阪急沿線文学散歩

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/bungakusanpo

『水差しを持つ女』を描くフェルメール

 トレイシー・シュバリエの『真珠の耳飾りの少女』には、幾つかの実在するフェルメールの絵が登場します。


『水差しを持つ女』を描くフェルメールの描写がありました。

<パン屋の娘さんを描くのに、旦那様はまず白い画布一面に濃い灰色をお塗りになる。それから赤みがかった茶色で娘さん、机、水差し、窓、地図を描くところに微をつけた。次に目の前にあるもの −娘さんの顔、青いスカート、黄と黒の胴着、茶色い地図、銀色の水差し、水盤、白壁― をお描きになるのだなと思った。ところが旦那様がなさったのはスカートを描くあたりに黒、胴着と壁の地図に黄土色、水差しと水盤に赤、壁に灰色と、それぞれの色を塗り広げること。揃いも揃ってまちがった色ばかり。どれひとつとして描いているものの色とは一致しない。旦那様は長い時間をかけて、こうした偽りの色をお塗りになった。偽りの色とは私が考えて呼び名だ。>
 小説では『水差しを持つ女』はパン屋の娘さんの絵となっています。
このシーンは映像にもなっていました。


パン屋の娘さんの絵は五ヶ月かかって完成します。
<旦那様は最後にもう一度情景をご覧になるために、ファン・レーウェンフックからカメラ・オブスクラをお借りになった。組み立てが終わると、私にも覗かせてくださった。どういう仕掛けかまだわからなかったけれど、カメラの中に現れる絵にはついため息がもれるほど感心するようになっていた。部屋のなかにあるものの天地左右が反転したミニチュア版。ありふれたものの色彩がひときわ深みを増す。机に載ったタペストリーの赤は濃さを増し、壁にかかった地図は、陽光に翳したエール入りのグラスのように、艶やかな茶色に変じる。カメラがどのように旦那様の助けになるのかはまだ見当がつかないけれど、私もこの頃はだんだんマーリア・ティンスに似てきて、それで絵がうまく描けるのなら、理由を詮索することもないと思うようになった。>
とレイシイ・シュバリエはフリートの言葉を借りて、フェルメールのカメラ・オブスクラの使い方を説明してくれました。


この原作をもとにしたピーター・ウェーバー監督の映像はどれもフェルメールの絵を想わせるシーンばかりで、何度見てもあきることはありません。

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11084518c.html
フェルメール | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

デルフトの眺望(田中純『フェルメールの闇』より)

 田中純著『フェルメールの闇』に登場する美奈子の兄一郎は古典画法をマスターし、徹底的に模写することを歓びとしています。
<僕が崇拝して止まない巨匠たちの技術を探り。内面に潜り込み、巨匠たちになりきって、表現や技術のちょっとした秘密を探り当て、それを寸分違わず再現できた時の歓びは何物にも変えがたい。>
一郎はオールド・マスターズの模写をやるため、自然の中で息づき自然の中で発色してきた顔料にこだわります。


(写真は光の王国展に展示されていたラビラズリ)

 更に『デルフトの眺望』を模写している時、建物の壁のマチエールがどうしても描けなく、「デルフトの砂がなければ駄目だ」とオランダから砂を取り寄せるほどです。
<僕は『デルフトの眺望』の最後の仕上げにかかっている。画面右端に浮かぶ船に取りついた光の粒を絵筆の先で一点づつ置いていく。『デルフトの眺望』。余りにも有名な風景画。>

 フェルメールは光を受けた絵の中の壁や屋根が実際に発光するように砂を混ぜたと田中純氏は述べています。この壁のマチエールは世界的な文学作品でもとりあげられています。

 その文学作品とは、プルーストが半生をかけて執筆した長編大作『失われた時を求めて』の第五篇「囚われの女」。

その中で絶賛されているのです。
<プルーストの『失われた時を求めて』でプルーストの分身と思しき登場人物、作家のベルゴットは重病をおして展覧会の会場に行き、画面右端に描かれた朝日に輝く小さな黄色の壁の美しさに感動のあまり、発作を起こし恍惚のうちに死んでいくという。>
 黄色の小さな壁面とは一体どこなのか?絵の右端に見える小さな屋根あるいは、少し見える壁と言われています。

 

