心はずっと0798

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/seisan

子供時代のローカル感覚C

小松小学校よりも北に行けば小曽根町です。
小学校入りたてくらいの頃小曽根町っていうのは謎の場所でした。
小松西町の実家から距離もあるし鳴尾北幼稚園の頃の知ってる子の家もなかったし。

なんとなく地理がわかるようになってからも、北上するに従って道幅も狭くなり旧家がありお店とかも見当たらない小曽根町地域はガキの私には謎めいてました。
細い水路があちこちに流れ、畑があり、寺かと見まごうような重厚な古い家があり。
小曽根公園だけが見慣れた感じの場所でした。
そして、武庫川の土手方面に行けば昔の線路跡はますます謎めいて
一番土手寄りの道をどんどん北上していくと2号線のスロープに上がる階段があります。
私はあの階段を上り下りしたことが過去に2回くらいしかありません。
北のどん詰まりには『ガンも切らずになおる神霊教』なんていうとんでもないものがありましたしさすがに気持ち悪くて近寄らなかったのでしょうね。
あれはいついなくなったのでしょうか。私の知らないうちに消えていました。

 

 

小曽根町二丁目くらいから北の人はやはり利用駅は甲子園口なのでしょうか。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11652418c.html
回想とつぶやき | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

懐かしい思い出の地なのですね!
私も実家が近くにありました 心霊教がありましたが今はマンションに成っています 心霊教は今でも健在で甲山の西の方の山の中にa有るようです三田からの帰りに通ると心霊教本部と書かれた看板を見かけますが 小高い山の奥の方に有る建物は見えないです。
この様な山の中に今でも信者さんが見えるのでしょうか?と思いながら通過しています。
私もお写真の階段を登って国道2号線に出ました。
懐かしいお話 嬉しく読ませて頂きました。 

[ 実家から ] 2017/08/30 7:43:42 [ 削除 ] [ 通報 ]

金仙寺湖のところに看板あるので何なんだろうと思ってました。

[ ふく ] 2017/08/30 13:58:52 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
往復約2.5km
クラクラは膠着状態 寝れません
ガキの頃の西宮北口駅
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
せいさんイメージ
せいさん
プロフィール公開中 プロフィール
もう帰れなくなった西宮・阪神間を横浜のはずれから想う。
でもいつか戻って暮らしたかった。
その望みはなくなりました。

そういう者です。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 91 396943
コメント 0 1004
お気に入り 0 19

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<