懐かしい西宮

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/coffee

杉山平一先生の詩碑

昨日行った、播磨中央公園ですが、杉山平一先生の詩碑のことをこちらのブログに書いてますので、よろしければ。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p11138730c.html
杉山平一 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

杉山平一「樹」

「宮っ子」の創設当時、宮崎翁が編集を指導されていた。そして誌面に大きく関わっておられた。
原稿も書いておられた。
そんな中に「文学の小道」という連載があった。
これの第6回に杉山平一先生のことを書かれている。
1983年10月号である。
http://miyakko-nishi.com/MIYAKKO-SYSTEM/Found_Page?gou=45&areacd=0&page=14
次のページに進むには、上部にある「NEXT」をクリックして下さい。
宮崎先生の文学紹介の文章、素晴らしいです。


goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p11056183c.html
杉山平一 | コメント( 3 ) | トラックバック( 0)

「宮っ子」も指導されていたのですか。それに私も素晴らしいと思っている『星の王子様』の哲学的な一節を引用されているのには驚きました。akaruさんについてどのように述べられているのかも読ませていただきたいです。

[ seitaro ] 2014/06/06 21:10:09 [ 削除 ] [ 通報 ]

seitaroさん
宮崎先生の文学(者)に対する姿勢、素晴らしいでしょう?これがお若い時から全く変わらないのです。

[ akaru ] 2014/06/06 21:41:59 [ 削除 ] [ 通報 ]

seitaroさん
以前お聞きしていたアドレスにメールしましたが、送信できませんでした。またの機会に新しいアドレスをお教え下さい。

[ akaru ] 2014/06/06 21:54:40 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

グリコのおまけデザイナー、宮本順三氏

宝塚図書館の平井さんと仰る方から封書が。
何かと思ったらこのようなチラシが。

Img587

5月3日〜11日。
この日程の辺り、わたしちょっと忙しいので行けるか微妙ですが…。
宮本順三氏は杉山先生とも親交のあった人。
しかし、宝塚の図書館からわたしなんぞへなぜ?と思ったら、以前から千村克子さんやブルーグラス45のことで色々お教え下さっていた久家さん繋がりなのだった。
人の縁は不思議に繋がって行きます。
ありがとうございます。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p11037746c.html
杉山平一 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

芦屋神社

「KOBECCO」2月号に芦屋神社のことが書かれている。
ページを繰って、36,37ページです。
http://kobecco.oide.or.jp/2014/14-02/nk1402/nk1402_03/nk1402_03.htm
芦屋神社は杉山平一先生にゆかりの深い神社です。
ここをわたしは宮崎翁と3年半前に訪れました。
その時のことはこちらで↓
http://akaru.mo-blog.jp/akarublog/2010/08/post_f7ad.html
後にわたしは、宮崎翁から杉山先生の生原稿を託されている。
ここにゆかりの詩です。

Img465
これを元にした詩碑の原版は杉山家にすでに有る。
四国に建った桑島玄二さんの詩碑と同じ素材の陶製の詩碑だという。
その桑島さんの詩碑の除幕式で杉山先生が「これはいいですなあ」と言われたのを受け、宮崎修二朗翁が作られたのだと聞く。
いつでも建てる準備はできているのだ。
その場所は、わたしの勝手な思いだが、この芦屋神社の境内が最適だと思う。
でもわたしには、残念ながら政治力と資金力がない。最も大事なものがないのだから、わたしではどうしょうもない。
ああ、宝くじ、当たらないかなあ。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p10996726c.html
杉山平一 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

「海鳴り」25号

編集工房ノアさんより「海鳴り」25号が贈られてきた。
Cimg4345
社主の涸沢純平氏が書かれている。「今号は、杉山平一さんの追悼号にと思ったが、ゆかりの方々の追悼文は、すでに各誌に出ているので、受賞式、偲ぶ会の再現をした。」と。
偲ぶ会にはわたしも出席させて頂いたので様子は知っているが、改めて読ませて頂けて良かった。
スピーチされた方の言葉が抄録されている。

