阪急沿線文学散歩

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/bungakusanpo

二テコ池の周りの林がまたしても消えていく

 西宮市内のグリーン地帯は次々と削られ、住宅地に転用されてきました。
『火垂るの墓』の舞台となった満池谷のニテコ池の周囲もその例に漏れません。


 一昨年だったでしょうか、光雲荘の北側にあったアメリカ領事館邸跡地に高級マンションが完成しました。


今朝、久しぶりに散歩して、東側に残されていた林もいよいよ今年で消え去ることがわかりました。


約8300平米の林が消え去り、対岸と同じ不動産会社のマンションとなるようです。


今年の8月から工事が始まり、完成はH30年5月。


野坂昭如が小説『火垂るの墓』で「ニテコ池を見下ろす丘」と書いているのは、満池谷墓地ではなく、この林のことではないかと、私が異論を唱えた場所です。

この丘に切通し道ができたのは、私が小学校の時でしたが、そこには戦時中作られた、軍部の大防空壕がありました。

上の写真は昭和23年の米軍による航空写真です。
そして、下は現在の航空写真。

ニテコ池の周りでは一番大きな林ですが、これが消え去るのです。

工場立地法では、一般企業に対し緑地面積率が厳しく定められており、簡単に木を伐採することもできず、緑地を他に転用すると、必ず新たに緑地を作る必要があります。
市町村にもこのような規制が必要な時代になっているのではないでしょうか。

窓からはどんな景色になるのでしょう。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11413152c.html
満池谷 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

池越しに甲山と配水塔と緑を撮るいい撮影スポットだったのですが残念。
このマンションの北側の部屋は浄水場の桜が見えることがウリになるような
チラシになるのかな?と勝手に想像してしまいます。

[ にゃんこ ] 2016/06/05 9:22:46 [ 削除 ] [ 通報 ]

ニテコ池からあの緑が消えるのは残念としか言いようがありません。完成はまだ先のようですが、どんなチラシになるのでしょう。「窓から広がる『火垂るの墓』の風景!」では買う人がなさそうです。

[ seitaro ] 2016/06/05 10:30:45 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

満池谷界隈の桜

 桜も散りはじめました。名残惜しい今年の満池谷町界隈の桜です。


高橋誠之助『神様の女房』のエピローグからです。

<晩年の松下幸之助、むめの夫妻が愛したのは、二人で家の近くを散歩することだった。ちょっとした時間ができると、近くのニテコ池と呼ばれる、森に囲まれた周囲三キロほどの人工池を訪れた。あたたかな陽射しが降り注ぐ春になると、二人の姿がたびたび見られた>
 幸之助、むめの夫妻が愛した桜です。

越水浄水場の枝垂れ桜。

野坂昭如が実際に暮らした横穴豪があった満池谷町の桜も見事です。

このあたりの静かなお屋敷街の立派な桜。

 最後に赤瀬川原平『仙人の桜、俗人の桜』から、日本人の桜好きをよく表した文章を引用させていただきます。
<桜はつくづく好きだ。桜そのものを見るのが好きだし、桜のイメージが好きである。入学式や始業式の桜の記憶、桜は美しい世界を切り開くカーテンのように印象される。昔の引札や錦絵の中の桜、観光絵葉書の人工着色写真の中の桜などは、ほとんどそのままユートピアだ。この世に一瞬の空中温泉、春の一瞬の大浴場、それに酔ったと思ったらサッと消えて、そんなことがまるでなかったみたいに夏がくる。こんな風に感じるのはやはり日本人のせいだろうか。>

桜も次の日曜まででしょうか。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11379269c.html
満池谷 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

どの写真も桜が綺麗で癒されます…^^

[ 篠崎駅 床屋 ] 2016/04/09 5:20:12 [ 削除 ] [ 通報 ]

思わぬところからコメントいただき、ありがとうございます。

[ seitaro ] 2016/04/09 6:40:58 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

