阪急沿線文学散歩

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/bungakusanpo

夙川カトリック教会でテレマン・アンサンブルのチャリティコンサート

 夙川カトリック教会で5月21日(日)にバザーとともに、テレマン室内オーケストラによるチャリティコンサートが開催されました。


 I.J.プレイエルのヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲ハ長調から始まりましたが、今回は馴染みのある曲ばかり。

 延原武春氏の軽妙なおしゃべりと曲目紹介です。

ルロイ・アンダーソンのフィドル・ファドル、ジャズピチカート、ブルータンゴなども演奏いただき、さらに延原武春氏も演奏に加わったオーボエ・コーナーでは、星に願いを、浜辺の歌、初恋なども。

 前回はこの聖堂で、ヘンデルの「メサイア」をお聴きし、荘厳さにうたれましたが、今回は楽しい曲ばかりでした。

わずかばかりの献金をさせていただき、教会をあとにしました。楽しいひと時を、ありがとうございました。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11606326c.html
夙川 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

夙川カトリック教会聖堂地下ホールがブスケホールと名付けられていました

 夙川カトリック教会の地下ホールは、戦時中海軍療品廠となり、須賀敦子さんが薬の整理に従事した場所でもあります。


その部屋が、今年の3月に夙川カトリック教会の創立者であるブスケ神父の名をとって「ブスケホール」と命名されました。



 5月21日(日)には恒例のバザーと併せて、「シルベン・ブスケ師展」が開催されており、訪問いたしました。


ブスケ神父に関わる貴重な写真や資料、映像が大石輝一画伯が描いたブスケ神父像とともに展示されていました。

(上の写真は昨年夏芦屋市民センターギャラリーに展示されたブスケ神父像の前で)

 1943年北野教会の主任司祭を務めていたブスケ神父は憲兵に捕らえられ、3月に亡くなり、服部霊園に埋葬されていましたが、戦後満池谷墓地のキリスト教区に改葬されることになります。
 神父の死後6年を経て、1949年に信徒たちが神父の墓を掘り起こし、遺体を夙川教会に安置し、田口司教によるミサが捧げられた後に、満池谷墓地のキリスト教区に葬られたのです。

満池谷墓地キリスト教区のブスケ神父の墓所


その時の貴重な写真が展示されていました。

戦時中憲兵隊に連行され拷問を受けたメルシェ神父の姿も見えます。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11605915c.html
夙川 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

もう夙川に蛍が乱舞していた!

 ここ数年、6月になって苦楽園太郎さんのブログの夙川の蛍の飛び始めの情報を頼りに、蛍を見にいっていました。
 ところが今日(5月19日)21時ごろ、阪急苦楽園口駅から苦楽園口橋を渡って家に帰ろうとしている時に、蛍が飛んでいるのが目に飛び込んできたのです。


直野祥子さんの『夙川ひだまり日記』によると、

<昭和三十年代までは、夙川も水遊びができるきれいな川でした。メダカを追いかけたりカワニナを集めたり、さらさらの砂が足の指をとおりぬけました。それより前は蛍がたくさん飛んでいたそうです。>
と、書かれているように、昭和30年代以降になって蛍はいなくなったのです。

 その後、下水道も整備され夙川の浄化も進み、5,6年前からなのでしょうか、おそらく地元の方々の努力により、チラホラ蛍が見れるようになりました。


 今日乱舞とは少し大げさですが、蛍が舞っていたのは、赤矢印で示した苦楽園口橋の直下から上流にかけてです。


griさんのイラストを拝借しました。
http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061426/p10738869c.html

 苦楽園口橋といえば、宮本輝の『にぎやかな天地』の挿画で描かれているように、自動車が頻繁に通る橋です。

こんなところに蛍が戻ってきてくれたとは驚きでした。
そして、今年はなんでこんなに早く蛍が飛び始めたのでしょう。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11604553c.html
夙川 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

