心はずっと0798

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/seisan

このパターンでよかったのに と思う少数派

JR京都線の新駅名は「JR総持寺」 来春開業予定

JR西日本は8日午後、JR京都線(東海道本線)摂津富田〜茨木両駅間に開業予定の新駅の駅名が「JR総持寺(そうじじ)」に決定したと発表した。来年の春に開業予定となっている。

                            THE PAGE より

 

なんかこの新記事入力ページがおかしくてリンクを貼ることができません。

なので記事中のテキストをコピー&ペーストしました。

問題があれば削除下さい。

 

さくら夙川 という駅名を聞いたときに

余計な一言つけたらいっぺんに安っぽい三流の臭いがするのに

なんでそんな余計なことすんねん と思いました。

まるで[チョコレートを練りこんだクロワッサン]みたいな感覚やなあ、と。

 

この新駅のパターンが最良やったのになあと記事を見て又思い出しました。

 

 

 

 

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11644719c.html
故郷への想い | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

長いタオル

完全に猛暑気にやられて動けずにいましたが、先ほど立ち上がれました。

ちょっと最寄貧乏人御用達スーパーへ野菜を買いに行ってきます。

膝やふくらはぎや背筋は大丈夫でしょうか。

 

あーあ、行くスーパーが関西スーパーの大社店とか万代の前浜町店とかコープこうべならいいのになあ。

 

長いタオルを首から提げて行かないと追いつかないのでタオルを今掴みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11644683c.html
故郷への想い | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

もうこんなアホ身体 爆発してくれてええわ

野暮用済んで帰ってきました。すさまじい汗と共に。

 

で、どうしようもなくて冷房点けるとすぐに二の腕・肩・首・大腿部の筋肉が

軋むように痛くなって、我慢できずに冷房をOFFすると20秒もしないうちに

ものすごい汗が頭部から流れおちます。

そんなんしてるうちにこめかみが寝不足の時みたいにじんじん痛くなります。

 

ローソンで一食分\100の冷凍炒飯買って帰って加熱してさっき食べました。

セブンイレブンのレトルト・ハンバーグの悪夢の記憶もまだ新しいので

怖かったですが、まともに食べられる物でした。

 

今度は瞼の奥が熾った木炭でも入ってるみたいに熱痛いです。

 

以上、せいさんの死にそうアピールでした。

 

なんでだか画像貼り付けの小窓が20回くらいクリックしても開きませんでした・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11644562c.html
故郷への想い | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

暑気でスポンと

野暮用に出てきます。時刻は遅れてしまってますが。

通過した台風が熱の塊をうちのあたりに置いていったので5歩歩くのもきつい

暑さなのですが我慢するより他なし。

 

今日は本当に食欲出ず朝から何も食っていません。水分摂取のみ。

野暮用終わってから何か食うことを考えます。

 

なんかいろいろ大事なことを暑気でスポンと忘れてる気がしますが、

歩いてたら思い出すかもしれません。

 

 

 

追記:明日は横浜市瀬谷区、体温レベルの気温予想が出ています。

   明日が命日にならないように踏ん張りたい。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11644474c.html
雑感 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

崩壊している最中

うっすら眠れていた間にお空の様子はおとなしくなっていたようです。

この建屋も風でミシミシいってたりしません。

背中や髪の毛の中やそういうところは依然として痒くてたまらなくて

汗は出続けています。

もう本当にどうしようもありません。このおかしなコンディション。

 

かなり以前から、気持が追い詰められてくると、持ってるお金(ほんの僅か)を

バッグに入れてちょっとだけ着替えを持って、新幹線に乗ってJR在来線に乗り換えて何のあてもなく西宮へ直行するという夢想をするのが癖になっています。

ころがりこむ実家というのもとっくになくなり、どうしようもない状態なのですが

本当にそれを実行してしまいたい衝動に駆られます。

 

もう身体も精神もどうしようもなく崩壊している最中なのでしょう。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11644259c.html
雑感 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

妄想ストーリーを考えながら

頭が大のぼせで今夜もまともに連続睡眠ができてません。

こうなったらあきらめて日頃のみなさんのお目汚ししてる掲題について書きます。

 

考えてたり書いてたりしてる時何が頭の中にあるかというと

運と運命と偶然とシンクロニシティなんですわ。カッコつけてるわけではないけど。

きちんと創作を学んだわけではないので各所がムチャクチャで破綻をきたしてるのは自覚してるままやってます。

でも、脳内にうごめく妄想を言葉にしてみたいという衝動から始めました。

 

過去に読んだプロの作品からいろんなものが自覚しないうちに盛り込まれていて

後で気付いて苦笑いもあるんですが。

何も浮かんでこなくなるまで書きたいなあと思っています。

 