『フェルメールの闇』ではカメラオブスキュラについても触れています。
<同時に、この絵が話題になる時、必ず言われるのが、カメラオブスキュラという原始的なカメラを使用したのではないかということがある。レンズの力を借りなければ、あのような光の表現は出来なかったに違いないという意味だ。それほど、光の表現は精妙で、ポワンティエと呼ばれる点描の手法で描かれた光の粒は離れた所から見ると実際に光を発しているように見える。
 フェルメールがカメラオブスキュラを利用したかどうか、どちらでも構わないけれども、僕はフェルメールはレンズの力に頼ったとは思っていない。>

 カメラオブスクラの話は同じく映画『真珠の耳飾りの少女』、トレイシー・シュバリエの原作にもでてきます。


<それは何でございますか?」「カメラ・オブスクラというものだ」その名前を聞いても、わたしにはちんぷんかんぷんだった。脇に立って、旦那様が留金を外し、箱の蓋の一部を持ち上げるのを見ていた。>


<「これを見てご覧」小さめの箱の端に付いた丸いものを指差す。「これはレンズというものでね。ガラスの塊を磨いて作ってある。あちらの光景(旦那様は件の一角を指差した)から出た光がここを通って箱に入ると、映像がここに投影されて、目に見えるのだよ」曇りガラスをトントン叩く。>


<「でも…旦那様は御自分の目で何でもご覧になれるのではありませんか」「それはそうだ。ただ私の目が常にすべてを見るとは限らない」>


現在のデルフトの街の写真です。

 

<「カメラ・オブスクラを使うと、別の見方ができる」旦那様が説明なさる。「そこにあるものの、より多くをみることができる」>
カメラ・オブスクラ、フェルメールはどんな使い方をしたのでしょう。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11083104c.html
フェルメール | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

フェルメールの自画像(田中純『フェルメールの闇』第三章「女衒」より)

 この章ではいよいよ小説の中心となる嶋田が古城で発見したという、真贋が問われるフェルメールの自画像が登場します。その導入に使われる絵が「女衒」です。
<ピートの背後の壁には一枚の絵が掛けられている。フェルメールの「女衒」だ。
『女衒』 −今では死語になりかけた言葉だが、この絵の題としては、いかにもふさわしい。この酒場か淫売宿の客と女、さらにやり手婆を加えた、やり取りの場面はオランダふうぞく画の祖とも師ともいうべきイタリアのカラヴァッジョの影響を強く受けたオランダの画家たちによって度々描かれた。>
この絵の主題は聖書のルカ伝に基づくもので、教訓的意味合いを持っているそうです。


<客の兵士から乳房に掌を置かれた女が、そんな男の手など意にも介さず、左手に花瓶のように大きなワイングラスを持ち、男の手に控えめに光る金貨を早く寄越せとでも言いたげに、右手を差し出している。その男の後ろの闇には恐らく老婆だろうが、性別のはっきりしない人物が卑しげな笑みを浮かべ、同じく男の手の中の金貨を睨んでいる。さらに画面左端には、そんな三人とは全く無関係に正面を向いて、意味も無く笑っている男。腕の部分にスリットの入った黒い上着にレースのカラー、それに長髪とベレー帽、この場に不似合いなエレガントな格好をして立っている。
 自分の人生について、何の痕跡も残さなかった画家フェルメールの自画像だと、言われることの多い男だ。いったい、フェルメールの人物たちの視線は皆、曖昧で不思議で謎めいているのだが、特にこの自画像らしき男の視線は不可解だ。>


フェルメール24歳のときの作品ですが、左端の男がフェルメールの自画像でないかと言われているのです。
『絵画芸術』にはフェルメールと思われる画家の後姿が描かれていましたが、その服装と同じです。


 小説では嶋田がイギリスの古城でフェルメールの自画像を見つけたと、オークションにかける為、ピートにその絵を持ち込むのです。
<「そうでしょうね、信じられないでしょうね。私だって人から、こんな話を聞かされたって信じやしないでしょうよ。でも、世の中には起こるんです、こんな信じがたいことが、実際に!それに、現物を見れば、ピートだって信じますよ、絶対に。構図、マチエール、光、顔、やはり『女衒』の男はフェルメール自身です。自画像にそっくりです。とにかく是非、あなたに見てもらいたい。意見はそれからだっておそくないでしょう。」>
どうも女衒を元に自画像の贋作を描いたようです。


映画『真珠の首飾りの少女』でフェルメール役を演じたのは『英国王のスピーチ』でイギリス王ジョージ6世を演じたイギリスの俳優Colin Andrew Firthでした。自画像らしき男に似ていませんか。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11080705c.html
フェルメール | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