大晦日の広田神社へ

 好天に誘われ、久しぶりに広田神社へ向かいました。

 

 いつも心を和ませてくれる二テコ池と甲山。戦時中あの上空を戦闘機が飛んでいたとは信じられない平和な風景です。

 


途中、越水墓地の六地蔵様にお参り。


1904年の12月4日、リチャード・ゴードン・スミスが狩の途中に立ち寄ったところです。

 


110年前は林に囲まれていたようです。

 


ようやく広田神社、沿道の屋台の準備も進んでいました。今晩は多くの参拝客が訪れることでしょう。

 

さすが辰馬酒造の阪神タイガース菰樽が一番上に。金本阪神はどうなることでしょう。

 


今年一年、文学散歩にお付き合いいただきありがとうございました。
皆様、良いお年をお迎えください。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11317771c.html
満池谷 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

松下幸之助夫妻の散歩道、ニテコ池の桜

 高橋誠之助氏は『神様の女房』のエピローグで次のように述べています。
<関西有数の桜の名所、夙川は松下幸之助、むめの夫妻がこよなく愛した場所でした。春になると、私の足はついつい夙川の街に足が向きます。忘れがたい思い出が次々に浮かんでくるからです。>


 夙川の桜は去年も綺麗に咲き誇っていました。


 幸之助氏はさくらが好きだったそうで、松下電器本社の周囲には八重桜が植えられていたそうです。晩年の姿は次のように描かれていました。
<病院に戻る途中、もう一度、松下電器本社の前を通った。八重桜はいっそう咲き誇っている。(まるで幸之助さんを見送っているようやな)
 むめのは思った。幸之助とむめのは、桜が大好きだった。毎年、春になると自宅近くの夙川の桜並木に必ず繰り出した。>

 

 門真市の旧本社跡地は2006年4月に総面積16,200平方メートル、ソメイヨシノ190本を配したさくら公園として、開園されています。

<晩年の松下幸之助、むめの夫妻が愛したのは、二人で家の近くを散歩することだった。ちょっとした時間ができると、近くのニテコ池と呼ばれる、森に囲まれた周囲三キロほどの人工池を訪れた。あたたかな陽射しが降り注ぐ春になると、二人の姿がたびたび見られた。>

 1990年前後のことでしょうか。昔はニテコ池の周りの桜も立派でしたが、震災で倒れてしまったからでしょうか、かなり少なくなりました。


ニテコ池の周りで一番立派に見えるのは、名次庵の桜です。

4月にはこのあたりの案内をさせていただく予定で、今年の名次庵の桜も楽しみです。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11178631c.html
満池谷 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

名勝名次山の一本松と光雲荘、旧松下正治邸

 高橋誠之助著『神様の女房』を読みながら、今や松下家がほとんど買い占めたと思われる、古には名次神社の境内地であった名次山のあたりを散策しておりました。

 

ここには24時間公道にガードマンが立ち、アメリカ領事館邸並みの警備がなされています。下の写真の右手が光雲荘の白壁、左手は松下正治邸でした。

婿養子だった正治氏については、『神様の女房』で次のように述べられています。
<婿養子正冶は、日本画家である伯爵、平田栄二の次男として、大正元年に生まれ、東京帝国大学法学部卒業とともに、三井銀行に入った華族出のエリート銀行員だった。>


 戦前の華族と平民の結婚は大変だったようで、対応に西宮市役所もてんてこ舞いだったようです。
<結婚にあたっては、むめのには心外なことがたくさんあった。宮内省は松下家の家族、親族、財産にいたるまで、詳細な調査を行った。西宮市役所を訪れた宮内省の役人は、市役所始まって以来と言われるほど、徹底的な調査を行った。>
 ようやく、婚約は成立し、当初は正治、幸子の新居は光雲荘の二階部分にあつらえられたそうです。

 


NHK土曜ドラマスペシャルで放映された光雲荘の応接間でのシーン。写真背中が常盤貴子演じるむめの夫人、左が中西美穂演じる娘の松下幸子、そして右が渡辺大演じる娘婿松下正治氏です。

