心はずっと0798

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/seisan

鬱に傾かないように気をつけました

5/7は内科・脳神経科・栄養相談の受診日なんです。

栄養相談の栄養士に出す食事の票に記入してました。

この2,3日右手指がダメで字に自信がなかったのですが書いてから後悔しました。

「ミミズの這ったような」以下の「断末魔のミミズ」な字しか書けませんでした。

メモだけしっかり取っておいて明日か明後日に書けばよかった。

それはもう、ひどいものしか書けませんでした。

指トレーニングもやっているのに回復が脚に比べて遅いです。

力が入る入らないよりも細かく動くかどうかなんですよね文字書くって。

少し気が滅入りました。まああまり深刻に悩みすぎないようにしますわ。

スパムブログさんの盛んなスパム投稿が上がっているのをを見ていてある意味羨ましくなりましたが。あんな精力は今の私には湧いてきません。

 

てな陰気なことを書きこんでる途中に明日朝収拾の「瓶・缶・ペットボトル」の

ゴミをフライング出ししてきました。利用者みんながそれをやる収集場所なので

誰も文句を言いません。

 

 

西宮の海は 悲しくない色やね。

さよならをどっかに捨ててから眺めにくるから。

 

Bob Welch Lose My Heart 〜 Lose Your Heart

https://www.youtube.com/watch?v=ZZWuJ8YN3dk&fmt=18

 

 

Precious Love - Bob Welch

https://www.youtube.com/watch?v=MvAfOvcx5Dk&fmt=18

 

貼る音楽ぐらいは明るくPOPに。

Mr.Welch R・I・P。

私はあなたの音楽を忘れません。

 

 

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11730474c.html
雑感 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

What a fool believes

空がどんどんどす黒くなろうとする曇天の下、地味に歩いてきました。

16時過ぎ頃に戻ってきました。

無理はせず、1.2km程度をとことん擦り減った靴で。

 

久々に写真撮りました。「瀬谷柏尾道路」という名前だけはご立派な実際はとことん狭く細くグニャグニャのクソ道路のその中でも一際細く歩道もなかったクソ地点にさしかかったら、2年間くらい延々工事してたのがほぼできたようで歩行者止めのコーンもなくなり養生テープの名残がだらしなく風に揺れている状態でした。

 

Googleストリート・ビューから取った2年前の工事開始前です。

服の袖の真横をやたら数の多い自動車がかすめて行くような状態になる

歩道もない県道が聞いてあきれるグニャ狭道。

ずっと向こうまで同じ家の敷地が続くという田舎丸出しのところなんですが

長いこと工事しててますます歩く人はいないという惨状でした。

 

今日通りがかったら歩道らしきものが片側にだけ出現していました。

もっと前にできてたのでしょうが目の当たりに見たのは私は初めてでした。

このやたら無意味に敷地を取っている家の家主が承諾して下がったのでしょうね。

 

大谷石の汚い色の塀がもっと周囲に似合わないイナカモン丸出し好みのコンクリート打ちっぱなしの塀になってました。やれやれ、典型的な田舎の長者様ですわ。

このくらいの敷地の邸宅は六麓荘やら甲陽園やら苦楽園には普通にありますが

このセンスの違いといったらもう見ててウンザリします。

 

と、食い詰めた貧乏人のやっかみはここまでにしましょう。

 

膝はおかしくありませんが歩いててやたらフラフラしました。

あかんね。

 

What A Fool Believes | Matt Bianco

https://www.youtube.com/watch?v=JibHpfeR3wY

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11730439c.html
雑感 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

曇天上等

この何日か歩き不足だったので歩いてこようと思います。

強い強い風のおかげで汗もそれほどかかずにすみそうですし。

いきなり無理に数km歩こうとはしないでぼちぼちと。

シャワーは戻ってから浴びます。発汗のことを考えて。

無精ひげ伸びたままになりますがまあ誰もそんなにじっと見てくれるような美しい顔でもあるまいしええとしましょう。

雨は降らずにいてくれそうやし。

 

臭い空気で又肺が汚れそうですがガマンして。

ここに夙川はないわけやし。

 

 

スティービーワンダーの演奏を下手くそにしてみた。

https://www.youtube.com/watch?v=hfHhf7k0NL4

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11730369c.html
雑感 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

そこにはただ風が吹いているだけ

雨はもうとっくに止んでおりますが猛烈な風が吹き続けてる東夷国・瀬谷区です。

あの風吹き音ってなんか不吉な感じですね。

 

風吹きで思い出すのは小松西町二丁目1街区の12階建て鳴尾小松住宅の北沿いと

西沿い(小曽根線側)の常に吹き続けている強風です。

ビル風の典型であり、体が浮くかと思うような勢いで吹いたりします。

では真夏は風が強くて涼しいのかというとそんなことはなくて。

 

