心はずっと0798

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/seisan

キャラクターと同じ恰好をする

私がティーンエイジャーとか20代の学生とかだった頃、今でいうコスチューム・プレイというか好きなキャラクターと同じ恰好をするというのは日常生活的にも遊びとしてもそれほど盛んではありませんでした。

びっくりした最初は『キャロル』と同じジャンプ・スーツに矢沢永吉みたいな

リーゼント(本当はダック・テイルというんですよね)で歩いてる人を町中で見た時。

その後まもなくダウンタウン・ブギウギ・バンドと同じような書き込みをした

ツナギ服に宇崎竜堂風のリーゼントというオニイチャンたち(多くはただの不良でした)。

70年代後半の波乗りなんかしない人達のサーファー・ファッションもこういう部類かな。

 

亡き幼馴染を通して知ってた同級生のK坂くんは、松田優作氏の『探偵物語』の

主人公_工藤俊作の装いを完全にコピーした服装で当時歩いていたというのです。

目の当たりにしたことはないけれど、おそらく西宮では異様だったでしょうね。

 

 

探偵物語 オープニング&エンディング

https://www.youtube.com/watch?v=CIfcISneSwU&t=30s

 

ごっつええ感じ 「探偵物語」

https://www.youtube.com/watch?v=Px1Z9hmZTCE




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11690438c.html
回想とつぶやき | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ひょうたん池 あったなあ

どよんどよんに、固まりかけのセメントみたいになってる体を起こさないといけません。せっかく浴槽に溜めてあるお湯がどんどん水に戻っていってしまいます。

ほんまにだるくて助けて下さい。

まるで悪霊が憑りついてるみたいに体が重くてしんどいんです。

 

こういう時明るいことっていうのは頭に浮かびません。

もともと悲観がデフォルトの人間なため、それを楽観方向に動かすのはかなりのパワーが要ります。そうは出ません。

 

まあそれにしても今朝の寒かったこと。

低気温のあまり大腿部が硬直しましたわ。

上半身はダッフル・コートのおかげでまあぬくかったんですが。

 

小6〜高3くらいまでの頃のあの元気はなんだったんでしょうか。

思い出してみても自分のこととは思えない。

 

今日はなんだか昔の小松小学校の中庭にあったひょうたん池がよく浮かんできます。

真冬は凍ったりしてたなあ。

不思議とあそこにはまってずぶ濡れになる奴っておらんかったように思います。

 

 

君をのせて|沢田研二

https://www.youtube.com/watch?v=Cb31xkF9mYw



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11689927c.html
回想とつぶやき | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

岸タンス店 昔

寝ていて夢を見ました。けっこうはっきり記憶にしていて、今より少し若い私が

昔の、昭和41、2年(1966〜67年頃)の実家にいて30代半ばの母親とテレビを見て

いました。タンスの上にあった14型くらいの白黒。

この時点で既に年齢の逆転なんですが夢の中のことなのでええとしましょう。

私がテレビに映った田舎選出の代議士を見て何か罵詈雑言を呟いていました。

何とひどい言いようかと母親が呆れていて、その背後にテレビと並んでタンスの上にガラス引き戸がついた小さな人形ケースが見えていました。

当時本当にあったものです。

 

それを母親が買ったのが確か鳴尾町の岸タンス店でした。

武庫川女子大の校舎より少し西、ダイトクの文具・書籍店や鳴尾支所が近いあたりに確か平屋建ての岸タンス店がありました。

起きたか起きてないかの境目へんを漂っている時に電撃的にいろいろいっぺんに当時の風景をかなり鮮明に思い出したんです。もう半世紀前になるのですね。

 

あの頃今と違って鳴尾町界隈にもたくさん街路樹が植わっていて、岸タンス店の前にもありました。そういうのまでありありと突然思い出したんです。

 

 

さっきWEBで検索してみたら所在地:鳴尾町一丁目で岸タンス店という会社が

出てきました。現在は店頭販売ではなく注文家具製作が業務みたいです。

 

あの、1965とか1966年の空気感というか鳴尾町の空気の匂いまでいっぺんに

ドドドドっと突如思い出したんです。

「これはブログに書きたい」と、飛び起きて今書いている次第です。

 

1960年代半ば、私の幼児〜学童の時代、鳴尾地区はこういった商店や

鳴尾東映や鳴尾銀座商店街などでかなり内部完結している街でした。

大学がまだ今よりも敷居の高い時代でしたので、武庫川女子大を近隣に抱える

鳴尾町地域はどことなくアカデミックで都会的に洗練されていました。

幼心の記憶を掘り起しますとそう思います。

 

 

これが当時のものに近い造り。

うちにあったのはこれの下半分が引き戸式の物入れになってて右下が小さな小さな引き出しでもっと白っぽい木製でした。

 

 

I say a little prayer Dionne warwick

https://www.youtube.com/watch?v=tLCRUWCETK4

 