司会、以倉紘平。
以下、中川智子(宝塚市長)、八木忠栄(日本現代詩人会会長)、八木憲爾(第二次「四季」発行人)、國中治(四季派学会・大谷大学教授)、乾杯・倉橋健一(詩人)、菊田守(元現代詩人会会長)、木津川計(「上方芸能」発行人・元立命館大学教授)、上倉庸敬(映画研究誌「FB」同人・大阪大学教授)、大塚滋(「文学雑誌」同人・元武庫川大学教授)、
ほか、まだまだあるが割愛。

そして、このほかに、木股真理子さんのスピーチはありがたいことに全文載っています。あの時、わたしは涙したのでした。真理子さんは杉山先生のお孫さんです。

そしてそして、「足立さんに教えられたこと」という、杉山先生の「夕暮れ忌」(1993年8月7日)でのスピーチが載っている。
これわたし覚えがあります。単に挨拶ではない心の通ったスピーチでした。

そしてこの「海鳴り」25号、第3ページに、杉山先生の詩「一軒家」が載っている。

   一軒家          杉山平一

あんなところに

陽があたっている



どれどれ

どこに



ほんとだ

うれしいね



校庭に

自分の影が

四メートルにも伸びていた日

                   (詩集「希望」より)


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p10856120c.html
杉山平一 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

嘘つけ

今朝の「正平調」にこんな話が。
「もうきれいごとを言うのは、いいかげんにしたら」。テレビ番組で、福島県浪江町の女性が言っていた。「安全、安全って、本当の安全なんてあり得ないでしょ」。
このあと転じて、
昨年97歳で亡くなった詩人の杉山平一さんもきれいごとに、うさんくさいものをかぎ取った。「きれいごとが出てくるときは嘘つけ、と私は呟く」。杉山さんが挙げたのは「平和で健康で明るくなどというスローガンめいたもの」、ほかに「有無をいわせぬ、平和とか聖戦とか」今はここに「安全」も連なるのか。
そして「正平調」は、
もう福島で起きていることから目をそらし、エネルギーや経済を語ることはできない。うさんくさい言葉で安全を語ることも。被災地に「嘘つけ」と呟かせてはいけない。
と結ぶ。


goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p10855824c.html
杉山平一 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

宝塚市長さん

宝塚市長の中川智子さんが、宝塚のFMラジオで杉山平一先生のことをお話しになっている録音をネットで聞くことが出来ました。偶然見つけたのです。
http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/mayor/html/mayorradio.html
5月放送分ということですが、市長が杉山先生にお会いになってから、杉山先生がお亡くなりになるまでの、ちょっとの間の収録だったようです。13分25秒あたりから杉山先生の話になります。
この収録直後に先生は亡くなられたんですね。
その後の市長の落胆ぶりは、何度か市長の口からお聞きしました。
西宮の市長さんも「文人市長」と呼ばれるようになってほしいなあ。


杉山平一
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p10827831c.html
杉山平一 | コメント( 5 ) | トラックバック( 0)

この市長さんって確か昔の土井チルドレンのお一人ですね。

[ ふく ] 2013/02/20 22:16:08 [ 削除 ] [ 通報 ]

ふくさん
よく知らないのですが、そうかもしれないです。その前の市長さんが二人続けて汚職で辞職されたんでしたね。そこで清潔感のある中川さんが選ばれたのではなかったでしょうか。わたし、政治信条は別として、何度かの肉声に触れてみて、いい人だなあと感じました。

[ akaru ] 2013/02/20 22:23:56 [ 削除 ] [ 通報 ]

その前の知事さん、確かしょうじさんとか、ともがねさんとかいう人がおられました。どの方も何の関係もありませんが、小林駅前でずっと演説されていたので、お顔と名前を覚えちゃいました。今の市長さんは確か国会議員で小池百合子に負けたのだったと思います。黄色のスーツだったような...こういういらないことはいくらでも覚えられます。

[ ふく ] 2013/02/20 22:44:49 [ 削除 ] [ 通報 ]

あ、そうなのですか。全く知りませんでした。小池百合子さんはわたしあんまり好きでは…。 と言っても直にお会いしたことはありませんが。

[ akaru ] 2013/02/20 23:02:46 [ 削除 ] [ 通報 ]

正司泰一郎さんとは昔名刺交換だけはしたことがありますが、阪上善秀さんとは面識がありません。

[ akaru ] 2013/02/20 23:18:18 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