田中純『フェルメールの闇』第二章「絵画芸術」

 田中純『フェルメールの闇』の第二章は「絵画芸術」。小説のカバー絵に使われているだけに著者による解説も力が入っています。


主人公の一人で元帝国美術館の学芸員だった光岡が登場します。
<光岡は三本目の缶ビールを開けることにした。マンションの居間の正面の壁には十七世紀オランダのフェルメールの描いた『絵画芸術』という堅苦しい題名の複製が安っぽい額縁に収まって、掛かっている。光岡がまだ帝国美術館の学芸員だった頃、一年間、研修員の名目でパリのルーブルに留学させて貰ったが、その折に度々出かけたウィーンの「美術史美術館」で買ったものだ。>


<画面右には、洒落た洋服と帽子(十五〜十六世紀ブルゴーニュの服装とされ、最初期の作品『女衒』の左端に描かれた、自画像ではないかと想像されることの多い男の服にそっくりなんだが、ともかく、この服の黒の見事さといったら!)を身に着け、何故か背を向けた画家、左奥にはトランペットと本を持ち月桂冠を頭に、フェルメール的光を全身に浴びながらポーズをつけた女性のモデル、が描かれている。所謂、寓意画(なんらかのメッセージが込められている絵)と言われるものだ。>
解説書を読みながらフェルメールの絵に込められたメッセージを読み取るのは楽しみですが、寓意図解集というのがあるそうで、当時のヨーロッパの人々にはその意味するところを理解していたのでしょう。
<要するに、ある種の約束事に基づいて、謎解きをしながら絵の真の意味を探るということが画家と絵を見る暗黙の了解になっている訳だ。そして当時の多くの画家にとってのタネ本となったのが、一六四四年にオランダで発行されたチェザーレ・リーバによる『イコノロギー』(寓意図解集)という本であった。

フェルメールの『絵画芸術』に描かれた事物も、この本に倣っているとされている。それによれば、モデルの女性は『歴史の女神クリオ』の扮装、机の上の石膏のマスクはデッサン(模倣)を、頭上のシャンデリアは絵画の栄光を象徴している、とされる。つまり、髑髏(死、あるいは生のはかなさ)のように、誰しもに分かる寓意の場合はいいが、それ以外は絵の描き手も鑑賞者も、このような図解集を手に絵画の謎解きを楽しんだ、ということになる。その意味では絵画は推理ゲームであった。>


「フェルメール光の王国展」では画家のアトリエが再現されていました。


 

 映画になったトレイシー・シュヴァリエの「真珠の耳飾りの少女」の原作には次のようにアトリエの様子が描かれています。


<しばらく時間があるようなので、部屋の中を観察した。部屋は大きな方形だが、階下の大広間ほど大きくはない。窓を開けると、室内は明るく広々とした感じになった。壁面は白、床は灰色と白のタイルの市松模様。モッブの汚れが白壁につかないように、キューピッドを描いたデルフト・タイルが壁の下縁に並んでいる。お父さんの描いたタイルはひとつもなかった。>


映画で登場する父親の描いたデルフト・タイルです。
シュバリエの原作ではフリートが奉公に出るとき、父親がこのタイルをハンカチに包んで「家のことを忘れないでおくれ」と手渡すのです。
<お父さんのこしらえた、私の大好きなタイルだった。家にあるお父さんのタイルはたいがいどこかに疵があった。お父さんが私たちのために、わざわざとっておいてくれたもの。男の子と年上の女の子の二人の姿をさりげなく描いた絵。>と説明されています。
映画では後半に再びこのタイルがでてきます。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11077744c.html
フェルメール | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

田中純『フェルメールの闇』から「小路」

ミステリー小説 田中純『フェルメールの闇』の最初の章は「小路」です。

 


表題には<裏通りのレンガ造りの建物の正面、戸口で針仕事をする女、奥で水仕事をする女、路上で蹲って遊ぶ子供が静物のように配され、静謐で不思議な世界を提示する。>という著者の解説がつけられています。
(写真はフェルメール光の王国展から)

 

 物語は贋作に携わっている嶋田がアムステルダム国立美術館を訪れるシーンから始まります。
<九月になったばかりだというのに、アムステルダムの運河を渡って来る風は意外なほど冷たかった。冷やりとした頬の感触に、美術館の外に一歩出た嶋田は端正な顔をしかめ、空を見上げると、半袖のポロシャツの肩に掛けた紺色のサマーウールのスゥエーターに首を通した。空は鈍色に厚く垂れこめた雲が支配し、オランダ特有の糠のような雨が今にも降り出しそうな気配だ。>
私が初めてアムステルダム国立美術館を訪ねたのは、学生時代。レンブラントの大きな「夜警」の絵の前に立って感激していました。2度目にフェルメールを見に訪ねたのは、2002年のこと、その時ミュージアムショップで購入した日本語版所蔵品カタログが手元にありました。

