳時記で行きました。


 
「平成歳時記」とは白鷹禄水苑が主催する文化講座の一つで西宮芦屋研究所員は約3年継続して参加しています。
平成歳時記(-四季を彩る祭と芸能-)は、古代から畿内(かつての首都圏)の一画を占め、千数百年の歴史が堆積し、何度か都も置かれた摂津の国の多彩な四季折々の祭りや催し物の「場」を訪ね、阪神文化圏の原像に迫る講座です。
4月からも新たな講座が開講されます。
4/1(日)
宝塚市中山寺「無縁経大会式」
5/15(火)
宝塚市 「村野藤吾賞受賞式・記念講演会」
6/15(金)
宝塚市 清荒神清澄寺 「弘法大師降誕祭」
7/17(火)
大阪市中央区 浪速高津宮(こうづぐう)「夏祭」
8/4(土)
大阪市天王寺区 四天王寺「篝(かがり)の舞楽」
9/2(日)
大阪府能勢町 能勢妙見山「八朔(はっさく)祭」
詳しくは以下でご覧下さい。
http://www.hakutaka-shop.jp/academy/01/saijiki.html



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061422/p10759000c.html
平成歳時記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

鯨橋 シーシェパードはどう思う 平成歳時記 東淀川瑞光寺 その1

小さいながらも「神社のテーマパーク」のような松山神社のあと、鯨橋で有名な瑞光寺へ行きました。



以前から、話では聞いてはいましたが、今回自分の目で見たのは初めてでした。



この寺の境内にある「弘済池(こうさいち)」には、珍しい橋、鯨の骨でできた「雪鯨橋(せつげいきょう)」が架かっています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061422/p10758936c.html
平成歳時記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

神社のテーマパーク 平成歳時記 東淀川松山神社 その5

松山神社の境内には、狭いながらもいろんなものがありました。



              古代の祭祀の磐座





      将来設計もされていました。


「えべっさんの凄いご利益」だけではなく、神職の経営努力がよく伺える好感が持てるテーマパークのような神社でした。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061422/p10758870c.html
平成歳時記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

えべっさんの上がりでやってます 平成歳時記 東淀川松山神社 その4

松山神社の宮司さんの話を伺うことが出来ました。
西宮にある某天満宮と比べて、参拝客も多く綺麗に整備された境内では近所の氏子さんがかいがいしく参拝客に奉仕されていました。



      ビジネスマインド溢れる話をされる宮司さん


「お参りの人が多く賑やかですね」と申し上げたところ、宮司さん曰く「うちはえべっさんの上がりでやって行けているようなものですわ!西宮神社からえびすさん来ていただいています。十日戎もやってます。堀川や今宮からどれだけこちらへ参拝客を取りこむかです。」 
「福笹を境内の竹やぶの笹を使って作っていますので、うちの笹は長持ちします・・・・などなど、えべっさんのご利益をとうとうと語られました。




まだ、蕾の梅の木の前で、有料ですが甘酒をいただくことも出来ます。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061422/p10758831c.html
平成歳時記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

東淀川戎神社@松山神社 平成歳時記 東淀川松山神社 その3

松山神社は天満宮だと思っていたのですが、ちょっと横を向くと同じ境内に東淀川戎神社がありました。



このようにそこそこの社殿があります。



西宮神社からお招きした戎神社で松山神社は地元では戎神社としても知られているようです。



この戎神社が、天満宮の松山神社に“福”をもたらしているようです。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061422/p10758785c.html
平成歳時記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

上新庄松山神社の賑わう境内 平成歳時記 東淀川松山神社 その2

阪急沿線上新庄にある松山神社の境内にはいろんな色の梅が咲いて多くの参拝客で賑わっていました。



大宰府天満宮から下賜の飛梅もあり、神社が参拝客を楽しませようとする努力の跡があちらこちらに目につき、なんとなく楽しくなるような雰囲気の神社でした。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061422/p10758737c.html
平成歳時記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  
このブログトップページへ
西宮芦屋研究所員イメージ
西宮芦屋研究所員
プロフィール
西宮芦屋研究所では、当地で育った村上春樹の「西宮芦屋」に関するあらゆることや、あまり一般的には知られていない「西宮の隠れたメジャー」の研究に日夜励んでいます。この成果を一人でも多くの方々に、このブログを通じて、お伝えしたいと思っています。

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 189 1869014
コメント 0 752
お気に入り 0 14

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<