あるはずの本が。

あるはずの本が見つからない、ということはよくある。
いくら探してもない。
図書館に行く方が早い、ということが。
この本もそうだった。
あるはずなのだ。
杉山平一先生の『現代詩入門』。
ちょっと必要があって探したのだが見つからない。
で、最近入手したという人からお借りした。
Img117
そして読んでみた。
あれ?読んだ覚えがない…気がする。

また逆に、ないと思っていた本を購入した後で、昔に買っていたのが見つかったりすることもよくある。
今回はどうなのだろう?まだ分からない。


『現代詩入門』
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p10812747c.html
杉山平一 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

朗読劇「杉山平一さんの文学と人生」

行って来ました。
朗読劇「杉山平一さんの文学と人生」
会場は先日「ブルーグラス45」のコンサートがあった、宝塚西公民館です。
阪急小林駅の近く。
立派な建物です。
Cimg2579 Cimg2580
宝塚西図書館も併設されています。
宝塚市長の中川智子さんも参加でした。
Cimg2582
軽妙で感動的なお話のあと「希望」を朗読されました。
改めて、こんな市長さん、いいなあと思いました。あと、お付きの人が急かして会の途中で名残惜しそうに出て行かれました。そりゃあ忙しいですよね。特に日曜日の市長さんなんて、あちこちの催し物に顔を出さなきゃならない。

このあと朗読劇。
Cimg2585
宝塚で活動する「朗読なずな」の会員さんの朗読です。
「わが心の自叙伝」を輪番に朗読。
そして、詩を五十数篇、次々と朗読されました。
詩はみなわたしの知るものばかりでしたが、こうして次々と朗読を聞かされると、自分で読むのとはまた違った世界に浸る思いがしました。たっぷりと杉山先生の世界に浸かって来ました。
ただ一点、ちょっと不満に思ったのは、詩と詩の間にもう少し間が欲しかったということです。
詩には余韻というものがあります。それを感じる間もなく次の詩に移ってしまうのは惜しいような気がしました。わたしは先生の詩を知っているからまだいいですが、会場に来ておられた聴衆の皆さまは、杉山詩にそれほど馴染んではおられない人のようでしたので、この点ちょっとと思った次第。
それにしても、宝塚は杉山先生を大事にされる。うらやましい思いをします。
神戸や芦屋や西宮はどうなんだろう?大阪も。

会場で、ある人から杉山先生の記事が載った新聞を頂きました。
12月1日付けサンケイ新聞夕刊です。
Img081←クリックImg081_2←クリック
うちの店に来られるお客様から聞いてはいましたが未見でしたのでありがたかったです。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p10797741c.html
杉山平一 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

お聴きしてみたかったです。知っている詩でも、読み手によって、イメージまで変わりますね。音楽の楽譜のように作者の指示が無いので、困るといえば困る、自由といえば自由。私も日々精進です。。。

[ みほぼん ] 2012/12/10 2:00:03 [ 削除 ] [ 通報 ]

みほぼんさんの朗読も一度お聞きしたいです。

[ akaru ] 2012/12/10 8:53:11 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

杉山平一さんの記憶力

神戸市消防局『雪』12月号、「神戸ノート」のページにたかとう匡子さんが、杉山先生のことを書いておられる。
Img075←クリック
Img075_2←クリック
わたしたち杉山先生をよく知る者にとっては、すでに知っていることが書いてあるのだが、世間一般的にはそうではないですね。一人でも多くの人に杉山先生の素晴らしさを知っていただく上では、このような文章も貴重なのでしょう。
たかとうさんは今朝の神戸新聞にも記事が出ていたが『よしこがもえた』という詩集で注目された詩人です。その『よしこ…』を原作にした絵本が今話題に。田島征彦さんが絵をつけておられる。

因みに、たかとうさんは「輪」にもお出で頂いたことがある。



杉山平一
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p10796478c.html
杉山平一 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
akaruイメージ
西宮の懐かしい話題と文学と将棋とブルーグラスの話など。
用海小学校の隣の喫茶店「輪」。土日月祭は休み。その他、休みたい時も休み。営業時間は朝8時ごろからお昼ごろまで。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 7 734458
コメント 0 1962
お気に入り 0 22

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<