心はずっと0798

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/seisan

椅子の上の夢想

安い安い安いチルド餃子を夜餌に食べました。小さいけど12コ全部は焼かずに7コ。

安い安い安いのが更に賞味期限切迫でもっと安くなってたやつです。

残りは明日食べます。

 

焼いてる間蓋したフライパンの前に突っ立ってるとしんどいので30年経過品の

パイプ椅子に座って夢想・妄想しました。

 

私がワーゲン・ゴルフに乗って(実際に乗ったことがないのでイメージで)

171号線から体育館横を御手洗側沿いに北上して甲陽園方面を目指す妄想。

 

餃子が焦げないようにほどほどでやめといて。

 

 

ああ 西宮 西宮。

 

Pat Boone - I'll Be Home

https://www.youtube.com/watch?v=lCRfrzQYWIY

 

 

困ってます。魂が帰ってきません、ここへ。まだここにないんですよ、魂。

 

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11748986c.html
遠くから見る西宮 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

奇妙な起きぬけ

何時頃からだったのか釈然としませんが居眠りして40分前くらいに目があきました。

目があいたとたん、たぶんそういう内容の夢を見ていたのでしょう、ものすごい悲しい気分を感じました。夢はまったくおぼえてないけれど。

なんか起き上がる気力もすぐには出ず、そんな気分のまま束の間ぼおっとしました。

 

悲しいのも惨めなのも既にデフォルトになってから久しいのに、こんなことがあるんですね。

 

なので夜餌はまだです。

ついさっきやっと起き上がる力が出て起き上がりトイレに行き、気分をなおすためにちょこっと外に出ていました。立ってただけなんですが。

これから何か食べます。大した食欲ないけど。

 

さっき気まぐれにテレビ点けたら風鈴が映っていました。

もう相当な長年の間風鈴なんて提げていません。

まあ提げ得るようなところにいなかったからなんですが。

あまりあの音を涼しげに感じないですし。

 

東夷国では明日は今日より気温が上がりそうです。

土曜が涼しいのだそうですが。

 

Howlin' Wolf - Spoonful

https://www.youtube.com/watch?v=JshUWutSAOc

 

 

Eric Clapton - Change The World

https://www.youtube.com/watch?v=x11NA63gLDM

 



変な感じでしたよ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11748958c.html
雑感 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

頭に浮かんできた話 その326

鬱々すぎて脳が爆発しないようにいっぺんに絞り出してみました。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////

 

すっかり慣れてはいてもいっこうに馴染むことのない狭い車が多い道を松村さんとミカエル氏を乗せた車で走りました。
本当に見たくもない、見るたびに怒りに近い嫌悪感を感じる汚い町の中を。

 

やがてドラッグ・ストアの看板が見えはじめ、前にある駐車場を横ぎって建物のサイドから離れ小島的になっている裏手の小さな四角い駐車スペースに入りました。
実際に車でここに入るのは初めてでした。

 

 

「しんちゃんのうちってどこなん?」
「目の前や。向かって左。」
「今娘さんらおるん?」
「あの二人は帰りが遅いねん。」

 

ミカエル氏はセカンド・バッグに手を入れて何やらさがしていました。

「あんた、家の鍵今持っとるんか?今なけりゃあここに合鍵になるのがあるで。」

 

言われてわたしは自分のバッグの底をさぐってみました。ありました。
まあ当たり前かもしれません。一回もバッグから出したおぼえはないし。

 

「よっしゃ。ほな手早く済ますか。二人で中入って服やら投げてんか。」

「ユカリちゃん行こか。なんかめっちゃ恥ずかしいけど。」

 

車を降りて正面へ回ってわたしは鍵を開けました。
相変わらず靴が散らかっていました。
でも幸い臭かったりはしませんでした。

 

「ユカリちゃんこっち来て。階段上がるねん。」

松村さんはじろじろ見ないように気をつかいながらわたしに連いて階段を上がりました。

 

「ちょっと待っとって。ビニール袋持ってくるわ。」
「うん。」

松村さんを待たせてわたしは45リットル大の袋を持てるだけ持って再び2階に戻りました。

 

「散らかってるねえ。万年床やし。」
「恥ずかしいから言わんといてんか。さあ、まずはシャツやセーターやズボンやな。」

わたしは見繕って松村さんに渡し、松村さんはうまく丸めて袋に収めました。

そこそこ集めたところで、わたしは今ここに存在しているレプリカの私が困らないようにある程度の数で切り上げて掃出し窓を開けて裏手の駐車場にいるミカエル氏に合図しました。

 

「おう、投げてんか。ちゃんとキャッチするから心配すなよ。」
「行きますよ。ほれ。」

 

ブンと投げたら真下に落ちたりせずミカエル氏の腕のところへきちんと行きました。

 

「ほな次をまとめますわ」

「しんちゃんこのバッグにベルトとかニット帽子とかそういうのん入れたらええ

 ね。」

 

前回使ったっきりずっと放置していたボストンバグを松村さんは広げました。
適当に全部がなくなったりしないように松村さんに渡すと又彼女は上手に収めてくれました。
こいつは自分で肩にからげて行こう、と決めて次はクローゼットの中に移りました。

ジャケットやウール・パンツやコートなどをハンガーにかけたまま袋に入れてもらうとひとつひとつが嵩張るので袋3つがすぐにいっぱいになりました。
下着も少しだけ詰めて、持ち出し品の袋詰めは終わりました。

 

「ミカエルさーん、ちょっとようけあるんでお願いします。」
「おう、かまへん、次々こっちへおくれ。」

 