 上から二番目の写真の私の記憶で松下正治邸だったところ、表札を見ると今は亡き正治氏に替わって、長男松下正幸氏の表札になっていました。Wikipediaによると命名は正治が家長であった幸之助に名づけを依頼した際、「正治の“正”と幸之助の“幸”から一字ずつ取ったらええがな」という幸之助の言葉からだそうです。

 光雲荘跡と松下正幸邸との間に大きな一本松が聳えています。

 

その根元には「古跡 名次神社」と刻まれた石碑がありました。

 

 明治末期までこの名次山は名次神社の境内地であり、明治41年に神社はその北端に移されたそうです。


 ところで私は名次山の一本松と思っていたのですが、先日西宮市役所東館8階情報公開課 歴史資料チームで開催されていた歴史資料写真展で見せていただいた写真。二本松でした。現在は北側の一本が消えています。


随分古いTV番組で、ロミ山田さんが出演された「淳二のスターふるさと自慢」の映像でも、既に一本松になっていました。

 

名次山の二本松が一本松になってしまったのはいつからのことでしょう。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11176913c.html
満池谷 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

高橋誠之助著『神様の女房』に登場する名次庵

 高橋誠之助著『神様の女房』に、むめのさんのお見送り風景が描かれていました。
<社業から離れたむめのには、ようやく多少の時間のゆとりが出てくるようになった。今度は家を守る役割となり、さらに西宮に住居を移すことになり、むめのは、ひとつ決めていたことがある。それは、運転手付きの車で出て行く幸之助を、毎朝必ず見送ることである。「行ってらっしゃい」朝七時、光雲荘の門の前で、執事や女中たちとともに、全員で深々と頭を下げて、幸之助を見送る、むめのの姿があった。>


この玄関前でお見送りしたのは、戦前までのことのようです。


<送るのやったら、玄関ではあかん。門まで行かないと。」玄関先で主人を見送るやり方もあるのかもしれない。だが、それはむめのの真意に反した。仕事をしている主人を立てる、というなら、仕事に出る主人を見送るのは当然の発想だった。「玄関はまだ外やない。一緒に外に出て、送るのが見送り、いうもんやないか」
それがむめのの考えだった。大邸宅である。玄関から門までは、かなり歩かなければならない。だが、せっかく造った光雲荘も、夫婦で住んだのは二年ほどだった。>

写真の正面が正門と土蔵を残すニテコ池に臨む光雲荘跡です。


<戦後、光雲荘のすぐ近くに新たに邸宅「名次庵」を建てた。後に日本一の長者と言われる家にしては、質素な家だった。しかもこの家は、自宅から門までは急な階段を上り下りしなければならなかった。だが、夏の暑さも、冬の寒さも、雨の日も雪の日も、むめのは門の外で幸之助を見送った。>

 名次庵は光雲荘の北側にあります。ニテコ池側から見た名次庵、私などからすると決して質素な家には見えません。朝はこのガレージから尾翼付きのキャデラックが出され、運転手が羽毛はたきでピカピカに磨いていました。五十年以上前の記憶です。

西側の通りに面した名次庵。

むめのさんはこの階段を上り下りし、毎日お見送りをされたようです。
今はどなたがお住まいなのでしょう。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11175893c.html
満池谷 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

高橋誠之助著『神様の女房』に登場する光雲荘

 アニメ『火垂るの墓』や『とむらい師たち』に登場するニテコ池の光雲荘。


 当然ですが高橋誠之助著『神様の女房』には松下邸として建築された当時のことが詳しく述べられています。


 松下幸之助がちゃんとした家を建てようと決めたのは昭和10年のことでした。300年はもたしたいとむめの夫人に伝えます。
<「なんで300年ですの」「おそらくこれからの300年も先には、世の中がどんな建築になっているかわからない。ただ、そのときの日本の建築でも、日本建築というものが、いろいろな形で、吟味されたり、参考にされたりすることがあると思うんや。そのときに、十分参考にできるような建物を建てておきたい」>という意向でした。


