心はずっと0798

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/seisan

頭に浮かんできた話 その324

脳の自爆を避けたくてこのストーリーの世界にしばし没入していました。

相変わらず蒸し暑いままですが、とりあえず人格崩壊は回避しました(と思います)。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

びっくりだけしていられるわけもなく、この事態を受け入れなければなりませんでした。
とりあえず道端ではなくてどこか広い駐車場に移動すべく発進しました。

このあたりをミカエル号で走っているのは非常に妙な気分でした。

 

川を西に越えて大和市に入り、細道をぐにゃぐにゃ通って弱小ホームセンターの駐車場へ行きました。
道中松村さんは完全に判断停止の状態で黙っていました。

 

「しんちゃん・・・」
「言わんでもわかってるて。ここどこなんやろ・・・やろ?」
「うん。どこなん?」
「俺の家の近所や。」
「って、え、横浜?」
「さっき川越えて市外になったけどな。」

 

駐車場の端っこでそんな会話をしていたらわたしの携帯に着信しました。
少々怖がりながら出てみたらミカエルさんからでした。

 

「おうもしもし、俺やミカエルや。」
「どないなっとんですか?びっくりしすぎて心臓止まりそうでしたやん。」
「謝らなあかんねん。予告もまだしてへんかったしプログラムも狂たんや。早すぎや

 ねんタイミングも。」
「そうなんですか。まあ不測の事態やないんやったらひと安心やけど。」
「ワシも今そっち行くから待っとって。そこの店の名前何やったかいな、念のため。」
「くろがねや です。」
「よっしゃわかった。ジュースでも飲んで待っといて。じき行くから。」

 

「その電話ミカエルさんやったんやね?」
「そうや。これはプログラムに沿ってるらしいんやけど予告もまだでどうやらヘマ

 こいたらしいわ。」
「よかった・・・。ミカエルさん監修やったら怖がらんでええねんね。」
「そういうこっちゃ。しかし監修ておもろい言い方すんなあ。

 ちょっと待っとって。飲むもん買うてくるわ。」
「私はひとつここにあるからええよ。」

 

わたしは車を降りて自販機へ走りました。

あのイヤな金属臭と油の臭いでいっぱいでした。
辺鄙な場所なので値段は安くはないけれど。微糖の缶コーヒーを買って車に戻りました。
ブラックは売っていませんでした。

 

 

Time Is On My Side - The Rolling Stones
https://www.youtube.com/watch?v=3J59fSD4cUQ

 

////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

 

 

 

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11746079c.html
その他 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

脳が腐らないように

もう朦朧としすぎておまけに最悪に暑くて脳が溶けそうになってるので

溶けてまうの防止に妄想ストーリーの下書きをしずしずと進めています。

今私知能指数たいへん低くなっておることでしょう。

夙川を指さして「これは武庫川っちゅうねんで」と言われても

「そうなんですか ほぇ〜」とか頷いてしまいそう。

 

ケイト・スペードさんが自殺されたそうですね。

自殺を美化する日本なんかとは違って自殺を徹底的に忌み嫌うキリスト教社会でそれを実行したというのはやはりよほどのことなのでしょう。

抑鬱や不安神経症の症状に苛まれていたそうですが、私みたいな細胞レベルでの

生まれつきの底辺民にはこんなに何かを成し遂げ豊かになり恵まれた生活をする人の鬱とはいったいどんなもんなのか想像もつきません。

達成と幸せと豊かな物に囲まれている生活にいったい何が抑鬱だったのかという

点がさっぱりわからないしその精神状態には本当に想像もつきません。

まあ、豊かになってしまうと身辺に何でも揃っているのが当たり前になって

そのこと自体に幸福や充足を感じにくくなるのだろう、というくらいは想像できても。

ゴッホの自死とは全く異なるものですしね。

 

とはいえ私は今もセルフ・ネグレクトの誘惑に日々耐えているわけですが。

 

銀河鉄道 - 想い出してごらん

https://www.youtube.com/watch?v=ekqOkCjjNwE&t=13s

 

 

Someday Never Comes | Creedence Clearwater Revival |

https://www.youtube.com/watch?v=kGvPlJ0kce4

 

 

勢いでけっこう書けました。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11746042c.html
雑感 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

