阪急沿線文学散歩

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/bungakusanpo

山田洋次監督『小さいおうち』で思い出した箕面市桜ヶ丘洋館通り

 中島京子さんの直木賞受賞作『小さいおうち』が山田洋次監督により映画化され、今年の1月に封切られましたが、見逃してしまい、ようやく先日TUTAYAでDVDを借りて見ることができました。


「花子とアン」でも好演された黒木華さんの演技が光っていましたが、少し不満に思ったのが、本筋とは関係がないと言えば、関係ないのですが、映画ではバージニア・リー・バートンの絵本『ちいさいおうち』との関係がほとんど省かれていたことでした。


私など考えると、戦前に建てられた文化住宅と呼ばれた赤い三角屋根の洋館は、決して小さくありませんから、『小さいおうち』というタイトルは、やはりバートンの『ちいさいおうち』が伏線として隠されていることをしっかり表現してもらいたかったのです

 

 中島京子さんの原作の表紙も、映画のポスターも丸い円が使われており、明らかにバートンの絵本を意識したものになっています。
 原作では最終章「小さいおうち」でバートンの絵本『The Little House』との関係が明かされます。


イタクラ・ジョージの書斎に原語の『The Little House』が残っており、その構成を模して、彼は『小さいおうち』と題した紙芝居を作っていたのです。
そして遺言によって建てられたイタクラ・ジョージ記念館は紙芝居に描かれた洋館にそっくりだったのです。(残念ながら映画に登場した記念館はそうではありません)

 

 映画で登場する小さいおうちはCGでしょうか、原作の裏表紙に描かれたおうちにそっくりです。


この赤い屋根の洋館を見ていると、箕面市桜井にある桜ヶ丘洋館通りを思い出しました。


大正11年、我が国最初の住宅展示場として「将来の生活様式に見合った中流家庭向け都市住宅はどうあるべきか」というテーマで住宅改造博覧会が開かれた場所で、現在4棟が国の登録文化財として保存されています。

谷崎潤一郎も『赤い屋根』という小説を書いており、昔は阪神間に多く見られた洋館も、現在はほとんど残っていません。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11109141c.html
箕面 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

友達がここに住んでいました。今はアメリカ在住ですが、懐かしいと思いますので、このブログfacebookで教えてあげることにします。

[ ふく ] 2014/09/28 20:00:58 [ 削除 ] [ 通報 ]

そのようなお友達がおられたのですか。ありがとうございます。

[ seitaro ] 2014/09/28 20:15:00 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

桜ヶ丘洋館通り

 艸園帖に赤松進の「桜井風景」と題した絵がありました。



 私は桜井という地名も知らず、この絵がどこの風景かまったくわからず記事にしたのですが、箕面市桜井の洋館であると、いつもの鋭いコメントをいただき、調べると確かに箕面市のホームページに紹介されていました。そんな古い洋館街が箕面にあるのかと早速出かけてみました。



 阪急箕面線桜井駅を下車、駅前の田村橋通りを北へ15分ほどまっすぐ歩き箕面川の田村橋を渡り坂を上ると桜ヶ丘の閑静で緑豊かな街並みに入ります。




 洋館通りの案内と地図が金属板に表示されておりました。一番左端の南北に走る直線道路が田村橋通りです。ここは大正11年、我が国最初の住宅展示場として「将来の生活様式に見合った中流家庭向け都市住宅はどうあるべきか」というテーマで住宅改造博覧会が開かれた場所でした。25棟の洋風住宅が出品され、博覧会終了後はそのまま販売されて人々が生活するようになったそうです。
 緩いカーブを描く街路、急勾配の屋根やアーチ型の玄関を持ついくつかの建物が残り、大正時代の人々の住宅に対する夢を今に伝えています。まさにこのカーブと洋館の街路が赤松進の桜井風景でした。現在4棟が国の登録文化財として保存され、平成9年には「大阪まちなみ賞」の特別賞を受賞しています。



 90年前の洋館が今も残され、一部空家もありましたが、今も住まれて当時の景観を保たれている様子は感激でした。
洋館の煙突を見ると、知恵を授けていただき気になりだしたのがチムニーポット。



大正に作られた洋館の煙突には、やはりチムニーポットがありました。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p10763762c.html
箕面 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
seitaroイメージ
阪急沿線の街にゆかりのある小説や随筆、アニメの舞台を訪ね、当時の景色や登場人物に思いを馳せるセンチメンタル散歩です。震災以降、街並みは大きく変わりましたが、歴史ある美しい景観を守る一助になればと思っています。

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<