さらに『神様の女房』から続けます。
<昭和12年の春に着工、14年の秋にほぼ完成し見た兵庫県西宮市の大邸宅は、ほとんどむめのが建築を主導することになった。幸之助の意をくみ取り、現場で細やかな指示を出し、現場監督を務めたのがむめのだった。‘理想の屋敷を完成させるには、少しでも問題があったらあかん。幸之助さんの思いが詰まってるんや。しっかり目を光らせないと。’
 この屋敷は「光雲荘」と命名された。光雲は、「あんたぐらいになったら、そろそろお茶くらいできんとあかん」という阪急グループの総裁、小林一三のアドバイスで始めた、幸之助の茶室の庵号である。新築披露には、近衛文麿、小林一三などが招待され、裏千家家元が茶室開きを行った。幸之助はこのとき、習いたての茶道を披露している。部屋数二十数余の中心にはむめのの居室が配置され、幸之助の主人室の脇から、全屋敷が目配りできる工夫がなされていた。>

 

 光雲荘は2008年のパナソニック創業90周年を機に,枚方市の同社研修施設内に移築・復元され、現在は正門だけが残されています。

 


 写真は枚方に移築された光雲荘と庭園ですが、『神様の女房』ではオリジナルの庭園について、次のように描かれています。
<宴席が行われる広間からは、日本庭園が見渡せる。縁側に続く流水を伴った庭は緑の木々に囲まれ、代理店の社長たちはその壮麗な雰囲気に驚きの声を上げた。「もとは赤松の林の真ん中に設けられた庭園です。沓脱ぎには、巨大な鞍馬石が二個、深く埋まってます」幸之助の説明に、ほぉーっと声が上がる。ため息の出るような見事な庭園だった。>

 

 光雲荘の完成からわずか二年後の昭和16年に太平洋戦争に突入、松下幸之助は戦時下での会社で仕事に没頭するため、終戦後のしばらくに至るまでの13年間、光雲荘に住まず、むめの夫人が屋敷を守ることになります。
<幸之助のいない間、光雲荘を託されたのが。むめのだった。空襲を逃れるため、自慢の白壁も黒くぬりつぶされた。>

 

 写真の右側の光雲荘の白壁は戦時中黒く塗りつぶされていたようです。

<激しい爆撃音が、鳴り響いていた。日本は都市部を中心に、空襲によって焦土と化した。むめのが守ることを命じられた光雲荘があった西宮も例外ではなかった。ところが。奇跡的にも、光雲荘は無事を守り通すことができた。しかし、戦中、戦後を通じて世情は殺伐としていた。「ここは、盗っ人に目をつけられやすいお屋敷や」不安を募らせたむめのは、一計をめぐらした。寝室を、母屋続きの土蔵に移したのだ。「これなら泥棒さんも寄り付けまへんやろ」さらに用心を重ねたむめのは、枕辺に小銭を用意して、泥棒への土産に備えたりしたのだ。>

母屋続きの土蔵とは移築前の航空写真で見ると、左上にありますが、この土蔵は現在も残されており、名次山を歩くと見えています。
むめのさんの用心深さは子孫にまで引き継がれているようで、このあたりの路上ではしっかりガードマンが夜昼となく不審者を見張っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11174876c.html
満池谷 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

満池谷の貯水池を見下ろす会社社長の住宅を舞台とした『とむらい師たち』

 小松左京が野坂昭如の思い出の二テコ池を埋立ててSEXPO’69を開催するという『SEXPO’69<野坂昭如ふうに>』という小編を書いていることを紹介しました。一方、野坂昭如も『火垂るの墓』の発表の前年に満池谷を舞台にした『とむらい師たち』という小説を書いているのです。


