心はずっと0798

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/seisan

洗い物しました ヘトヘト

使うだけ使ってあとは洗い桶(桶といっても金属製の陸上トラック型ですが)に

放り込んで放ったらかしだった食器を小1時間かけて洗いました。

おかげで汗だく、低すぎる流し台のせいで腰が思いっきり痛む状態になりました。

 

疲れすぎて夜餌の準備がとても今はできません。

実家がまだあった頃、あれほどひどい使いにくい台所を私は見たことがありませんでした。

あそこは何もかもが異常で異様でした。

あれに比べてしまうと今のこの棲家の台所はまだ少しはましです。

でもそんな比較は50kgの生ゴミと100kgの生ゴミではどっちが汚いか比べるような

話ですわ。

 

しかも私はTOTOにいましたので目だけは肥えています。

そういうのってけっこう辛いですよ。

 

ああもう背中まで凝って痛くなってきました。

 

ちょっと横になって休憩します。西宮のことでも考えながら。

 

 

- i thought about you / Eliane Elias

https://www.youtube.com/watch?v=gEQS3yG8FSU



早う洗わへんからそんなことになるんや

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11656622c.html
雑感 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

野井戸の記憶

どう考えても今日の横浜市瀬谷区は午前中から30℃に達しています。

蒸し蒸しと気持ち悪いです。

うるさい米軍機やいつもそこらじゅうに溢れるトラックに関しては今日は少ないのですが。

 

そういえば私が育った学文中学旧校区には怪談スポットがありませんでした。

昔あったのかもしれないですが私は全く知りません。

唯一それらしき話は、今は鳴尾小松住宅(12階建)が建っている敷地は

長い事更地のままでした。小松西町二丁目1街区ですね。

特に入ることが禁止されてもいなかったので子供の頃は広い遊び場でした。

聞く話によると戦闘機の製造工場だったとか。

 

ここの南側の長辺・真ん中あたりの敷地内に入ってすぐの辺りに我々住民が

『野井戸』と呼んでいた井戸跡がありました。

けっこう大きくて直径2mくらいの丸いやつで、木組みではなくセメントで造られたものにやはりセメントで造られた蓋が乗っていました。

うんと幼いころは周りに棘の出た針金の囲いがあったのですが、朽ちたのか

結局なくなっていました。

 

はっきりした怪談めいた話は聞いたことがありませんでしたが、中を覗き込もうと

してはならないと町内レベルの話では戒められていました。

野井戸といってもきっと井戸跡にすぎず中に水はおそらくなかったのでしょう。

深さも知らないままでしたし、『焼け跡』と呼ばれていたあの敷地の中で

何故井戸跡だけが破損せず残っていたのかも知りません。

空襲を受けても持ちこたえそうなというような頑丈風な見た目でもなかったし。

ひょっとしたら空襲を受けて工場が燃えてなくなった後、井戸が使えるように

セメントで丸く囲ったのかもしれません。

 

井戸の跡といっても屋根掛けしてあったでもなし、ポンプの残骸があったわけでもなし、本当に井戸があったものなのかどうかもわかりません。

なんせ戦闘機を作ってた工場があったという場所。

爆弾の狙い撃ちに遭ったでしょうから、どういう歴史を歩んだのか。

 

 

これは式部井戸という鳥取県の現役の由緒正しい名水の井戸の写真ですが、

あそこにあった野井戸はちょうどこんな感じでサイズも同じくらい。

あそこの『野井戸』は蓋もセメントでした。地面は土むきだしで。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11656549c.html
回想とつぶやき | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

運転免許を取った頃

私は大学に入って2年目に先に原付免許を取って、翌年1980年に叔母から資金の融資を受けて教習所に通い普通免許を取りました。

ついでに説明してしまうと、1983年郵便局員になった時に職員研修所の近くの

教習所に自動的に入って自動二輪小型(〜125CC)を取得しました。

 

車の免許は当時阪神パークの向かいにあった甲子園自動車教習所で取得しました。

当時、すぐ近所に甲子園自動車学院という教習所もあったんです。

至近距離に2箇所もあったわけですね。

甲子園自動車教習所がいつ今の場所(鳴尾浜だったと思います)に移ったのか

私は知りません。1990年春に西宮を離れた頃はたしかまだ阪神パークの前だったように思うのですが間違ってるかもしれないです。

 

第一段階・第二段階は落ちることなくストレートに行ったのですが第三段階で

二度ほど落ちて補講になりました。

で、修了検定もたしか二度おちてようやく路上教習に進みました。

教習車は世に出て間もない頃のクレスタでした、たしか。

まだ普通免許にAT限定というのが設けられていない時代でした。

でも今マニュアル・シフトの車に乗ったとしても発進すら危ういような気がします。

 

