心はずっと0798

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/seisan

切り花日記

約1.3km往復で歩いてダイエーで切り花買ってきました。

母の日だからというので高めのカーネーション並べているのは商魂上納得できるのですが、5月だというのにやっぱりぱりぱり案の定菊だらけ。

臭くて汚くて顔をしかめていたことでしょう私。

普通の花が申し訳程度以下にしかなくてほぼ売り場いっぱい菊。

ああ臭い汚い臭い汚い。

ぽろっとあった普通の花もけっこうもう元気のないやつ。

そこから選んで買ってきました。

ビニールから出した時点で既に萎れうなだれている花は捨てて花挿しに入れました。

 

例によって背後や横に写っているものは見ないようにお願いします。

 

もうちょっとしてからシミをつけられてしまったシャンブレーのシャツの襟を

つまみ洗いしてからリュック持って最寄りスーパーへ米買いに行きます。

右膝はやはりここ何日かの運動不足の影響でいくぶんカックン。

再び後ろが破れたスニーカーの急修復したやつをもう一回履いて

最寄りスーパーへ行くんです。

 

それからシャワーかな。サボり癖つきかけています。あかんがな。

 

だっしーくんとオムくんです。

 

Stanley Cowell - Equipoise

https://www.youtube.com/watch?v=GjkthK06lV4&fmt=18

 

 

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11733563c.html
雑感 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

再び壊れたスニーカーをもう一度手直しするかな・・・

雨は今のところ降ってないんですが今日も強風がびゅーびゅー。

洗濯物を入れてきますわ。吹っ飛びそうなんで。貴重な着衣を紛失したくないから。

 

で、たった今取り込んだんですが、シャンブレーのシャツの襟に橙色のシミがぺちょっと。

こんな感じ↓ 実写ではなく作った画像ですが。

 

 

見たところ鳥のフンですがうちの物干しは鳥が留まることができる形状ではないので、きっと空中に投下されたばかりのバクダンが強風に乗って飛んできて運悪く(フンだけに)付着したものと思われます。

もう・・・もう一回ここだけつまみ洗いせなあかんやん。

 

薄雲は広がっていますがなんとか陽射しはあるので風に乗ってくる砂除けに眼鏡かけて外を歩きに行こうと思います。ダイエーで仏壇の切り花も見てきたいし。

そのあと夕方にでも米を買いに行かないと。こっちはリュック持参で行くので

歩いたついでとはしづらいので出直して。

 

12年前の2006年の今頃、生涯初の入院を胃潰瘍でやらかしたんですが、絶食療法の影響で体重激減してた頃でした。明和病院でした。Uターンしてきてたので。

ようやく風に揺られずにまっすぐ歩けるようになったくらいの時期でしたねえ。

で、以後の人生にとても影響した潰し逃げしやがった通販会社に応募してた頃でもあります。

胃潰瘍の原因になったところからは脱兎のごとく逃げ出していましたので。

ここらへんのことは履歴書では濁して書く部分です。

 

ずいぶんと西宮市内のあちこちを体調戻す訓練に歩いてたですね。

 

 

Nick Lowe - "I Knew The Bride When She Used To Rock And Roll"

https://www.youtube.com/watch?v=Kn1CXbf2xF8

 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11733470c.html
回想とつぶやき | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

頭に浮かんできた話 その321

メンタルを落ち着かせるべくこのストーリーの下書きに手を入れていました。

本当にこの世界に没入してると現実逃避ができます。

書いたり消したりしている間はこちらが私にとっての現実にすり替わってしまっています。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////

 

いつものパーキングにそのまま行ってミカエル号のドアを開け、二人の手荷物を後部座席に投げました。
松村さんはさっきいったい何を買ったのか、袋が白くて見えませんでした。

とりあえず、という感じでエンジンをかけて燃料ゲージを見ましたがガソリンはあまり減っておらずまだまだ余裕がありました。

 

「さて。どこ行こかいな。鮭やら買うのんは。」
「そやねー、いろいろ売ってる大きめのとこがええね、鮭だけやなくて。」
「まあ、走りもって考えよか。まだ急いで買わんならん時刻でもないし。」
「そろそろミカエルさんからメールとか来るんちゃうかなあ。」
「かもしれんな。まあ、ちょっと気分転換にブラブラ流そか。」

 

そんな気楽なやりとりをしてから車を出しました。

山手幹線にとりあえず出るかというので教会の方へ向かいました。

教会の信号で左折し武庫川方向へ合流しました。三宮・元町行きやら墓参で今日は神戸に居たのでなんとなく逆方向を向きたかっただけなのですが。

信号にもひっかからず夙川を越え大沢西宮線も越えて西宮北口方面へ走りました。
異様なくらい暖かい日々とはいえ11月、みるみるうちに外は夕方から夜へ移っていきました。

双葉温泉にさしかかりました。開いていたので今日は水曜日ではないのだなと初めて曜日を自覚でき
ました。

 


仕事現場から突如吹っ飛んできてから何日経ったんかなあとぼんやり考えました。
あの夜はここまで汗をかきかき来たのに定休日でダッシュして方向転換で芦乃湯へ行ったことを思い出しました。
そのくらいの時点ではまだわけもわからず純粋に単なる迷子の気分で不安でした。
短い期間に気持ちも周りもがらっと変わっていまや隣にこんな美しい相棒がいるわけです。
目まぐるしいはずなのに半ばこれがが当然な気持になってきていました。

つらつらとそんなことを考えながら走って、やがてその芦乃湯近辺も通過しました。

 

又黙りこくって運転してたなあとふと気づき、FMのスイッチを入れました。
The Beach Boys - Come Go With Me
https://www.youtube.com/watch?v=PYDIYbbka08

「おいでいっしょに行こう」、か。

今わたしは松村さんと結果的にそういう毎日ですが、胸をはってそう面と向かって言えるかなあと思いました。

 

「しんちゃん。」
「うん、なんや。」
「なんか甘いもん飲みたなってきてん。コンビニで停めて。」
「よっしゃ、どこぞコンビニ行こか。」

 

ですがちょうどコンビニが途切れて大規模店舗ばかりの地帯にさしかかっていました。

 

「ちょっと間コンビニないけどじき出てくるはずやから待っとってや。」
「はあい。」

 

結局ガーデンズも名神も越えて中津浜線にさしかかりました。
この中津浜線の信号で南下すればコンビニがあるので右折レーンに入りました。
途中にもちょっと横道に入ればコンビニくらいあったのかもしれませんがあてずっぽうはやめていました。
『郵便坂』からそれて側道の広い駐車場のあるセブン・イレブンに入りました。
いちばん奥のスペースが空いていたので車を入れました。

「おまたせ。店ん中行こか。」
「ありがとう。甘いもんなんか飲みたかってん。」

 

 

/////////////////////////////////////////////////////////



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11733230c.html
その他 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
せいさんイメージ
せいさん
プロフィール公開中 プロフィール
もう帰れなくなった西宮・阪神間を横浜のはずれから想う。
でもいつか戻って暮らしたかった。
その望みはなくなりました。

そういう者です。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 224 452504
コメント 1 1057
お気に入り 0 19

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<