 仲間と葬儀社を起こした主人公は、死顔がもっている威厳と迫力に魅せられ、大阪万国博に対抗して葬儀博覧会開催を思い立ちます。その資金を作るためデスマスクの展示会を続けるうちに、これを御神体とする新興宗教「死顔様」を設立するのですが、小説の最後では主人公「ガンめん」が新興宗教の教祖となる死顔様に祭上げられます。
<二年後、死顔様は、西の宮満池谷の貯水池を見下ろす高台に本拠をかまえ、といってもそれまで会社社長の住宅であったのを提供されたので、特に宗団らしい構えはなく、ただ見事に手入れされた庭園を通って玄関へ入ると、すぐ四つの部屋をぶち抜いた板敷きがあり、その奥にいちいちうす絹で包まれたおびただしいデスマスクが飾られ、それを背負って、白装束のガンめんが座っている。>
「満池谷の貯水池を見下ろす高台」の「会社社長の住宅」とは光雲荘でしょうか。

二テコ池の畔にあった元アメリカ領事邸は取り壊され、現在はマンションが建てられていますが、その向うが光雲荘です。

 


 

現在の光雲荘の表門です。


光雲荘の裏門に上る坂道はアニメ『火垂るの墓』にも描かれています。

 

光雲荘は昭和14年に建てられましたが、母屋は2008年のパナソニック創業90周年を機に、枚方市の同社研修施設内に移築されたそうで、現在二テコ池の畔に残っているのは外郭だけでしょうか。


 光雲荘について高橋誠之助『神様の女房』で次のように述べられています。


<この屋敷は「光雲荘」と命名された。光雲は、「あんたぐらいになったら、そろそろお茶くらいできんとあかん」という阪急グループの総裁、小林一三のアドバイスで始めた、幸之助の茶室の庵号である。新築披露には、近衛文麿、小林一三などが招待され、裏千家家元が茶室開きを行った。>

 

 だいそれたことに、野坂はここを新興宗教の本拠とイメージしたのではないでしょうか。ここで教祖自ら死顔のご本尊となる行事、すなわち棺の中で二十一日間過ごして、一度死んで甦ったことにし、教祖からさらに高い地位へ神格化させる行事をとり行うことになります。
 信者達が掘った墓穴に<水や空気の入るようにしてもろて、まあ、くたびれたらそっと抜け出るくらいのしかけはつくって。>入れてもらおということになりました。
「ちゃんと出られるんやろうな」という心配には、<「平気ですよ、穴が完成したら、二人で横穴掘ってすぐ横の茶室へ抜けられるようにしときましょ」>となります。
 いよいよ儀式を執り行い、ガンめんは何日たったか忘れるほど暗闇の中にすごして、手筈どおり横穴からすぐ横の茶室へ。なんとか地上へ抜け出します。
しかし<とたんにハッと、これは戦災のにおいや。どないしてんと体をずり上げ見わたせば、教団の建物は影も形もなく、庭一面に草の一本すら見えず眼前に広がる平地に一軒の家も木立も消えて、山肌は赤くただれ、ただしんかんとしずまりかえり、貯水池の水の上におびただしい材木のむれが重なり合ってうかんでいる。「地震でもあったんか」それにしては人一人もおらんし、とにかく、ようみてみよと倒れた石の塀をまたいで…………>


まるで阪神淡路大震災後の二テコ池の姿を予見したかのような光景が描かれています。
しかし、小説では阪神国道まで続くもっと悲惨な光景が描かれています。
<水爆の炎が地球を灼いたとは露知らず……>と最後は、ガンめんが地中に隠れている間に水爆が落ちて、出てきたら世界が消滅していたという結末でした。


