懐かしい西宮

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/coffee

「宮っ子」7月号

「宮っ子」7月号が出ています。
今号の「我が町この人あり」は東町一丁目の長谷川さんです。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p11626147c.html
宮っ子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

5月号「宮っ子」が出ました。

「宮っ子」5月号が出ました。
今号の「わが町この人あり」は石在町の堀徹さんです。
なかなかユニークな人です。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p11595022c.html
宮っ子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

甲子園の噴水塔

「宮っ子」3月号が出ました。
今号の「わが町この人あり」は、東町2丁目の笠井清孝さんです。
この記事を書くのに役に立ったのが「今津歴史塾」第24回でのテキスト「甲子園文化村とドラマ『愛子』」でした。
これに載っていた写真がこれ。

阪神電鉄初代社長「外山脩造の銅像」です。
そして「噴水塔」。
勉強はしておくものですね。どこで役に立つか知れないもの。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p11560660c.html
宮っ子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

阪神間文化研究家

「宮っ子」11月号が出ました。
今号の用海版「わが町この人あり」には、六湛寺町の小西巧治さんにご登場願いました。
http://miyakko-nishi.com/MIYAKKO-SYSTEM/Found_Page?area_reference=area_reference&areacd=25&find_year=2016&gou=343&page=3

小西さん、取材にご協力頂きましてありがとうございました。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p11493546c.html
宮っ子 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

小西巧治さん,素晴らしい人生を歩んでおられます。

[ せいさん ] 2016/10/25 17:28:31 [ 削除 ] [ 通報 ]

せいさん様
たしかに充実した第二の人生ですね。

[ akaru ] 2016/10/25 20:40:52 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

すこぶるお元気な99歳。

9月号『宮っ子』の「わが町この人あり」は、99歳の竹本さんに登場して頂きました。スゴイ人です。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p11461910c.html
宮っ子 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

私の母方の祖母は95歳の長寿でした。

[ せいさん ] 2016/08/26 15:27:03 [ 削除 ] [ 通報 ]

せいさん様
この竹本さんは、100歳近くになってから手術を決断されたというのが立派と思いました。
「失敗されたら」と思って手術を躊躇しておられる人への励みになるのではないかと思っての取材でした。

[ akaru ] 2016/08/26 16:41:20 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

よこえこよさん

「宮っ子」1月号の表紙を見て、「おや?」と思った。
この絵は?と。


「宮っ子」のイラストはいつも伊藤太一さんが描いておられるが、この絵は違う。
そしてなんか見覚えが。
もくじページの説明を読んでみました。すると
「表紙に使われているイラストは、神原地域の編集員、横江義子さんが描きました。」とある。
あ、やっぱりと思いました。
実は横江さんは神戸市消防局の広報誌「雪」に長年イラストを描いておられる人です。
宮崎修二朗翁の「ことば探偵局」のページ。
これは最新の12月号。もう283回だ。年に12回だから、何年になるのかな?


 

上手いもんです。
但し、この「雪」では「よこえこよ」のお名前で。
これはたしか宮崎翁が命名されたのではなかったかな?
回文になってます。
宮崎翁と横江さんの接点は多分「宮っ子」を通じてのもの。
「宮っ子」発足当時の指導者が神戸新聞から出向かれた宮崎翁だった。
そしてそこで横江さんの絵の能力を評価されたのでしょう。
よこえこよさん、もっと活躍して頂きたいな。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p11314592c.html
宮っ子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

「宮っ子」の誤植?

『宮っ子』11月号が出ました。

しかし、わたしが書いた原稿に誤植が2か所ありました。
どちらも意味が変わるものではないのですが、一ヶ所のはちょっと腹立たしい。
これは誤植ではなく、意識して変えられたもの。

「…行われていた行く夏の…」の所。わたしは「…行われていたゆく夏の…」と原稿を書いていました。「行」という字をこんな形でわたしは続けません。なんで相談もなくこんな変更をするかなあ、お役所さんは。
後ろの方の「の」が「も」になってるのは単純な誤植ですのでまだ許せます。


goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p11280802c.html
宮っ子 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

いわゆる変換ミスなのでは。
最近よくあります。

[ 元西宮人 ] 2015/10/29 23:06:07 [ 削除 ] [ 通報 ]

元西宮人様
いや、この場合は、色々考え合わせてみると意識しての変更だと思います。役所の担当者が未熟なんです。なんでも新聞の規定に合わせておけばいいと思っているのです。その責任は人事権を持つ市役所の上層部にあります。「宮っ子」の発行を軽く考えているとしか思えないんです。できればやめたいのではないかと。

[ akaru ] 2015/10/29 23:27:39 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

崎野昌郎さん

「宮っ子」9月号が出ました。
今号の用海版「わが町この人あり」は崎野昌郎さんです。
こちらからどうぞ。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p11249392c.html
宮っ子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

大江太郎さん

『宮っ子』7月号が出ました。
今号の「わが町この人あり」は東町の大江太郎さんを取材させて頂きました。
「宮っ子検索」のページから立ち読みできます。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p11218217c.html
宮っ子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

最後の宿題

今日は足立成子さんの告別式でした。
そぼ降る雨は、正に涙雨。
足立さんからの最後の宿題、弔辞を読ませて頂きました。
昨日、書き上げた弔辞を時間を計るために朗読してみました。
こらえきれないものがあり、途中で読めなくなったりしてしまいました。
しかし今日の本番では「足立さんがついていてくれる」と内心に思って読みました。
危ない場面もありましたがなんとか読み切ることができました。
約6分の、弔辞としては少々長めの文章でした。
足立さん、及第点を下さったかな?
参会者からの反応はおおむね良かったので、足立さんも喜んでくれたのではと自己満足しているのですが。
しかし、弔辞なんていうもの、わたしは人生初めてのこと。
そういえば、足立さんはわたしに多くの人生初体験をさせて下さった。
大きなステージに息子と共に立てたのも足立さんの後ろ盾だった。
子どもに将棋を講義したのも随分昔に初体験させてもらえた。
大きな会の司会も彼女の要請だった。
もっともっと他にも彼女の肝いりでさせてもらった貴重な体験は数多くあります。
足立さんは間違いなく、わたしの人生に彩りを添えて下さった人でした。
ああ、その足立さんが、もうこの世におられない。
ぽっかりと空いた穴は大きすぎます。
これから何をやっても精のないことになりそうで…。
今は、体中から力が抜けたみたいになってます。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p11198283c.html
宮っ子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
akaruイメージ
西宮の懐かしい話題と文学と将棋とブルーグラスの話など。
用海小学校の隣の喫茶店「輪」。土日月祭は休み。その他、休みたい時も休み。営業時間は朝8時ごろからお昼ごろまで。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 14 726732
コメント 0 1938
お気に入り 0 20

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<