宮っ子物語 〜ちゃめのつぶやきから〜

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/cyame

佐藤愛子さん

どんな作家なのかもわからないまま昨夜は文学講座へ行ってきました。

講座名に「鳴尾」という名があったからです。

夏の初めには鳴尾公民館で開かれていた「甲子園」の話も聞きに行きました。

この地で育ったので地域の歴史は興味もあるし仕事でも必要だったのでいろいろ調べました。でもやはり専門的に調べておられる方のお話は面白いです。

私の引き出しはまた中身が増えました。

ちょっと心に?マークのあるのが二つあります。

@話の中で何度か出てきた、佐藤愛子さんが愛した鎮守の森というのは鳴尾の八幡さんかな??

A阪神タイガースの昔の合宿所のあったのは今津呉羽町のどのへん??

というのが今残っている疑問です(笑)

小西さんのお話はとても面白かったです。また機会があれば参加しようと思います。

参加者のほとんどは大先輩というのにはちょっと驚きましたが・・・。

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061459/p11653548c.html
日記 | コメント( 6 ) | トラックバック( 0)

西宮の作家や画家について、一時期気になって調べて面白いなと思っていましたが、調べていくと、狭い世間ですので、結局、特定の個人や場所にいきついてしまいます。すると誰それの誰さんだとかということになり、個人情報をほりおこすようなことになってしまい、結構微妙なので最近では、そっとしておこうと思うようになりました。それにしてもこの手の話を聞きに行くと、リタイヤされた男性が多いのに驚きます。

[ ふく ] 2017/09/02 12:28:25 [ 削除 ] [ 通報 ]

佐藤愛子さん、なにを読まれるのでしょう。

[ ふく ] 2017/09/02 16:35:56 [ 削除 ] [ 通報 ]

ふくさん
まず、『血脈』を読みます。
いろいろ調べていくうちにそういう部分に触ることになるのですね。でも個人で調べて納得するのはいいと思うのですが…

[ ちゃめ ] 2017/09/02 23:14:38 [ 削除 ] [ 通報 ]

友人のお母さんが数人、佐藤愛子さんの同級生でした。何だかその時点で読む気が失せました。エッセイも含めるとかなり多作です。面白い本は地域に関わりなく面白いです。何冊か読みましたよ。

[ ふく ] 2017/09/03 12:11:18 [ 削除 ] [ 通報 ]

ふくさん
へぇ〜〜そうなんだ。つながっているんですね。
エッセイでおすすめがありましたら教えてください。

[ ちゃめ ] 2017/09/03 12:21:55 [ 削除 ] [ 通報 ]

よくテレビに出ておられたのを覚えてます。ものすごく多作で、ご自分のことを書いておられるのも多いですね。初期の愛子はどうでしょう。それと最近なんかすごい題名の本出されましたね。

[ ふく ] 2017/09/05 10:07:55 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
天神さんの古本市
そうだ!10月だ。
お土産
このブログトップページへ
ちゃめイメージ
生まれも育ちも西宮。西宮が大好きなちゃめの日々のつぶやきです。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<