 水爆の結末については、戦争を体験した野坂の原爆恐怖症が書かしめたようです。『わが桎梏の碑』にも、「爆発音の後遺症」として

<朝鮮戦争の戦火は必ず米ソの対立となり、米軍基地の数多くをひっかかえた日本列島はソ連の原爆目標となろう、ぼくはその足で、上野駅へ向い、越後湯沢へ逃げた。>
<ぼくはじっと、東京が、もう一度、「なくなってしまう」のを待っていた、一面の、徹底的に滅びてしまった跡を、歩きまわりたかった、「いやぁ、えらいこっちゃなぁ」「ほんま気の毒に」と、つぶやきつつ。>
<時、場所、自分の精神状態と関わりなく、大きな爆発音の予感に、周辺が白っぽくみえてしまうのは、「原爆恐怖」あるいは、「待望」の後遺症に違いない。>
と『とむらい師たち』と同じ光景を書いています。
 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11031994c.html
満池谷 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

小松左京の傑作パロディ 満池谷が舞台の『SEXPO’69<野坂昭如ふうに>』

 野坂昭如と小松左京の親交はかなり深かったようです。

グラフにしのみや’69 満池谷再訪より)

 

野坂昭如は『火垂るの墓』で小松左京の戦争中の神戸一中時代の姿を描いており、小松左京は野坂昭如の思い出の二テコ池を埋立ててSEXPO’69を開催するという○○師シリーズのパロディ版を書いていました。

(グラフにしのみや’68 なつかしい夙川より)


『SEXPO’69<野坂昭如ふうに>』初出は原題『小説万国博』漫画読本1968年2月号。文体も確かに<野坂昭如ふう>、テンポよく、読点だけでつながる、とんでもない長い文章で始まります。
 物語は大阪ミナミの喫茶店にあやしげな仕事をやっている連中が集まっているところに、「社長」というあだ名の土建屋が入ってきて、地図を広げるところから始まります。

<「知ってはりまっしゃろ。阪神間ニ四の宮、宿川の上の方にある曼血谷(まんぢだに)ちゅう所、あそこに水源地がふたぁつある。今度上の方に大けい水源池がでけることになった。この古い池、土手も年代もンであぶないちゅうんで、埋立てることにした。わいの事務所がその仕事うけおうたんやが、古い池のことやさかい、市の方でもあとすぐ宅地にちゅうわけにも行かんようや。しばらく地固め期間にあそばしとくのも勿体無いから、何ぞその間だけでも、ええ使いみちないかな。−いや、ただで知恵は借りまへん。アイデア採用となったら、そこそこの御礼はさせてもらいまっさ」>と話を持ち込んできたのです。
 西宮は「ニ四の宮」、満池谷は「曼血谷」、夙川は「宿川」となっており、三つの池がある二テコ池も二つに変えられています。現在は西宮の水源は大半を淀川に依存しており、ニテコ池は非常用水源として確保しているだけで、越水浄水場も水の分配基地として使われ、もう浄水という機能はなくなっているそうです。


 二テコ池の埋立て話については、野坂昭如もアドリブ自叙伝で次のように述べています。


<故郷があまりにかわらない姿のままで在れば、恥ずかしい記憶、辛い思い出ばかりを、そこに持つものはいたたまれない気持ちになる。ニテコの池は、今、上水道の水源池としては使用されていないらしい。埋め立てるという話を聞いたけれど、一面において、この三十四年間ほとんど変わらない風景を、ぶちこわしてくれと、思いながら、また、冗談じゃないと、できることならあたり一帯買いとって、永久に保存したい気持もあるのだ。>
昭和40年代に二テコ池を埋立てようという話が本当に持ち上がっていたのでしょうか。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11029834c.html
満池谷 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

野坂昭如と宮崎翁とのエピソードもいつか書きたいと思っています。その話を聞いてわたしは、世間で知られていない野坂の人柄に感心しました。ちょっとしたことですので、連載一回分には足りず、何かの時に書き込もうと思っているのですが。

[ akaru ] 2014/04/16 15:11:58 [ 削除 ] [ 通報 ]

そのようなおつきあいまであったのですか。そのお話も大変楽しみです。

[ seitaro ] 2014/04/16 21:08:23 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

昭和11年の大社小学校付近(吉田初三郎西宮市鳥瞰図より)