 

 <自然、足早になった嶋田は国立美術館の前庭の几帳面に刈り込まれた生垣の間を抜け、通りに出たところで、今見てきたばかりのフェルメールの『牛乳を注ぐ女』の残像を脳の襞に焼き付ける想いで歩を止め、ゆっくり振り返った。それが、ここを訪れた時の嶋田のいつもの習慣だった。
 かつてのオランダの栄光を体現した華麗な建造物が嶋田の眼を奪う。ファサードと呼ばれる装飾を施した切妻の左右にネオ・ゴシック様式の優雅な鐘楼を配したオランダ国立美術館が灰色の空をバックに静かな威厳を保って佇んでいた。>

 さすがオランダの栄華を象徴する建物です。開館は1885年、アムステルダム中央駅も手がけた建築家カイペルスの傑作とのこと。


 <見慣れた景色であり、何度も凝視し続けたはずのフェルメールの四点の作品 −『牛乳を注ぐ女』『小路』『青衣の女』『恋文』― だったが、フェルメールを見た後、ここに立ち止まり、美術館の建物を見上げる度に軽い眩暈にも似た奇妙な感覚に襲われるのは何故なんだろう。>

「小路」はデルフトの町の風景に違いないのですが、何処を描いたのか諸説あるようです。美術館カタログには

<この家並みは、まるでフェルメールが自宅の窓から見えるままに描いたかのように見える。だが決してそうではなく、おそらく空想上の産物と思われるが、確かに現実に根ざした想像なのである。>と説明されていました。

 


アムステルダム国立美術館は上の四作品を所蔵しています。
この後、物語はスリリングな展開となります。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11072134c.html
フェルメール | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

田中純著『フェルメールの闇』

 唐突ですが、フェルメールのファンです。フェルメールの絵に惹かれるのは、光と影の天才画家といわれる技法もさることながら、その絵に中世に暮らす人々の物語性があり、鍵穴から覗くPeeping Tom的な密やかな楽しみがあるからでしょうか。


 フェルメールの関連本は色々読んできましたが、朽木ゆり子著『フェルメール全点踏破の旅』では、著者がフェルメールが展示されている世界の美術館を訪れ、紀行文としてまとめられており、全作品を知ることができます。


 私がフェルメールの世界に引き込まれたのは2003年の映画『真珠の耳飾りの少女』でした。

監督はピーター・ウェーバー、主演女優はスカーレット・ヨハンソン。

 

 その映像は17世紀のオランダの景色や暮らしをまるでフェルメールの絵そのままに柔らかい光と影のコントラストで表現し、何度繰り返し見てもあきることはありません。

  
 先日図書館で、田中純『フェルメールの闇』という2000年に出版された模写と贋作をテーマとしたミステリー小説を見つけました。


 小説の20章あまりの表題は、すべてフェルメールの絵のタイトルから取られ、簡単な解説もそこで紹介されています。そして、小説の最後では、「フェルメール模写美術館」が開館されます。

 


この小説とは関連はありませんが、2012年には実際にフェルメール・センター銀座の「フェルメール光の王国展」でフェルメールの全作品37点が制作年順に、原寸大で所蔵美術館と同じ額装で展示されました。複製画であるためか、写真撮影が許されており、その時撮影した写真を使って小説を紹介していこうと思います。

 

 ところで著者の田中 純氏はWikipediaで調べると政治家として紹介されています。驚いたことに今年から福岡県行橋市長をされているそうです。


<1946年生まれで、京都大学教育学部卒業。1971年大蔵省入省、外務省在ブラジル日本大使館一等書記官等を歴任。2011年には福岡県議会議員選挙に立候補し現職を破って初当選。2014年に投開票が行われた福岡県行橋市長選挙に県議を辞職して立候補、元県議、前市長の推す元市議会議長を破り、8度目の挑戦にして初めての当選を果たした。>
作家としての道は中断し、官僚から政治家に転身されたようです。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11070615c.html
フェルメール | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
seitaroイメージ
阪急沿線の街にゆかりのある小説や随筆、アニメの舞台を訪ね、当時の景色や登場人物に思いを馳せるセンチメンタル散歩です。震災以降、街並みは大きく変わりましたが、歴史ある美しい景観を守る一助になればと思っています。

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<