心はずっと0798

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/seisan

掃除機のホース 肩にからげて

掲題は何のことかと言いますと、目眩立ちくらみしながら畳部屋に積み上がってた

半袖シャツ長袖シャツ半ズボンナッパ服ジャージ下でできた山を崩して2階の寝部屋に持って上がり、畳の上全体に掃除機かけました。

目眩立ちくらみのまま腰をかがめて掃除機かけたらそのままもんどりうってひっくり返るの確実やったんで座り込んで掃除機のホースを片方の肩に乗せて

かけていたんです。腕の変な場所が疲れましたがホース持ったまま室内でこけて

流血の大惨事になるよりは絶対いいのでそうしました。

 

その後からじっとしてるだけで汗ダラダラ止まらず。たった今もです。

台所に行ってコップに麦茶入れて飲むだけでも汗が激増。

15分くらいサッカーの試合にでも出てたような大汗。

目眩立ちくらみはいよいよ激しい。すわってるだけでも眩みます。

畳部屋にある印刷物や小物を片付けたいけどしんどくてやりづらい。

 

どうなってるんでしょうかこの体。本当に心配になってきています。

このまま息絶えても悪い冗談ではなくおかしくない。

明日は用事があるので困るけど。

 

さて、西宮に飛ばしたままの魂は今どのへん上空にいるのかな。

 

 

フェリシダージ【訳詞付】- ガル・コスタ

https://www.youtube.com/watch?v=fFgolk9oKWA

 

 

 

0:41追記

これではかえって眠れません




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11741185c.html
故郷への想い | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
暗い空
今夜の身辺
さて どないしよ
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
せいさんイメージ
せいさん
プロフィール公開中 プロフィール
もう帰れなくなった西宮・阪神間を横浜のはずれから想う。
でもいつか戻って暮らしたかった。
その望みはなくなりました。
でも夢は捨てません。

そういう者です。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 82 463954
コメント 0 1060
お気に入り 0 19

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<