私 撃墜されましたわ

シャワーを浴びて、一応恥ずかしくないかっこうに着替えて外に出ました。

しばらくなんとなく歩いてすぐ終わる用事をして、再び歩き始めました。

そしたらものすごい量の汗がタラタラ噴き出して目眩がして前向いて歩くのも困難な感じになってきました。

眼前が緑色になってくるくる回り出して。

 

危険だと感じたので、その足で駅のホームのQBハウス行って散髪するという考えは中止して戻ってきました。

今座布団にすわっていても目の前が少し回っています。

そう、6月上旬の段階で暑気にやられました。

心拍は弱く早くなっていて、脱水よけに水を飲んだら気分が悪くなりました。

体温測ってみたら34.7度でした。

 

という愁訴がたった今の状態です。

 

目の前にあるもの全部がリアリティがなく、たったひとつこの西宮ブログの

画面にだけリアリティがあります。

たかがこれくらいの暑さ(私には地獄でも一般レベルではそうでしょう)で

もう撃墜されてるって、この気象がおかしい日本列島いや全世界でいったい

どうすればええんでしょうか。

 

寝込んだら寝込んだで寝汗膨大なのでしょうし、起きてても腑抜けやし。

 

凄まじい天変地異よ、来るなら今だ。

その時は西宮を避けて通ってくれ。他はどうなってもいいから。

 

 

The Beatles - In my Life

https://www.youtube.com/watch?v=-eCh3y5VROM

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11745969c.html
雑感 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

やかましいヘリコプターの音もあるけど

なんとか朝のうちから晴れて、外の道も剥きだしの土ももう乾きました。

今日は動かないと体がだめになるので、動きます。

起きてからも生きてんのか死んでんのかわからんようなことでいましたが、

食欲ないなりにさっき餌を摂りました。

あとはシャワー。

小さい用事もあるしできれば散髪したいし、動きたがらない体を騙して動かんとあきません。でないと生きたまま腐ってしまう。

 

さりとて台所へ立つかトイレへ行くかでフラフラになっているこの体。

道端で崩れ落ちないようにしないとね。

 

西宮ではアジサイが今きれいなのでしょうか。見たいなあ。

 

 

What A Diff'rence A Day Made - Wynton Kelly

https://www.youtube.com/watch?v=18qF3UGwaH8

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11745884c.html
雑感 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

深い広い闇の底で

この入力開始の時点でまだ6/6ですが入力し終えて「新規記事を作成します」ボタンをクリックする頃には6/7になっていることでしょう。

 

義務教育期間中高計9年間の担任の先生の名前をきちんと思い出せるかどうか

やってみたいと思います。

 

小1 南石先生

小2 竹中先生

小3 橋本先生

小4 緒方先生

小5 緒方先生

小6 長見先生

 

中1 井上先生(学年開始時:旧姓田中先生)

中2 中谷先生

中3 植西先生

 

男性教師だったのは小6と中2だけ。

 

思い出せました。さすがにどの人も苗字のみでフルネーム思い出せるのは中3の

植西先生だけです。まあ、ここに書きはしないわけですが。

 

特に意味はないんです。ふと思っただけのこと。

 

あ〜日付替わったなーと思ってからしばらく天井見てたら時間がものすごく

経っていましたわ。20分以上。

 

ボロ雑巾になっているメンタリティをそっと慰撫してくれるのはやはり

カレン・カーペンターの声ですね。

気持よい風が心の中にそっと吹いてきます。

でもご本人の心身の中はずっとハリケーンだったのですもんね。

お金もあって良い暮らしをしていても。

人間ほど難しいものはないですね。

 

 

雨の日と月曜日は [日本語訳付き] カーペンターズ

https://www.youtube.com/watch?v=Q3XDXSytiWY

 

 

 

Alone Again/Gilbert O'Sullivan

https://www.youtube.com/watch?v=4mXKSAlCWmw

とても深い内容ですね。特に今の私には響きます。自分勝手かもしれないけど。

 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11745519c.html
雑感 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
せいさんイメージ
せいさん
プロフィール公開中 プロフィール
もう帰れなくなった西宮・阪神間を横浜のはずれから想う。
でもいつか戻って暮らしたかった。
その望みはなくなりました。

そういう者です。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 140 452714
コメント 0 1058
お気に入り 0 19

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<