心はずっと0798

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/seisan

やらかした後の寒さ

大いなる油断をしてのコタツ寝落ちから目覚めたのは一日で一番気温の低い時間帯。猛烈にこごえています。アホやホンマ。

少年時代〜若者時代、朝早く起きる事を自慢する年寄りを目にするたびに

「アホやこいつ。何がどうやっちゅうねん。」と軽蔑してたのを思い出しました。

商売柄とか必要上とか関係なく朝早く起きること自体が自慢でしゃあない年寄り

(圧倒的にじいさん・そういうばあさんには出会ったことがない)の心の中が

理解し難かったんですが、この寒さの中でこごえて今自分がじいさんになってて

一層その思いを強くしています。

 

西宮Uターン時代の後半、早朝風呂屋の習慣が定着した頃、死ぬほど寒い中を

羽毛服着て自転車に乗って武庫川を越えてましたが、あの時の屋外の寒さ並みに

屋内が寒いこの東夷国。

こんな寒さの中でゴミガラクタ片付けの続きを始めようという気にはなれず

ただただ寒い寒いと縮こまっています。

ようやく夜が明けてきていますが、まださすがに毎朝渋滞する目の前の狭い狭い道路も車の音が殆どしていません。

もうしばらくするとすぐ目の前の消防署がやかましい大迷惑騒音を立て始めます。

出動でもなんでもない単なる大音声の騒音を。

 

頭の中は目覚めてはいるけど積極的な意欲というのは寒さに邪魔されて湧いてきません。時間薬に頼るしかない。

 

 

Duane & Gregg Allman / Nobody Knows You When You're Down Out

https://www.youtube.com/watch?v=0zWrxlcfJ3Q



体動きません・・・

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11710421c.html
回想とつぶやき | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
昔話 全開
結婚当時のカルチャー・ショック
コンロの上と大してかわらん
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
せいさんイメージ
せいさん
プロフィール公開中 プロフィール
もう帰れなくなった西宮・阪神間を横浜のはずれから想う。
でもいつか戻って暮らしたかった。
その望みはなくなりました。

そういう者です。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 31 453474
コメント 0 1058
お気に入り 0 19

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<