心はずっと0798

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/seisan

頭に浮かんできた話 その284

突然、投稿用入力窓で一切の漢字変換をしなくなりました。
txt.やWORDには問題なく入力・変換できますのでサイトの問題かなと
思います。ブラウザはFirefoxにて起きている現象です。

IEでログインして今こうやってやり直すと、漢字変換を普通にやります。

どないなってるんでしょうか。

 

////////////////////////////////////////////////////////////

 

すっかり見慣れていて目を惹くものもない171号線を北東方向に走りました。
松村さんがさっき万代で買ったガムをひとつくれました。

「しんちゃん、でぼちんに汗かいてるやん。ハンカチ出すわね。」
そう言ってわたしのバッグからタオルハンカチを出してくれました。
暑くもないのに額の生え際から汗が出るのはよくあることでした。
渡してもらったハンカチで汗を拭いたら松村さんがそのハンカチを受け取りました。

「持っとくわね。又汗出たら渡すし。」
そう言って松村さんは左手に握りこみました。

仏壇店やシダックスや、大きな風景は何も変化していない171号線でした。
丸橋町あたりで川を越えると、例のスロープでした。

 

緑色のダイドーという看板はあって当たり前という存在感でよく見えました。
あれが汚れたり剥げたりしているのをこれまで見たことがありません。

 

スロープを降りていくと、南側沿道には建物がずらりと並んでいました。
わたしが郵便局員でこのあたりを速達を持ってぐるぐる回っていた頃、このあたりには駐車場付の書店くらいしか大き目の建物はなかったのですが、その書店はとうに姿を消していてマンションがきっちりと並んでいます。

 

右折して中津浜線に入ると、Uターン期にたびたび訪れた古着店が今もあり、珈琲の青山があった跡地のローソンは元気に営業していました。
この周辺もわたしの郵便局員時代にはちょっと引っ込んだ位置に住宅が少しある程度だったのに、震災後の整理以降建物が並びました。

 

たしかダイエーの駐車場には右折で入らないでくれというルールがあったので南側の信号を右折して細い道に入り洋服の青山の駐車場で方向転換して中津浜線に戻りちょっと北向きに行って、駐車場内に入りました。
何も気にせず屋上スペースに向かいました。

 

ドライアイス付で持ち歩いている食品に陽が当たらないようにユニクロの袋を被せて置きました。

長いこと来ていなかったので中の様子はわからないので松村さんの勘に従うことにして売り場へ入っていきました。
彼女の軽やかな足運びの後をヨタヨタとついていきました。
彼女がストッキングを見始めたのでオジイがうろうろしてるのもなんだか変なので男性用の服の方へ行きました。
うまいこと濃茶の幅広の\1000ベルトが見つかったのですぐにレジへ行き買いました。

松村さんもストッキングの品定めが終わりレジに来ました。
4種類くらいいっぺんに買っていました。

 

////////////////////////////////////////////////////////////


 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11645982c.html
その他 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
気をつけないと
頭に浮かんできた話 その303
崖の高さに
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
せいさんイメージ
せいさん
プロフィール公開中 プロフィール
もう帰れなくなった西宮・阪神間を横浜のはずれから想う。
でもいつか戻って暮らしたかった。
その望みはなくなりました。

そういう者です。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 154 396802
コメント 0 1004
お気に入り 0 19

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<