西宮芦屋研究所レポート

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/nisinomiyashiyalab

喜劇こそわが命

甲陽園の撮影所で映画デビューしたエノケンこと榎本健一は、その著書「喜劇こそわが命」この撮影所のことを次のように書いています。

「兵庫の六甲山脈の外れに甲陽公園というのがあって、宝塚を真似して、千人風呂をつくったり、少女歌劇をやったりして、人を呼んでいた。そこで新しく撮影所をつくったのであった。三人ばかりの同行者があって、僕が皆の旅費をつくって出かけて行った。最初は研修生ということだったが、どういうわけか、僕はすぐに見い出されて、主役でたちまち映画を二本撮った。そのうち一本の題名は今でも覚えている。『異国の娘』というのであった。もちろんまだ無声映画の頃である。」


エノケン

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061422/p11734230c.html
西宮スター千一夜  | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
長門裕之が長門裕之の芸名でデビューした西宮北口撮影所
甲陽園の撮影所とマキノ省三
関東大震災と映画
このブログトップページへ
西宮芦屋研究所員イメージ
西宮芦屋研究所員
プロフィール
西宮芦屋研究所では、当地で育った村上春樹の「西宮芦屋」に関するあらゆることや、あまり一般的には知られていない「西宮の隠れたメジャー」の研究に日夜励んでいます。この成果を一人でも多くの方々に、このブログを通じて、お伝えしたいと思っています。

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 167 1842265
コメント 0 738
お気に入り 0 14

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<