 

Gary Numan - Cars

https://www.youtube.com/watch?v=99fRdfVIOr4

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11656408c.html
故郷への想い | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

関西の漬物屋さんが恋しい 

ことぶき市場やみやこ市場には当たり前にあったのに、買い物の行く先がスーパーになってから見なくなったもののひとつに『漬物屋さん』があります。

 

手前まで来たら糠の匂いがほわ〜っとしてきて、茄子やら胡瓜やら大根やら

ええ色に漬かったやつが並んでるあの感じ。

今時東夷国のスーパーで袋詰めで売られてる漬物なのかシロップ漬けなのかわからんような暴力砂糖づくしではないホンマモンの漬物が市場にはありました。

 

私は子供時分から漬物が好きで好きで、今も奈良漬以外はみな好きです。

でもねえ、今流通に乗ってるやつはどれも皆恐怖の砂糖・甘味料地獄で

子供の頃食べたあの漬物の味がありません。

減塩もへちまもなくていい。それやったら減甘味をせいと言いたい。

 

今一番食べたいのは、正しい原料と正しい製法でつくられた

秋田のいぶりがっこです。厳密には漬物ではないのかもしれませんが。

 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11656355c.html
故郷への想い | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

新幹線車内

西宮帰還はおろか帰省すらままならない現状ですが、新横浜から

新幹線に乗って通常どうしているかを書きます。

誰も何の興味もない事ですが。

 

別に景色に興味はないので窓際でも通路側でもどっちでもいいんです。

新横浜を出発したら窓の外を見るのは瀬谷区をかすめる時くらいです。

たいがい、乗って間もなく何か食い始めていますのでそっちに集中しています。

 

小田原も熱海も三島も新富士も静岡もどうでもいい。

そのあたりは本読んでるか寝てるか。

富士山なんていう醜悪なものは見たくもないし。

天竜川を越えてからはたいがい北側の窓の外を見ます。

2年住んだ佐鳴台の県営住宅や周辺地域がよく見えるからです。

何かがぱっくり無くなっていたりできてたりはしないかな、と。

で、浜名湖を過ぎたら又本読むか寝るか。

 

名古屋あたりでも別に窓外に見たいものは無し。

名古屋を出たあたりでゴミ箱へ行きますね、たいがい。

 

景色を目で追うようになるのは京都を出てから。

 

新大阪下車の人は私含めてなぜか茨木市域通過あたりでもう扉へ向かいます。

他の駅では見られない現象です。

 

新大阪でホームに降りたら私は自然と耳をそばだてています。

LIVEの関西弁をたっぷり聴きたいので。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11656281c.html
その他 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ボケた頭で

生活苦のカスがおかしくなって現実逃避妄想してるだけじゃないか と

言われたらそれまでですが、なんだかこのところの終末感ていうかなんていうか

カタストロフィの空気がひどいですね。

 

例のミサイル騒ぎ・太陽フレア・小惑星がどうのこうので不吉感満載のところへ

メキシコで歴史的大地震と連なってしまいました。

秋田県の大地震まで連なってしまいました。

こういう時って狂気暴走型新興宗教が生まれたりするのでしょうか。

 

太陽フレアに関しては停電とか通信の停止が起きなかったのはよかったです。

小惑星の異常接近とかいうのもどうやら何もなさそうでよかった。

あとは今日のあの三代目のオモチャ遊びの危機だけですね。

 

もし最後の日が例えばあさってとかはっきり見えてるのだったら

私は新幹線に飛び乗って西宮を目指します。

そういう時は日本中で同様の行動をとる人がいて交通機関とかもおかしくなるのでしょうけれど。

 

それにしても昨日のこちらの突然の雷と雨は夕立の典型でした。

もう暦と天気がテンプレートどおり行かなくなってるのですね。

西宮の天候は大丈夫だったのでしょうか。

 

わりと普通の時刻に寝付いたけど決まりでもあるかのように丑三つ時に

目がさめてしまってボケた頭で考えたことでした。

 

 

これは、もしジミ・ヘンドリックスが存命だったらこんな風貌になっていただろうという画です。

 

 

 

 

 

 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11656231c.html
遠くから見る西宮 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
せいさんイメージ
せいさん
プロフィール公開中 プロフィール
もう帰れなくなった西宮・阪神間を横浜のはずれから想う。
でもいつか戻って暮らしたかった。
その望みはなくなりました。

そういう者です。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 98 396950
コメント 0 1004
お気に入り 0 19

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<