懐かしい西宮

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/coffee

1月17日

1月17日である。
忘れることのできない、1月17日である。

『阪神淡路大震災』という詩集がある。
震災後ただちに編まれたものだ。

1995年4月17日発行。震災から3か月後には発行されたのだ。
呼びかけに応じてわたしも参加している。

「道」という題です。
この道は、当時勤めていた鳴尾浜への道でもある。
その時の新聞記事の切り抜きを、この本に挟みこんでいた。


思い出してまた、胸が詰まる。



goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p11154104c.html
震災 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

阪神大震災は予告されていた。

35年前に「宮っ子」はこんな特集をしていました。
http://miyakko-nishi.com/MIYAKKO-SYSTEM/Found_Page…



goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p11153179c.html
震災 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

安水稔和先生

今夜、わたしのお師匠さんの、詩人、安水稔和先生が、サンテレビに出演なさいます。

Img699



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p11087964c.html
震災 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

間に合いました。ご紹介無ければ気づきませんでしたが、楽しみです。

[ seitaro ] 2014/08/12 20:42:38 [ 削除 ] [ 通報 ]

seitaroさん
宮崎翁ではないんですよ。詩の方のお師匠さんです。

[ akaru ] 2014/08/13 7:10:19 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

『じしんがおきた日』

昨日公民館で頂いてきました。
『じしんがおきた日』という絵本。
Img588
当時小学三年生だった作者、廣瀬智恵さんが、その時の体験を絵本にしたものです。
それをkohが読んでます。

Cimg0148
後で、あらすじをお話してと頼むと、漢字が多くて難しくてちゃんと読めなかったと。...
そうですね、これでは三年生のkohには読めません。題は「日」以外はひらがななのにね。
せっかくですから本文もせめてルビを打ってほしかったです。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p11038726c.html
震災 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

なぜここにスイセン?

どうしてここにミニスイセンが咲いているのかなあ?

地震でひび割れしたままの溝の中です。
後ろの植物はツタバウンラン。

ツタバウンランはこれから温かくなると蔓延ってきます。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p11017475c.html
震災 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

半旗

今日3月11日は東日本大震災から3年目。
なんとも恐ろしい光景を3年前の今日、TVで見たのでした。
まだまだ復興までは遠い道のりでしょうが、なんとか希望を見出してほしいものです。
今日行った西宮郷土資料館に日の丸が上がっていて、わたしは「?」と思ったのですが、よく見ると半旗になっていました。

Cimg9467
改めて、哀悼の思いを新たにしました。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p11012296c.html
震災 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ああ19年。

19年目の阪神淡路大震災記念日。
もう19年か、と思ってしまう。ホントに月日の流れるのは早い。
震災後5年をしてわたしは、ワープロで二冊の冊子を作った。
一冊は『阪神大震災』と題した散文で、38ページ。
もう一冊は『ヒマワリ』と題した震災詩集、43ページ。

Cimg8711
当時はパソコンを持っていなかったで、メモしてあったものを頼りにワープロで作成したのだった。
もし今のようにパソコンがあれば、ブログにもっともっと記事を書いていただろうなと思う。写真も豊富に入れただろうなと思う。
でも、これだけでも残しておいたことは良かったかな?
今、読み返してみて、当時のことがふつふつと甦る。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p10987622c.html
震災 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

酒蔵

昨日行った白鹿記念酒造博物館で頂いてきたパンフレットを見ていて、おやっ?と思う写真が。

Img393

たしかこの建物は震災で崩壊したはず。
パンフレットをよく見ると、裏に小さな紙片が貼ってある。
「阪神・淡路大震災前のものです」と。
そうか、このパンフレット、そんなに前に作ったものなのか。...
でこれを見て下さい。

Cimg8592

長男hitoshiが小学6年生の時に描いた絵です。
もちろん震災前の写生です。
道理で写真に見覚えがある。

もうすぐ阪神大震災の記念日がやってくる。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p10982091c.html
震災 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

