懐かしい西宮

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/coffee

石垣

わたしは古い石垣を見るのが好きなのですが、これは先日お参りした浅間寺のそば。

いいですねえ。昔の人は偉いなあ。
今も田舎へ行けば、まだまだ古い石垣が残されています。
都会にも石垣はありますが、新しいものはみな重機を使ってのものでしょう。
昔の人は一個一個を手で積み上げてるんですよね。身近な生活のために。

こちらの写真を見て下さい。

右手に見える石垣は上の写真の石垣です。
ところが左手にはコンクリート。
補修してあるのですね。どうやら最近。
なんの情緒もありません。
古い石垣からは古人の息吹が感じられます。
時には汗や血の匂いさえも。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p10889373c.html
出石 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

出石神社

先日の但馬行で、帰りにもう一か所お参りさせて頂いた所が。
但馬の一の宮「出石神社」です。
Cimg5044

ここの祭神は天日槍命(アメノヒボコ)。
Cimg5048
わたしが行った時は、広い境内にお宮参りの一組だけの参拝者でした。
鳥のさえずりが聞こえるだけの静かな神域でした。

実はここへお参りするのは何十年ぶりかです。
子どもがまだ小さかった時、大木のうろにクワガタを見つけたのも思い出。
Cimg5062_2

前にお参りした時には、わたしまだ「出石アカル」というペンネームを使ってませんでした。
ということで今回、そのご挨拶も含めてのお参り。
アメノヒボコの最初の妻は「アカルヒメ」といいます。
それを祀る神社は各地にあって、大阪鶴橋の「比売許曽(ヒメコソ)神社」へはお参りしたことがあります。
今回気がついたのがこのお社。
Cimg5059
「比賣社」とあります。多分「ヒメコソ」と読みます。
アカルヒメをお祀りするお社です。
丁重にご挨拶させて頂きました。
アカルヒメにつきましては以前書きました。
http://akaru.mo-blog.jp/akarublog/2010/11/post_bb83.html

境内にはこんなのも。
Cimg5049
消防ポンプ車です。
Cimg5054
現在はどうなんでしょう?使えるのでしょうか?

奉納樽に「日本盛」がたくさん。
Cimg5058

Cimg5079
立派な鳥居でした。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p10888831c.html
出石 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

臨川寺(りんせんじ)

家内が生まれ育った出石町奥小野に臨川寺(りんせんじ)という尼寺がある。
そこの庵主さんの黒田教道さんという人は家内と幼友達。学校時代は同級生でもある。
子ども時代、この写真の階段でいつも一緒に遊んだという。
Cimg4959
偶然、今回泊まらせて頂いた豊岡市法花寺の伊地智さん宅で見た、但馬の曹洞宗寺院の機関紙にこの臨川寺のことが載っていた。
Cimg4968
後ろ姿が多分、黒田さん。お若い頃から頭を丸め、結婚なさっていない。
世間の陽の当たらないところに偉い人はそっと隠れておられる。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p10888391c.html
出石 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

浅間寺の仏像。

昨日、但馬からの帰りに以前から気になっていたお寺にお参りした。
Img103


毎回通る道に「浅間寺」の案内板が出ていて、いつかと思いながらの昨日だった。
この4月にテレビ番組「ちちんぷいぷい」で紹介されていたので、今度こそと。
あまり有名でもないので、ちょっとした山寺ぐらいに思っていた。テレビ番組の印象でもそんなに大層なお寺とは思わなかった。
テレビはこれを紹介していたのである。
Img104
お堂の蟇股(かえるまた)である。
彫刻が施されている。中国の故事による親孝行物語。
中には、年老いて身体が弱り食事のできなくなった姑に、朝、自分の赤ちゃんに飲ます前に姑に乳房を含ませ飲ませてあげたというような話も。これがテレビで紹介されていて印象に残っていたのだった。
と、こんなのをちょっと見て行こうと思って行ったのだが、行ってみて驚いた。
住職の奥様が丁寧に説明して下さった。
ここまでは予想の範囲内。
お堂の中も見て行かれますか?と。
好奇心の強いわたしのこと当然…。
大きな鍵を開けて下さって中を見た途端に驚嘆した。
素晴らしい仏像群だった。
ご本尊の薬師如来は見事なもの。
脇侍の日光、月光菩薩もいかにも時代を経た仏像だ。
さらに私の目を奪ったものは、十二神将像だった。
お姿が素晴らしい!「写真は?」とお尋ねすると「それはご遠慮ください。ネットにも上がってないです」と。残念。
詳細に説明して下さった。
「今三井財団のお力で修繕中のも何体かあり、ここの5体は修理が済んだものです」と。
これは国宝ものだと思うのだが、国宝指定には色々と政治的な力が働くようなお話も。
いや、素晴らしいものを見せて頂いた。
と、ここで帰ってしまう私ではない。心安くなったところで、
「どこにも発表しませんから写させてはもらえないでしょうか?」
さてどうなったでしょうか?
帰って、ネットを調べてみたが、なるほどどこにもこの仏像の写真は出ていない。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p10888317c.html
出石 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

