心はずっと0798

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/seisan

頭に浮かんできた話 その283

夜が明けたら体温超えの炎熱多湿地獄が間もなくやってくるのですね。

それでよろこぶのは洗濯物だけでしょう。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////

 

「試しますか?」
「いえ、けっこうです。」
というやりとりをしてチノパンを受け取り、店外へ出ました。

 

「しんちゃん、いっつも人で裾合わせせんと寸法で頼むん?」
「うん、この数年ずっとそうやわ。10年前くらいからジーパンは裾上げんとロール・アップで穿くし。」

 

いつの間にかそうなっていた習慣でした。
そう、西宮にUターンできていた時期からの習慣でした。
ごくたまに怪訝な顔もされますがわたし本人はそれでよいので今まで問題があったことはありません。
とても困るのは、もう裾が上がった状態で売られているチノパンでした。
特にわたしが住む横浜の外れなんていう未開の地域では、わたしが買いに行けるような値段の大型スーパーの衣料品売り場なんかのチノパンの裾上げが67cmだとか70cmだとかのものばかり並べられたり積まれたりしていることでした。
わたし程度の上背の男なんか年齢に関係なくウジャウジャいるはずなのにそんな短いのばかりではどうにもならないはずなのになぜかそんなバカな光景が広がっているのでした。
関西ではそんなおかしな傾向はなく、それはとてもいいことでした。

 

買い物袋を持っているのに松村さんは右手を空けてぎゅっと繋いできました。
わたしは左手に持っていた袋を右手に移して手を繋ぎました。
高校生のカップルがこっちを見て笑っていました。
わたしはわざとらしくにっこりと笑い返し、先に助手席のドアを開けました。
乗り込んだ車内から運転席のドアロックを開けてもらい、後部座席に買い物の袋を放り投げて
座りました。
エンジンをかけて同時にFMをONしたらThe Beach Boysの曲がかかっていました。

BEACH BOYS - Girls on the Beach (1964) High Quality Stereo!
https://www.youtube.com/watch?v=1LutrOwF5bo

そういえばビーチ・ボーイズは夏の音楽ではなく曲の素材を主に夏から取るミュージシャンだという
当たり前の事実が日本のステレオタイプな放送媒体にはいまだに認識されていないなあと
11月のビーチ・ボーイズを聴いて思いました。

駐車場を出て北側の交差点で171号線に入り、ごくオーソドックスなコースで林田町のダイエー西宮店に行くことにしました。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11644798c.html
その他 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
頭に浮かんできた話 その294
頭に浮かんできた話 その293
頭に浮かんできた話 その292
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
せいさんイメージ
せいさん
プロフィール公開中 プロフィール
もう帰れなくなった西宮・阪神間を横浜のはずれから想う。
でもいつか戻って暮らしたかった。
その望みはなくなりました。

そういう者です。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 98 385767
コメント 0 959
お気に入り 0 19

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<