主人公の須田伸治さんのビジュアル・イメージは固定していません。

書いてる本人にとっては濃厚な自分自身の投影なのでそういうもんかなと思って。

ミカエル氏のビジュアルは、私の頭の中にはけっこうはっきりとあるんですが、

おそれおおくも大天使の名を使わせてもらってるからそんなにはっきりとは表現しません。

ガブリエル氏は最近登場させていませんが、概ね大杉 漣氏のビジュアル・イメージで私は書きました。

松村さんのビジュアルは、私が画像でよく貼っているとおり、あのテレビでも見かける松村さんです。

 

困っているのは、ストーリーの中の月日を書いてる私がもうわからなくなっていること。

話の開始から何日経ってるのか、エピソードとエピソードの間の時間がどれだけ経っているのか、わからなくなっているということ。

 

 

 

この妄想話を書いている時、本当に私の魂は西宮に飛んでいっています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11644197c.html
故郷への想い | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

頭に浮かんできた話 その282

 

雨はやんだけれど外では時折思い出したように強い風が吹き、この安普請の棲家が

ギシギシいいます。

今夜も頭部がのぼせてまったく眠れません。困っています。

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////

 

けっこう広い駐車場に1台しか車は停まっていませんでした。
特にはっきりしたプランを持ってユニクロに来たわけではないけれど、まずは
難物が入った隅っこのワゴンから見ようというのは自分の決まりごとでした。
以前と違ってそういうのがない店舗も今は多いのですが。

 

もう1台の方とは離れた場所に車を停めました。
キーを抜いたところで松村さんに抱きつかれました。

 

「しんちゃん、こっち向いて。」
と言われたとおりにしたら、正面からがっちり抱きつかれて、とても濃厚なキスを
もらいました。
わたしの背中で松村さんの掌が上下し、胸がわたしの胸に押しつけられました。
わたしの手も彼女の背中に回り、けっこう長い時間そうしていました。
わたしの頭にかぁっと血が昇るような、そんなキスでした。
そして体を離した松村さんはとても真剣な目でわたしの顔をまっすぐに見つめて
きました。

 

「ひとりで悩んだらあかん、て言うたのに・・・」
と言ってわたしの手をぎゅっと握りました。

 

わたしが考え込むという迷路に入ってしまうと彼女はとても寂しい思いをするのだと気づかされました。

 

「しんちゃん、私のグロスがちょっと付いてしもてる・・・」
と言いながらバッグからティッシュを出して拭いてくれました。

いとおしいという気持がものすごく湧き上がってきました。
いつまでこうやって一緒にいられるのかわからないけれど、一緒にいる間は
取り残されて寂しいなんていう気持をこの人に抱かせてはならない、と強く思いました。

 

「ユカリちゃん、ありがとう。店の中入ろか。」

店の中からは死角の位置だったのでいちゃいちゃが見えてはいなかっただろうと思いましたが、中に入るのが少々照れくさかったりしました。

ぱっと見店内の殆どが女性物に見えましたが、右の方へ寄っていくと男性物でした。

だいたいのパターンに沿って歩くと商品の並び方が判りました。
難物・処分品の積まれたワゴンはこの店舗にはありませんでした。

水色のボタンダウン・シャツと緑色基調のブロック・チェックのネルシャツをカゴに入れました。
3足売りのソックスとV首Tシャツを選び、チノパンの方へ行きました。
飛ばされてきた時になぜか着用していた見覚えのないチノパンが普段より1サイズ細かったので何かの理由で贅肉が減ったのかもしれず、そこを意識してカーキ・グリーンのものを選びました。
なんとなく流行り始めていた先細りタイプではなかったので裾上げは80cmで頼み、レジで払いを済ませました。

 

丈直しの待ち時間は松村さんがなんとなくあちこちを見ていました。

わたしはトイレに行ったり外に出てタバコを吸ったりしていました。足元でタバコを消して、バッグから吸殻入れを出して中に入れていたりしてから店内に戻りました。
松村さんはショート・ソックスと男性用と思しきブルーのTシャツのLLサイズを買っていました。
きっと寝間着にするのでしょう。

11月なのでもう沢山吊るされていましたが、アウターというか防寒着には目が行きませんでした。
そんなに長く今のような毎日が続くとは思っていないので。

 

「しんちゃん、ドライアイスまだもちそうやったら私ストッキング買いに行きたいなあ。」
「そういう専門店?」
「そんなんやなくていいねん。でも一応色は選びたい。
「ダイエーでもええ?171と中津浜線の交差点のとこやったら行きやすいわ、こっか

 ら。」
「うん、それでじゅうぶん。連れていって。」
「よっしゃ。ドライアイスはたんまり入れてきたから大丈夫やから。」

 

と話している間にわたしのチノパンの丈合わせができました。

 

Shiny Stockings with Ella Fitzgerald and Count Basie
https://www.youtube.com/watch?v=G6egXWHvSzo

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11644187c.html
その他 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
せいさんイメージ
せいさん
プロフィール公開中 プロフィール
もう帰れなくなった西宮・阪神間を横浜のはずれから想う。
でもいつか戻って暮らしたかった。
その望みはなくなりました。

そういう者です。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 95 385764
コメント 0 959
お気に入り 0 19

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<