出石高校3年3組

23日だから一昨日だ。
わたしは宝塚へブルーグラスのコンサートに。
そしてカアチャンは出石高校の同窓会で豊岡へ。
で、その夜はわたし一人。
こんなことは一年に一度もない。
「淋しくない?」とか聞かれるけど、一泊だけだから大丈夫。

これが何日もになると、淋しいというよりも不便だ。
わたしはなにも出来ない。
いつもなら、寝る時は布団もきちんと敷いてある。
朝起きたら、その日着るものはみんな揃えて置いてある。
食べるものもみな用意してもらえる。
わたしは洗濯も出来ない。
自慢じゃないがわたしは家事は何もできないのだ。
でも最近は、何でも売っているし、一日や二日ならなんとか生きていける。
カアチャンは車で行っていた。
ので昨日、帰りには田舎からお野菜をいっぱいもらって帰って来た。
車にいっぱい、大根など。
まるで八百屋の仕入れのように。
今日はそれを、いつもお土産を下さる人に配り歩くのに大忙しだった。

うちのカアチャンはエライぞ。



出石高校
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p10791717c.html
出石 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

今、気づきましたが。カアちゃんの 最初の二文字を逆にすると
アカちゃん になる。

[ 下駄 ] 2012/11/28 0:06:29 [ 削除 ] [ 通報 ]

下駄さん もしかして読み間違えた?そろそろお近く用のメガネが必要では?

[ akaru ] 2012/11/28 0:29:43 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

齋藤隆夫

今朝の新聞にもうひとつ興味深い記事が。
Img051
出石出身の政治家、齋藤隆夫の記事が。
あの軍国主義華やかなりしとき、国会で軍部を批判する演説をし、追放された政治家である。
その資料の展示が東京、憲政記念館で行われるのだと。
わたしはもう10年ほど前に、出石にある「齋藤隆夫記念館」に行ったことがある。
その時、そこでこの本を購入し読んで感銘を受けた。
Cimg2353『齋藤隆夫かく戦えり』(草柳大蔵・文藝春秋)
いまこそ、齋藤さんの精神を学ぶべきではないだろうか。
「日本は軍備を増強しなければいけない。徴兵制にして、核も持たなくてはならない」と発言して憚らない政治家が人気を博すようになってきている。恐ろしいことだ。


齋藤隆夫
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p10790636c.html
出石 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

「死刑弁護人」

神戸新聞夕刊の記事。

二段階クリックでお読み下さい。

 

「極悪人を弁護する鬼畜」と呼ばれ、今をときめくトオルちゃんが弾劾した弁護人、安田好弘氏を追ったドキュメンタリー映画「死刑弁護人」の記事だ。

一時、日本中を敵にしたように報道された。しかし、この人、スゴイ。

実は私の家内と出石の中学校で同級生だった。話は色々聞く。その頃から信念の人だったと。

この人を批判することはたやすい。が、本気で批判するのなら、この人の著書をじっくりと読んでからにして欲しい。わたしは、家内と同級生だからというのではなくこの人を支持します。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p10764763c.html
出石 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

マンホール

豪華なマンホールの蓋が出石にありました。これは大きかったです。

 

もう一つのこれは、普通サイズ。

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p10763581c.html
出石 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

櫻井旧居

 出石へ行って来ました。

 奥村忠俊さんから教えて頂いて、出石の偉人、櫻井勉の旧居に行って来ました。

Cimg0683

 youtubeに上げましたので見てください。

 ただし、私、ナレーションで勘違いをして、やはり出石出身の有名政治家、斎藤隆夫と間違っています。

http://www.youtube.com/watch?v=ErrD6hrZ_Vk&feature=plcp



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p10763550c.html
出石 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

「KOBECCO」6月号

 「KOBECCO」6月号が出ています。

 「触媒のうた」は「岡本久彦先生 下」です。

 興味のある方は下記のページから入っていってお読みください。

http://kobecco.oide.or.jp/2012/12-06/nk1206/nk1206_06/nk1206_06.htm

 

 『KOBECCO』、西宮では北口のジュンク堂書店にあります。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p10761889c.html
出石 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  
このブログトップページへ
akaruイメージ
西宮の懐かしい話題と文学と将棋とブルーグラスの話など。
用海小学校の隣の喫茶店「輪」。土日月祭は休み。その他、休みたい時も休み。営業時間は朝8時ごろからお昼ごろまで。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 38 729572
コメント 0 1950
お気に入り 0 21

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<