袋をキャッチしてすぐ車のハッチへ走り載せたら又戻ってきてというのを数回繰り返して作業終了となりました。

「パソコンは持っていったらあかんよね。こっちにいる替わりのしんちゃんが困る

 から。ええよ。ネットはうちに任しといてくれたらね。」

 

考えてみたら松村さんが自分のことを<うち>というのを初めて聞いた気がしました。

そしていろんな物の詰まったボストン・バッグを肩にからげて一緒に階下に降りました。
1階でふと思い出して私はもうひとつ黒いビニール袋を2つ出しました。
靴も下駄箱からいくつか持ち出して行こうと思ったからです。
松村さんに先に外に出てもらい、私は下駄箱からいくつか靴をそして最近使っていなかった古いスニーカー二つをを黒ビニール袋に放り込んで遅れて外に出ました。

 

「袋私が持つよ。」

松村さんがそう言ってくれたのでありがたくひとつ持ってもらって、再び自宅の裏手へ回りました。

 

「ここね、隣のこの店の関係者が車置く場所ですねん。不審がられへんように表側の

 駐車場の端っこへ移動しましょ。」
「おお、そうやったな。」

 

リヤハッチにたくさん袋が載ったミカエル号を移動して、一度3人とも降りました。
誰からともなく開けたハッチへ移動して段ボール箱を組んでたくさんの袋を収めました。

 

「上に封まではせんでええやろ、とりあえず、な。」

箱を一つ後部座席に移して横倒ししてそれだけはガムテープで軽くフタしてミカエルさんは言いました。

「こないしとかんと後ろの窓の視界があらへんようになるなあと思てな。」

「いやあ気遣いありがとうです。」
「ここからとりあえずワープできるポイントまでは普通に道を走ってんか。

 ポイントあったらその時言うし。」

話している間松村さんはわたしとミカエル氏の肩を揉んでくれました。
不思議と息ははずんでいませんでした。

 

Spencer Davis Group - Keep On Running

https://www.youtube.com/watch?v=pK0DbgovWZo

 

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11748896c.html
その他 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

いつものように気持が暗い日は

今日みたいな(連日同様なんですが)心塞ぐ鬱々な日は西宮を想起させる音楽を聴くのが唯一の治療薬です。

 

Percy Faith & His Orchestra - A summer place theme

https://www.youtube.com/watch?v=tFi_CKNJjwE

この曲は奇跡的に湿度が上がっていない西宮の夏の晴れた日の午前中を

つよく想起させます。

昔はスーパーや駅ビルのBGMの定番でしたね。

 

あなただけGoodNight 来生たかお

https://www.youtube.com/watch?v=myWng3rIexk

来生たかおさんは曲のセンスも声質も西宮的というか阪神間的テイストがあると

思います。歌にメッセージだの何だのとか熱いだのどうのこうのという成分がゼロなところが西宮的。

 

埠頭を渡る風 松任谷由実

https://www.youtube.com/watch?v=0wYJkyQXx3g

作者自身のイメージとファンが持つイメージは横浜港とかなんでしょうが、私にとっては神戸港から西宮にかけての海沿い道路や神戸港の埠頭なんかのイメージが強いです。

この曲の主人公のふたりは絶対に田舎から東京さ出て来ただあのカッペではなくて根っからの都会人でなくてはなりません。

 

ハイ・ファイ・セット よりそって二人

https://www.youtube.com/watch?v=z4qienbDiVk

関西が生んだ至宝・稀代のヴォーカリスト山本潤子さんの声がしみじみ美しい

この名曲は日本の他のどこの地域にも似合わない、阪神間・西宮にこそ似つかわしい世界が唄われています。

阪急電車の中で聴けば本当に心に沁みると思います。

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11748811c.html
これも好きな音楽 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

今日も気温上昇中

起きてからしばらくはペラペラのトレーナー着ていてもちょうどだったけれど

その後気温は上がり続け今は半袖に扇風機です。

ホンマ暑いのイヤ。命に差し支えあり。

 

身体は毎日の不定愁訴そのままの状態です。重くてだるい。

なんかね、血圧を上げさせない薬って鬱を招くらしいじゃないですか。

そういうの毎朝呑んでる数種類の薬にばっちり含まれてるんです。

ああ、なんかいらんこと知らん方がよかった。

 

東夷国瀬谷は今曇りで蒸し蒸ししてるという最悪の状態です。

このまま午後には雨降りとかになったらまさに鬱々。

タスケテー。

 

こんな日は西宮中央図書館で過ごしたいなあ。その離隔距離は約500km。

 

 

 

Glen Campbell - A Place In The Sun

https://www.youtube.com/watch?v=Fwf_JOOTtY0

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11748777c.html
故郷への想い | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

やっと日本勝ちましたね

ワールドカップ前最後の強化試合でサッカー日本代表、監督交代後ようやく得点を入れて勝ちましたね。いやあ気分がいい。

試合結果もさることながら、更に気分がいいのは試合後インタビューで出てくる選手が片っ端から関西弁やったことですね。乾→香川→岡崎と。

現日本代表全体を見ても関西人選手率は今めっちゃ高いですね。

うれしい。ええこっちゃ。

 

 

'S Wonderful - Stan Getz

https://www.youtube.com/watch?v=tYtNx2lBKkM

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11748546c.html
雑感 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
せいさんイメージ
せいさん
プロフィール公開中 プロフィール
もう帰れなくなった西宮・阪神間を横浜のはずれから想う。
でもいつか戻って暮らしたかった。
その望みはなくなりました。

そういう者です。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 120 440104
コメント 0 1044
お気に入り 0 19

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<