The Searchers - Beat Club 1966

https://www.youtube.com/watch?v=rrcONxl9yzA

 

一気に入力して、肩が痛くなりました。でも気がすみました。

伝わったかなあ。この脳内世界が。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11688979c.html
回想とつぶやき | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

永遠の心のオアシス

寒さの極みな日ですがせっかく晴天だし歩きトレーニングに出ます。

クソな場所しかありませんが。

 

ニット・キャップもだいぶ被り慣れてきました。

頭頂部を暖かくするというのはなかなかいいもんですね。

又靴底は擦り減るけどしかたないですね。息してるだけでもだんだん腹が減るのと

同じですから。

 

Uターン就職活動中の帰省時やUターンしてた期間中は真冬でも夙川公園を

たびたび歩きました。当時は平気でした。寒くても。

松の木のおかげであたり一面枯れ木みたいな風景にならないのがすごくいい。

ニテコ池畔はすごく風が吹き抜けて寒かったけど歩いたりしました。

偉そうなM下家の私設SPは鬱陶しかったですが。

 

 

Bruce Johnston - Disney Girls

https://www.youtube.com/watch?v=MK-DTG77wMM

 

貼る音楽だけでも夢があってあたたかいものにしたかった。

ブルース・ジョンストン、最近はどうしているのでしょうか。

もう75歳くらいなのでそう活発にはやっていないでしょうけれど。

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11688763c.html
回想とつぶやき | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

あれから

今日の横浜市瀬谷区、正午を迎えても8℃あるかないかの寒さです。

おまけに雨が近い。

 

そういえば、一昨年くらいまでこの近辺を流していた小型トラックでの灯油の移動販売、見かけません。

道路交通法上、荷台に引火性可燃物を載せて移動して売るっていうのが是か非かわかりませんが、そういう都合でやめたんでしょうかね。

西宮では見かけなかった商売です。塩瀬・山口地域とか宝塚や川西の山の上地域にはおいでになるのかな。

 

『ノルウェイの森』から30年、私のネパール・トレッキングから30年。

あの1987年という年は私の人生の方向が動き始めた年でもありました。

私の精神年齢の進行がストップした頃です。

身体はもうすっかりボロボロになったけど。

こんな蝦夷地で毎日嘆いているけれど。

 

西宮ガーデンズは今頃連日の大盛況なのでしょうか。

私が再び西宮からいなくなる時期に入れ違いみたいにしてオープンした施設なので、驚くほど思い入れがありませんけれど。

 

 

私にとっての西宮北口はこの頃のまま脳内にしまわれています。

 

The Beatles - Eleanor Rigby - Digitally Remastered

https://www.youtube.com/watch?v=twFbweJfUUo



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11688416c.html
回想とつぶやき | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ハニーコーエイってなんかお菓子みたいな名前

寒いというのはもう書きません。書いても書かなくても寒いんで。
こっちは晴天です。西宮もか。
脚はまずまずのコンディション。右手指は相変わらず。

さっき、私の居住してた期間の浜松(というか遠州一帯とか豊橋方面)で
隆盛を誇っていた『ハニーコーエイ』というホームセンター(兼ディスカウント・ショップ)を思い出していました。
私が知ってたのは主に旧浜松市内の店舗ですが、どこも駐車場の一台あたりのスペースが小さくて駐車に神経を遣ったのを憶えています。
後で知ったことですがこの店は潟Rーエイという自動車部品関連の会社が多角経営してたものでした。
1992年に私が浜松を出て横浜に移り、以後亡き妻の実家へお邪魔する時に度々浜松方面を訪れましたがだんだん店舗が減って90年代末期には目立っていた店舗も姿を消し
今はもうホームセンター事業から撤退しています。
浜松の土地柄からかホームセンターやホームセンター核のショッピング・モールが
今や各社群雄割拠しています。

浜松花博というのがけっこう前に行われた時、それに合わせてクソ狭くグニャグニャだった街道筋に大ナタがふるわれ一変し、ますますロードサイド商売向きの町になりました。
でも公共交通インフラは無いも同然でその割にJRの駅前には高い高いビルを建ててうれしくてしかたないという地方都市独特のなりたちになっています。
阪神間とは真逆対照的な地域。
私が馴染めるはずはなかった。


【ローカルCM】静岡県 1989年頃 傑作選

https://www.youtube.com/watch?v=znh-KOuDSTM



たまには浜松話
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11686743c.html
回想とつぶやき | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

里中の記憶

昨夜シャワー無しだったのですが、今浴槽にお湯を溜めています。

寒くてしかたないので、出せないコストのことは考えずに。

なんせ右側はふくらはぎが寒さで硬直して鈍く痛いし、右手指は氷でも触ってたみたいにかじかんでじんじんするし。

今溜め終わりました。

 

今お風呂のことを考えて思い出したのは、昔里中町にあった鳴尾温泉の敷地に

風呂屋さんの下駄ばきアパート式にあった鉄筋アパートです。

真偽のほどはさだかでない仄聞なのですが、真下が風呂屋なので見た目に反して

そのアパートの居室にはお風呂がないんだと昔きいていました。

 