雨に煙る夙川公園の桜並木

 昨日は朝から小雨が止まず、昼間も雨もよいの空のままでした。

しかし、夙川公園の桜は満開。

このタイミングを逃してはと早朝から散歩。

甲陽線鉄橋から夙川公園を下ってみました。

天候のおかげで、人影はまばら、ゆっくり花見をさせてもらいました。

静かな夙川公園です。

今朝はそろそろ陽射しもでてきましたので、多くの花見客で賑わうことでしょう。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11585116c.html
夙川 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

桜の名所は多々ありますが、近しい処のさくらは親しみを感じます お天気のせいでしょうか、少しもやいで見えますね
お写真有難うございました。

[ チエリー ] 2017/04/10 17:31:16 [ 削除 ] [ 通報 ]

チェリ―さん、コメントありがとうございます。
今年は満開になってからは雨ばかりで残念ですが、反面、静かに桜を楽しむことができました。

[ seitaro ] 2017/04/11 22:29:23 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

さくら祭りで公開されていた山本清記念財団旧山本家住宅へ

 桜はまだちらほら咲きですが、好天に恵まれた4月2日・日曜日、夙川の人出は驚くほどでした。


 さくら祭りにあわせて、国の登録有形文化財に指定されている旧山本家住宅が公開されており、訪ねてみました。

 この建物が建てられた昭和13年、夙川が阪神間モダニズムを代表する高級住宅地として開発されていた時代。阪神淡路大震災にも倒壊せず、当時の高級住宅の佇まいが山本清記念財団により良好に保たれています。
 県道82号線に面した表門の右隣に見えるのは門衛所です。

竣工時の写真が展示されていました。県道82号線を挟んで手前の、現在は浦邸と、にこにこ桜保育園のある場所はまだ畑が広がっています。旧山本邸の背後にはマンションなどもなく、夙川の松林が見えています。

宮っ子「ええとこ西宮」の記事も展示されていました。

 玄関から入って見ましょう。

玄関の上の南東側の外壁は柱を壁面に露出させたハーフティンバー式の洋館風になっています。

玄関を入った右手にある応接室(竣工時の写真)。階段手摺も立派です。

客間には山本清氏がとみゑ夫人と共に蒐集した美術品を展示されています。

マントルピースは大理石でできており、ゆとりのある生活が伺えます。

一階の南縁側から見える庭です。

一階の書院造の和室です。(竣工時の写真)

掘りごたつのある一階茶の間。見えているのは中庭です。

昭和13年当時の台所ですが、モダンなデザインです。

二階の洋間です。

窓からは向かいの吉坂隆正設計の浦邸とにこにこ桜保育園が見えています。

二階の洗面所には竣工当時からの湯沸かし器が残されていました。

庭から見る和洋折衷の主屋。


主屋と庭を挟んで南側にある茶室です。



旧山本邸に入って見ると、さすが400坪の敷地で、思ったより広く、庭の樹木なども美しく、馬酔木の花など愛でてまいりました。
阪神間モダニズムの時代の生活を窺がえる貴重な文化財でした。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11581894c.html
夙川 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

東郷青児が昭和7年パインクレストホテルに逗留していた理由は?

「夙川地区100年のあゆみ」を読んでいますと、殿山町のパインクレストホテルに昭和7年から1年ほど東郷青児が滞在したことが書かれていました。

<その頃まだ画家としては売れていなかったんです。家賃を払うためにせっせとアルバイトをしていたそうです。近所の実業家の別荘で賭けマージャンをして、お金を稼いでいたという話も残っていますよ。>とも書かれています。

 東郷青児と云えば、谷崎潤一郎にもはるかに勝る自由奔放でスキャンダラスな女性遍歴で有名です。

 田中譲『心寂しき巨人東郷青児』によりますと、昭和4年に既婚のまま2月に中村修子と結婚披露宴を挙げ、3月に愛人の西崎盈子(みつこ)とメスで頸動脈を切り、ガス自殺をはかりますが、救出され、昭和5年の春ごろから宇野千代と同棲を始めています。

