心はずっと0798

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/seisan

我が西宮と本屋

昔から本屋に行くのが好きでした。

とりあえず夢も希望もない現実を横にどけて本の世界へ行けるから。

BOOK・OFFでもまあまあええけどやっぱり書店。

 

昔私の棲息範囲には書店がたくさんありました。

鳴尾書店・きさらぎ書房・新ことぶきの名前忘れた本屋・甲子園口商店街の本屋さん

アイビー書房・・・。更に高校以降の通学路には旭屋書店・紀伊国屋書店。

2号線沿いにはサン書店。

171まで足を伸ばせば宮沢があり、ショッピング・モールとかに行かなくても

書店はたくさんありました。

今は西宮市内でもすっかり減ってしまって独立の書店はあっても青息吐息なのではないでしょうか。

 

本屋には音楽があり物語世界があり旅がありファッションがあり、

現実の陰鬱さを本当に横にどけて浸れる場所でした。

本屋は宇宙でした。

 

本屋とレコード屋があれば生きていけました、若い頃。

それと喫茶店ね。

西宮は本屋も喫茶店もたくさんある街でした。

 

 

The Beatles - Paperback Writer

https://www.youtube.com/watch?v=yYvkICbTZIQ

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11726204c.html
回想とつぶやき | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
せいさんが風邪の中で
なんだったんだろう あの光景は
噴水の販売機
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
せいさんイメージ
せいさん
プロフィール公開中 プロフィール
もう帰れなくなった西宮・阪神間を横浜のはずれから想う。
でもいつか戻って暮らしたかった。
その望みはなくなりました。
でも夢は捨てません。

そういう者です。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 89 464220
コメント 0 1060
お気に入り 0 19

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<