震災後鳴尾温泉は再建の困難さから廃業なさいましたが、昔聞いた話が本当ならば

あそこに住む人たちのお風呂事情は厳しくなったのかなあと思います。

 

建物はそのままあるし人も住んでいるから、そのままだとしたら皆さんどうしておられるのでしょうか。

改築された感じはあるのでその時に浴室はできたのかもしれませんね。

もう風呂屋さんがあった痕跡はまったく見えないし、最初にできた時から30年は経ってますが外観が新しいですし。

 

 

Tats Yamashita-Remember Me Baby

https://www.youtube.com/watch?v=WUAr8xWVujc

 

 

追記:

手脚筋肉キンキンが入浴で緩和できたら歩き訓練をしたいと思ってます。

今日は少々距離を行きたい気持です。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11686520c.html
回想とつぶやき | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

武庫川の「対岸」

今日も正午を過ぎても6℃〜7℃圏を脱していない横浜市瀬谷区です。

 

夏は日光が嫌で雨戸とか閉めまくっていましたが今は順次開けています。

窓や雨戸を動かさないっていうのは傷む原因の筆頭ですからね。

 

もう無い実家ははじめものすごい粗末な木でできたヘナヘナ窓でした。

そして雨戸は更に粗末な木でできていました。

後に窓はサッシになったけど雨戸はそのままでした。

よくあれで台風シーズンとかなんとかなっていたなと思います。

 

実家といえば思い出すのは武庫川。

私は武庫川の河原の尼崎側を殆どというかほぼまったく歩いたことがありません。

歩いてみたいです。何十年の空白を埋められるかもしれない。

 

 

ヒデとロザンナ/粋なうわさ (1969年)

https://www.youtube.com/watch?v=ooeVAyNHC5A



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11686460c.html
回想とつぶやき | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

堤防の道

さっき夜餌を食べました。キューピーの5kcalタイプのレモンのノンオイルドレッシングが店頭から消えて困っています。

 

食べたら少しは元気が出るかなと思っていたのですがそんなことなかった。

却ってノッタリしてきています。微妙なもんですね。

 

今はもう連絡が途絶えた大学生時代の友人Nくんの家にうかがう時いつも原付で

武庫川の堤防の道路(県道114号なんですね)を走って行っていました。

冬の寒さはそれはもうすごかったです。よく平気で走ってたもんですわ。若さのおかげ。

信号も少なく歩行者が横切ることも稀で通りやすいところでした。

そうやって段上まで行っていました

わざと気分を変えて樋ノ口町から荒木町大森町〜甲子園口経由小松西という

コースもたまにやりましたが基本は武庫川堤防。

 

世の中の広さ多様さ残酷さも知らなかったかわりにそれとは自覚のない

故郷との一体感がありました。今こんな身の上で思い返せば。

虚弱児童の成れの果てとはいえ人生で一番体の力があった時代ですわ。

 

今の私はそれらの記憶を頭の中かGoogleストリート・ビューでしか辿れません。

この目で直に見ながら辿ることができません。

本当に辛く悲しく苦しいことですよ。

 

横浜も東京もどこもかしこもどうでもええ。

大事なのは西宮のみ。阪神間のみ。

 

11年近く前の阪神西宮駅前です。

 

伝書鳩 目覚めた時には晴れていた

https://www.youtube.com/watch?v=gPUJL44q_5o

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11686297c.html
回想とつぶやき | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

母の絵

西野宮子さんは毎月頭に母上の押絵をUPされています。

私の母も定年後しばらくしてから水墨画を習い号もいただいていました。
母が普通に暮らしてた末期まで、散らかった部屋の中に飾ってありました。
私の娘たちの七五三の写真と並べて。

でも2015年3月の火災で全ての作品が灰になりました。
母が老人ホームに入って留守の間に。
祖母祖父をはじめ何人かの親族の位牌と共に。
ひとつくらい作品をもらっておくんだったなと今では思います。

宮子さんの月頭の押絵を見ると母を思い出します。
この親にしてこの子あり、な人でした。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11686133c.html
回想とつぶやき | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

お母様の描かれた絵が手元に1枚も残っていなくて残念ですね。
母の押絵は地震で全壊した家の中から出てきました。
全部ではありませんが、出てきただけましだと思っています。

[ 西野宮子 ] 2017/12/01 14:39:55 [ 削除 ] [ 通報 ]

せい さん
お久しぶりですね🍀
お元気ですか。

[ nejigon ] 2017/12/03 8:46:56 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
せいさんイメージ
せいさん
プロフィール公開中 プロフィール
もう帰れなくなった西宮・阪神間を横浜のはずれから想う。
でもいつか戻って暮らしたかった。
その望みはなくなりました。

そういう者です。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 181 402218
コメント 0 1017
お気に入り 0 19

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<