 宇野千代の『色ざんげ』は同棲時代に東郷青児が西崎盈子と起こした心中未遂事件を男の口から一人称で語らせる内容で発売当時は相当の反響を呼んだそうです。

(『色さんげ』の英語版と『宇野千代 人と作品』の英語版)
 そして昭和10年に宇野千代と別れ、情死未遂事件の相手、みつ子と翌年結婚しているのです。

 そうすると『夙川地区100年のあゆみ』に書かれている昭和7年に滞在していたという記述が正しいとすると、宇野千代と同棲中の話であり、何があったのでしょう。
 昭和6年に二人は渋谷に近い淡島に超モダンな白い家を建てて移っているのですが、かなりの借金をして建てたそうです。
宇野千代が短編小説『未練』にその家のことを書いていました。
<見掛け倒しの張子建築であるが、それだけに建てた当座の二人のお得意さは大したものだった。大抵のことはこの家のために我慢した。建築費未払いのために、請負師が暴力団をよこして、玄関の扉も窓ガラスも、みんなひっぺがすと言って脅かしたこともある。>
 昭和7年というのはどうもこの時期に当たり、東郷青児は借金取りの追いたてを避けてパインクレストに移ってきたのではないでしょうか。

 さらに調べていると、東郷青児と西宮のかかわりはもっと古く、大正9年の最初の結婚相手の永野明代(はるよ)さんが西宮のご令嬢だったのです。そのお話は次回に。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11562686c.html
夙川 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

カトリック夙川教会聖堂での日本テレマン協会 定期演奏会「メサイア」へ

 11月3日は天気も良く、夙川を散歩しながらカトリック夙川教会へ。


お目当てはカトリック夙川教会ゆかりの延原武春氏の指揮による定期演奏会「メサイア」です。

ソプラノ/浅野純加,渡辺有香 アルト/薬谷佳苗,塩見典子 テノール/新井俊稀 バス/篠部信宏 管弦楽/テレマン室内オーケストラ 合唱/テレマン室内合唱団によるもの。

 演奏会が始まるのを待つ間も、久しぶりに聖堂の荘厳な雰囲気に浸ることができました。


全編聴くのは初めてでしたが、聖堂で聴くメサイアはやはり格別なもの。
投影された歌詞の和訳の助けもあり、2時間45分におよぶ大作をじっくり楽しむことができました。

延原武春氏も益々お元気そうです。

40年近く前、夙川教会で練習するテレマン室内管弦楽団


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11498428c.html
夙川 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

南郷町の洋菓子店のあとに、familiar PRESCHOOLができていた!

 南郷町の県道82号線に面したところにオ・タンプル・デュ・グゥ (au temple du gout)という、洋菓子店が閉店してかなり経ちました。


 自宅が近くなので、会社帰りの閉店間際に伺うと、時々サービスしていただいたりして、お気に入りの店だったのですが、閉店は残念でした。

 数か月前から、何やら改装工事が始まっており、何ができるのかと心配しておりましたところ、カラフルな外装に「familia PRESCOOL」というプレートが目につきます。

帰って調べてみると、9月familiar PRESCHOOLの2園目が開園するそうです。
https://www.familiar.co.jp/news/preschoolshukugawa.html

 昨年東京・白金台に開園したfamiliar PRESCHOOL白金台に引き続き、関西地区では初のPRESCHOOLだとか。白金台の次に選ばれた場所が南郷町とは驚きです。

 確かに、おなじ南郷町の県道82号線沿いには、国の登録有形文化財の旧山本家住宅やル・コルビジエのアトリエに勤務し、彼の建築様式を受け継いだ吉阪隆正が設計した浦邸があり、ふさわしい場所だったのでしょうか?


