懐かしい西宮

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/coffee

用海出身の絵師、勝部如春斎

『触媒のうた』の校正の合間を縫って行ってきました。
 



久しぶりです。
「勝部如春斎展」です。初めから行こうとは思っていたのですが、西宮文化協会理事の堀内さんからチケットを頂いていて。

18世紀の絵師の襖絵などの展示。
如春斎は西宮出身。しかもわたしの住む町、今は用海だが如春斎の頃は浜東之町。
菩提寺が信行寺さんだ。そして、うちの菩提寺、茂松寺さんにお墓があったのだと(今は滿地谷)。
第4展示場まであり、思っていたより立派な作品群で圧倒された。
こんな素晴らしい絵師がおられたとは驚き。

どうしても今日行きたかったのは、土井久美子さんによる記念講演があったのです。
土井さんは元大阪美術館の学芸員さんで、うちの店にも来て頂いたことがあり、心安くさせて頂いてます。
何年か前には一緒に香炉園の浜で宴会をしたことも。

講演は興味深い話だった。
一時間では時間が足らない様子で、スクリーンの写真を示しながらずっと喋りづめ。
頭の回転の良い人だ。
要領よくお話になられるのでわたしでもよく理解できた。

行きは家内に車で送ってもらったのだが、帰りは歩いて。
途中夙川を通って帰ってきました。
家族ずれがいっぱい。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061455/p11585274c.html
アート | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

せわしないことで申し訳ありませんでした。帽子をかぶった目のくりくりっとした若い男性が最後にお声をかけてくださったのですが、誰かわからなかったのですが、帽子をとったら、茂松寺さんでした。ご挨拶しませんでしたが、今村さんもおられたみたいでしたよと教えてくださいました。ありがとうございました。

[ ふく ] 2017/04/09 20:53:42 [ 削除 ] [ 通報 ]

ふくさん
お疲れさまでした。下準備が大変でしたでしょう。
いいお話、勉強になりました。
帰り、豊田さんとも「面白かったねえ」と話したのでした。

[ akaru ] 2017/04/09 21:12:30 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
西宮市制90周年 アートでたどる西宮探訪展
トンカ書店の写真展
「西宮の作家 157人の近作展」
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
akaruイメージ
西宮の懐かしい話題と文学と将棋とブルーグラスの話など。
用海小学校の隣の喫茶店「輪」。土日月祭は休み。その他、休みたい時も休み。営業時間は朝8時ごろからお昼ごろまで。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 8 725715
コメント 0 1934
お気に入り 0 20

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<