橋下市長さん

作家の赤川次郎さんが「図書」にこんなことを書いておられた。

(略)橋下市長がアメリカ軍の司令官に、アメリカ兵の「風ぞく業の活用」を進言したことに唖然とした人が多かったのではないか。
 日本に駐留するアメリカ兵は妻や恋人をアメリカに残しているわけで、その女性たちが夫や恋人にそんな行動を許すわけがないし、まして軍が奨励したりすれば司令官はアッという間にクビだろう。
 橋下市長の想像力は、誠にいびつな形をしている。自分が戦争に行ったこともないのに、戦場の兵士の性欲処理が必要と言ってみたり、買春を禁止するのを「きれいごと」と批判したり…。
 戦時中の慰安婦問題にしろ、現在のアメリカ軍の場合にしろ、橋下市長の話に共通しているのは、女性を男性のための「道具」としか考えていないこと。その想像力は、日に何十人もの兵士に犯される女性の悲惨には全く及ばないのだ。
 石原元知事にしても、女性蔑視や同性愛者への差別発言などで、先進国なら何度も辞任させられているところだ。橋下市長の発言が「個人的な意見」で終ってしまうなら、もはや日本は先進国とは言えない。
 忘れてならないのは、安部首相も基本的に橋下市長と同じ立場だということである。
 慰安婦問題に「強制はなかった」と言い、かつての「侵略」すら否定しようとするのは、「九条」を葬り去ろうとすることにつながっている。
 私は、橋下市長があそこまで非常識な発言を繰り返すのには、安部首相との打ち合わせの上、「憎まれ役」を引き受けることで、安部政権への批判をそらす目的があるのではないかとさえ勘ぐってしまう。
 橋下市長個人への批判に終らせることは、安部政権の「衣の下のヨロイ」を見逃すことだ。たとえ口先でどう言おうと、橋下市長と安部首相は「同類」なのである。

 東日本大震災の破壊された建物を残すか取り壊
すか。―被災地での取り組みを紹介したNHK「クローズアップ現代」で、女川中学の生徒たちの姿に感動した。
 広島の「原爆ドーム」も、保存へと立ち上がったのは中学生たちで、保存が決まるのに二十年かかったことも初めて知ったが、
 「それなら私たちにもできる」
 と、津波の爪痕を残すべく運動を始めた中学生たち。
 その言葉、「千年後の人々のために」は、正に「遠く目指す星」である。
 そして、「今は震災後ではありません。次の震災の前です」という言葉には胸を打たれた。
 福島第一原発の処理すらめどの立たない中、「安全を確認して再稼働」と主張する安部政権や電力会社は、この中学生たちの言葉に恥じ入らないのだろうか。
 大人たちは、この中学生たちの思いを裏切ってはいけない。(略)



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p10892196c.html
震災 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

津波避難場所

昨日のこと、お客さまの牛山さんの話。
「津波の避難場所やけどな、あんなもん簡単なこっちゃ」
「え?まあ、うちは隣の学校に逃げるからいいけど、なにか妙案が?」
「高速道路使うたらええねん。あれの上なら安心や。上がれるように螺旋階段作ってな。特別に避難ビル作らんでもええ」
「なるほど!あんたにしてはエエこと言うやん。それエエ方法や。大津波警報出たら、高速道路は通行止めにしてな。緊急車両だけ、中の一車線を走ることにしたら、なんぼでも収容できるわな。阪神大震災の時は一部壊れたけど、あれは揺れで壊れたんやしな」
高速道路を避難場所にという案は今まで聞いたことがなかった。検討の余地があるのでは?韓国なんかは、戦争の時の軍用機の発着場所になるようにしてあるというし。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p10878011c.html
震災 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  
このブログトップページへ
akaruイメージ
西宮の懐かしい話題と文学と将棋とブルーグラスの話など。
用海小学校の隣の喫茶店「輪」。土日月祭は休み。その他、休みたい時も休み。営業時間は朝8時ごろからお昼ごろまで。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 23 724407
コメント 0 1934
お気に入り 0 20

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<