 ファミリアは、ひょっとして、秋から始まるNHK朝ドラ「べっぴんさん」に開園時期をあわせたのでしょうか。朝ドラとともに、この保育園も話題になるかもしれません。
 しかし、ここに通わせるとなるといくらかかるのでしょう?
あとはお迎えの違法駐車が心配。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11455411c.html
夙川 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

メルシェ神父の獄中記について

 パリミッション会の要請により書かれたメルシェ神父の獄中記は、1945年5月7日に憲兵隊に連行されてから、同8月17日に解放されるまでの103日間の記録ですが、東京のパリミッション会の本部に保管され、これまで誰も見ることができませんでした。


 遠藤周作も述べているように、メルシェ神父は逮捕と拘留生活のことについては、生前一言も話しませんでした。しかし、メルシェ神父の帰天から30年以上たち関係者も亡くなっていることから、2012年に初めて夙川カトリック教会の月報に公開されたのです。
 その記録は、戦時下で日本に留まった敵国人がどのように処遇されたのか明らかにする歴史的にも貴重な資料でした。決して残虐性などを誇張したものではなく、淡々と獄中の出来事が記されているのです。

           (メルシェ神父の自筆)


そして「私は日本人を決して恨んではいません。」という言葉は本心からの言葉でした。獄中記の最後の部分から少し引用させていただきます。
<私の収監に関して「長期にわたり繰り返された拷問」という観点からのみ語る人々がいます。確かに、私は拷問を受けました。しかし苦しみには良い面もあるのです。私はこの100日間に起きたすべてのことの中で、これだけ多くの人たちが私に心配と共感を寄せてくれたということの方が、軍国主義精神によって心のバランスを崩した野卑な伍長の残虐さよりも、思い出として残っています。私の逮捕が信者さんや求道者の方たちに悪い影響をもたらすのではないかと心配していましたが、全くそんなことはなくその逆の結果をもたらしました。>
普通の人なら決して耐えられなかったであろう激しい拷問にも屈せず、100日間を生きぬいたのは、やはりメルシェ神父の強い信仰の力だったのでしょう。(私はクリスチャンではあいませんが)

 最後に夙川カトリック教会の建堂80周年誌に掲載されていたメルシェ神父のエピソードを紹介させていただきます。
<戦争が終わってしばらくしてからのこと、新聞記者が夙川教会の神父館にメルシェ神父さんを訪ねてきたのだそうです。多分、戦争末期のいわゆる「敵国民」に対する憲兵隊の仕打ちの残虐さを取材しようとしていたのでしょう。ところが通された応接室には、戦時中はどこの家でも掲げられていたがその頃はすでにたいてい降ろされていた天皇・皇后の「ご真影」が、まだ掛かっていたのです。記者たちは驚いて「ここにはまだご真影が」とたずねたところ、神父さんは静かにこう仰ったのだそうです。「掛けていては悪いですか。戦争をこんなに静かに終えることができたのは、この方のおかげではないでしょうか。私の国もドイツと何度か戦争をしましたが、こんな静かな終戦はまかったですよ。>
 神父館にご真影があったということさえ信じがたいのですが、もしこのエピソードが真実であったならば、メルシェ神父の心の広さは計り知れないものです。

メルシェ神父の「逮捕拘留と解放についての報告書」(正価150円)を入手されたいかたは、
〒658-0026 神戸市東灘区魚崎西町2-1-20-311
高間友の会
TEL/FAX 078-843-4774
E-mail yohanep@me.com
にご連絡ください。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11453096c.html
夙川 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

芦屋市民センターでギャラリーレクチャー「ブスケ神父と大石画伯の友情」

 8月15日まで芦屋市民センター展示場で、「阪神間文学にみる戦時下の街と暮らし」と題して、ブスケ神父の肖像画や、遠藤周作ら戦時中の阪神間の街を描いた作品を展示しています。

昨日は、長らく行方不明になっていた大石輝一画伯によるブスケ神父の肖像画をみつけ出し、保管されている五島真理為様に、「ブスケ神父と大石画伯の友情」と題して講演いただきました。
講演後は、活発な質疑応答が交わされました。

当日はカトリック夙川教会の梅原神父様もご出席されており、ブスケ神父や遠藤周作がお世話になったメルシェ神父の詳しいお話が披露されました。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11452546c.html
夙川 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
seitaroイメージ
阪急沿線の街にゆかりのある小説や随筆、アニメの舞台を訪ね、当時の景色や登場人物に思いを馳せるセンチメンタル散歩です。震災以降、街並みは大きく変わりましたが、歴史ある美しい景観を守る一助になればと思っています。

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<