 

「通称:焼け跡」だった大きな空き地があの住宅になって完成したのはたしか

1972年。

当時はそんなビル風が吹いてはいなかったように思うのですが。

北沿い(旧国道側イラストの歩道)、西沿い(小曽根線側)共にすさまじい風が常に吹いて建物の北西角である交番の前あたり歩行者が信号待ちするあたりで風の強さは最大になります。

昔はなかったように記憶しているあの風害の原因は何なのでしょうか。

いつからああなったのでしょうか。

 

Bill Evans - So What

https://www.youtube.com/watch?v=u1zZN6Fmsn8

 

 

 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11730362c.html
遠くから見る西宮 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

雨の音がうるさすぎて

1時過ぎに2階寝部屋のフトンに入ったんですが、雨降り騒音(*他に呼びようがないので)がうるさくてなんや珍しく気になって寝れず起きてきました。

眠いとなったら窓の外でエレクトリカル・パレードやってようが家の前で全盛期の

山下洋輔トリオが演奏してようが関係なく入眠できる性質やのになんか今夜は

雨降り音がすごい癇にさわって寝れませんでした。

なんかきつい風も吹いてるようで外がうるさくてうるさくて。

 

そうそう、ギブソンが破産申し立てしたそうですね。

フェンダーは大丈夫なんでしょうか。まああちらは1965年だったかに一度売却されていますが。

 

 

Santana - Soul Sacrifice 1969 "Woodstock" Live

https://www.youtube.com/watch?v=AqZceAQSJvc

 

さて、起きてたかてうるさい雨の騒音が止むわけでなし。

あきらめてフトンに戻りますわ。

 

西宮さえ大雨になったりせなんだらそれでいいんです。

瀬谷だの東夷国だのがどうなろうと私の知ったこっちゃない。

 

 

Bill Evans - Time remembered

https://www.youtube.com/watch?v=tUgBZGDi6Mo

 

Pink Floyd - Time

https://www.youtube.com/watch?v=JwYX52BP2Sk

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11730242c.html
雑感 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

頭に浮かんできた話 その320

30分ほど前に一旦上げようとしたのですがお馴染みのあの『サーバが・・・云々』の

画面表示と共に虚空に消えました。

もう今夜はええかとくじけそうになったけど、数少ない心の安住の場なので

やりなおしました。今回少し短いですがもうちょっと長かったのを刈り込みました。

 

//////////////////////////////////////////////////////////////

 

久しぶりの岡本駅でまずPASMOに\1000チャージしてから改札に入りました。
あまり馴染のない駅なのでキョロキョロしました。

 

 

ここから夙川駅まではふた駅。そんなもんだったんだと改めて感じました。

阪神電車ならまず8駅はありそうな距離ですが。
いつの間にか両駅とも特急の停車駅になってからしばらく経ちます。
なんだか実感がわかないのですが、やってきたのは各駅停車でした。
学生の数も何故か少なくおまけに各駅停車なので空いていてすぐに座ることができました。

相変わらずの緑色のシートに安心しました。

 

「しんちゃん、眠たくなったわ。ちょっとやけど寝るね。」

 

松村さんはそう言ってわたしの左肩に頭を乗せて目を閉じました。
前の車窓は南側で11月の陽射しが直接あたっていましたがもちろん暑いはずもなく心地良いものでした。
芦屋川駅を出たあたりで松村さんはわたしの左手を握ってきました。

夙川駅に着いて、松村さんを起こして、甲陽線の真ん前あたりになる扉からホームに出ました。

 

「ちょっとトイレ行くわな。」
「私も行っとく。」

 

ふたりともトイレに寄って、わたしは前でちょっとだけ彼女を待ってから、階段で向こう側に渡り南改札口から出ました。
そして歩道橋になっている通路で不動産屋やらマクドナルドやらがある一角に渡りました。

途中の薬局に松村さんは寄って何やら買って出てきました。

「お待たせ。」
「大して待ってへんで。」

等と言い合ってもう少し歩けばおなじみの線路に橋がかかっている一角。

「あ、俺部屋に寄らんでもええわ。そのまま車でどっかスーパー行こ。

 キーも今持っとるし。」

 

そう言ったのは、部屋に入って座り込んでしまうと動くのが億劫になりそうだからでした。

 

 

LEE KONITZ,,, WHEN YOU'RE SMILING,,,

https://www.youtube.com/watch?v=_4S-gydGuig

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11730239c.html
その他 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
せいさんイメージ
せいさん
プロフィール公開中 プロフィール
もう帰れなくなった西宮・阪神間を横浜のはずれから想う。
でもいつか戻って暮らしたかった。
その望みはなくなりました。

そういう者です。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 70 434337
コメント 0 1044
お気に入り 0 19

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<