心はずっと0798

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/seisan

調子悪くても回想はできる

鼻グズグズ息しにくい平衡感覚ユラユラはましになってきました。

鼻はそんなに状態改善してませんが、ユラユラは体が慣れ始めたのかマシになりました。

夜餌も摂ったけど味があまりわかりませんでした。

 

体調おかしい→虚弱児童だった からの連想で昔の明和病院を又思い出してしまいます。

重厚な和洋折衷様式で入口は左右からのスロープがせりあがっていました。

入口から中に入って正面が薬局でした。

薬局のあるゾーンからたしかほぼ左右対称で右へ向かうとさんざん世話になった

小児科や内科があったはずです。

当時の明和病院は外来は全て1階でした。それは今もそうなのかな。

逆に左へ行くと子供心に怖かった手術設備とかだったような気がします。

薬局の向かい側壁沿いには手を洗ったりする水道が約4つか5つタイル貼りの

ところに壁付けで並んでいました。

家では見ないようなクラシックな水栓だったようにおぼえています。

耳鼻科や眼科にもたびたび世話になったはずなんですが位置をおぼえていません。

 

当時(1960年代前半〜半ば)は、まずかかりつけ医の町医者に行きなさいそれから

必要があれば大きな病院総合病院などに回してもらいなさいみたいな締め付けは

なかったので薬教・注射教・大きい医療施設に信仰にちかい感覚を持っていた私の母は明和病院に事あるごとに連れて行ったのでしょうね。

 

照明も今みたいに蛍光灯や類似の電灯類のあの白い青白い無機質な光ではなく

通常の電球が用いられていたような気がします。

雨の日なんかの病院内の感じを思い出すと。

 

 

" My Old Timey Baby  Dan Hicks and The Hot Licks

https://www.youtube.com/watch?v=iVjVvcpDay0

 

 

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11736186c.html
回想とつぶやき | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
噴水の販売機
やっと眠く
又身辺話 西宮と無関係 すみません
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
せいさんイメージ
せいさん
プロフィール公開中 プロフィール
もう帰れなくなった西宮・阪神間を横浜のはずれから想う。
でもいつか戻って暮らしたかった。
その望みはなくなりました。
でも夢は捨てません。

そういう者です。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 137 463656
コメント 0 1060
お気に入り 0 19

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<