心はずっと0798

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/seisan

最良のPOPSでした

1984年春頃(4月)、竹内まりやさんの復帰第一作アルバムが出ました。

 

その冒頭に収録されていた曲でシングルにもなりました。

 

竹内まりや もう一度

https://www.youtube.com/watch?v=cBr_1n74nHI

 

 

 

主な演奏と見事なコーラスは夫君:山下達郎氏。

伊藤広規ベース、青山純ドラムスという鉄壁のリズム体の骨格に乗って

広がる世界。素晴らしい。

ほとんどフィル・スペクター・サウンドなトラックに乗って伸びやかに広がる

ヴォーカル。

私みたいな根の暗い人間でも心がスカッとする良曲。

 

当時はアルバムを買わずに貸レコードでカセットにダビングでした。

ほどなく私は初めての車を買い、カー・ステレオのヘビー・ローテーション・アルバムになりました。

車をなんとか手に入れてぐっと行動範囲が広がり生活が少し明るさを持ち始めた頃でした。全面的に明るかったわけではないけどメランコリー成分率の高い私の生活としては明るかった時期でした。

当然走って行く先は大阪ではなく神戸・播州ばかりでした。

 

俺だって明るい気持で生きてたってええんや、という気持になれていた

唯一素敵な時期が我が1984年でした。20代半ばを迎えて。

 

 

 

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11747010c.html
これも好きな音楽 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
いつものように気持が暗い日は
音楽誌の記憶
夢想・妄想
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
せいさんイメージ
せいさん
プロフィール公開中 プロフィール
もう帰れなくなった西宮・阪神間を横浜のはずれから想う。
でもいつか戻って暮らしたかった。
その望みはなくなりました。

そういう者です。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 95 439835
コメント 0 1044
お気に入り 0 19

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<