 見覚えのある白い大社小学校の校舎が描かれています。

 小松左京は昭和12年、大社小学校に入学しましたが、すぐに安井小学校に転校しました。小松左京の「威風堂々うかれ昭和史」で校歌について<校歌は安井小学校のほうが、メロディも歌詞も、はるかによかった。>

更に<大社小出身者には悪いけど、まったくと言っていいほどおぼえていない。それに比べれば、安井小学校校歌は。メロディも優美だったが、なにしろ、歌詞があの薄田泣菫作だったからね。>と述べているのです。

この校舎は現在残っておりませんが、戦争中は目立たないよう白い外壁は黒く塗られていたそうです。


二テコ池周辺を見てみますと、まだ光雲荘(旧松下幸之助邸 昭和13年築)も建てられていません。

名次神社だけが目を引きます。


境内には名勝名次山の石碑があります。

社頭掲示板には
「名次山はわが国最古の歌集万葉集巻3に「吾妹子に猪名野は見せつ名次山角の松原いつか示さむ」高市連黒人によって詠まれ、すでに1200年の昔より、名勝地として名高く現名次町は古昔の名次山であり明治末期まで当神社の境内地でありました。かって当神社は名次山中央の景勝地に鎮座されていましたが、明治41年5月その北端の現位置に移転されました。」と書かれていました。

 ところで西宮市鳥瞰図全体を見渡しても、桜の花が描き込まれているのは、震災記念公園(旧満池谷公園)から越水浄水場のあたり、神呪寺から甲山88ヶ所巡りの道あたりだけで、夙川沿いに描かれているのは松並木だけでした。浄水場は大正13年に建設され、その時から桜の木を植え、桜の名所としようとしていたそうです。
田辺聖子は浄水場の桜について、次のように述べています。
<満池谷の桜は、山あり水ありで野趣にとりかこまれているせいか、大変ひなびた風情にみちており、すがすがしい。それを包む阪神間特有の温暖な空気の肌ざわり、高台だから頭上に広がる天空が、打てば響くように朗々とすんでいるのもいい。浄水場を桜で埋めるというアイデアは楽しく美しい。こんなに手軽に来られる花見の名所を知らずに過ごしたのは惜しかった。>

 

 次に目を見張ったのが、越水城跡です。


大社小学校の南西角に越水城跡の石碑が立っていますが、これは北東約200mにあったものを移設したものとの説明があり、鳥瞰図の位置が城郭の中心だったようです。

この一帯には昭和30年までは石積み遺構や曲輪が残っていたそうですが、昭和30年以降急速な宅地化が進んで越水城の遺構も消滅してしまったとのこと。私も小学生の頃、越水城のお話は聞いたことがありましたが、遺構は跡形もなく、お城の想像などとてもできませんでした。


写真は越水城の城郭があったあたりからの眺めです。


 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11022434c.html
満池谷 | コメント( 3 ) | トラックバック( 0)

建物が黒く塗られていたのは覚えています。戦後もしばらくはそのままでしたので。用海小学校の校舎も、今もある多聞ビルもそうでした。

[ akaru ] 2014/04/02 18:40:23 [ 削除 ] [ 通報 ]

見られたことがあるのですか。私は小学生の時、学校の近くに住む友人のお母さんのお話でお聞きしました。その時は小学生なりにショックでした。

[ seitaro ] 2014/04/02 21:42:22 [ 削除 ] [ 通報 ]

ベッタリと黒いのではなく、まだらでした。迷彩のつもりだったのでしょうか。浜脇小学校もそうでしたので、他のビルもそうだったんでしょうね。

[ akaru ] 2014/04/02 23:36:31 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
seitaroイメージ
阪急沿線の街にゆかりのある小説や随筆、アニメの舞台を訪ね、当時の景色や登場人物に思いを馳せるセンチメンタル散歩です。震災以降、街並みは大きく変わりましたが、歴史ある美しい景観を守る一助になればと思っています。

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<