阪急沿線文学散歩

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/bungakusanpo

涼宮ハルヒの溜息Wで登場した西宮市高座町の新池

 BSプレミアムで再放送中の『涼宮ハルヒの憂鬱』第23話「涼宮ハルヒの溜息W」でSOS団が向かったロケ先は高座町の新池でした。

後ろに見えているのは甲山と市立西宮高校。

SOS団のロケシーンです。


 さて現地にはないシーンが登場します。
新池の周りを高いフェンスが囲っていて、立ち入り禁止となっているのです。

 新池には張り出しデッキがあるくらいですから、そこまでは自由に入れるのです。

 何故このようなシーンが入ったのか。原作を読むと明らかになります。
<三十分くらい徒歩で移動し、着いたところは池の畔だった。丘の中ほどにある、ほぼ住宅街の真ん中である。池と言ってもけっこう広い。冬になれば渡り鳥がやってくるほどのデカさであり、古泉が言うところによるとそろそろ鴨だか鴈だかがやってくる頃合いだそうだ。
 池の周囲には鉄製フェンスが施され、侵入禁止を明示している。>
このよう原作では鉄製フェンスが登場し、これを乗り越えようとしたハルヒに対し、長門が簡単にこじ開けてしまうという場面が描かれており、それに忠実にアニメを制作しているのです。

したがって、谷川流が原作を書いたきの池のイメージは新池ではなかったのでしょう。
フェンスがある夫婦池か五ケ池でしょうか?

原作でハルヒがディレクターズチェアを置いた場所も、


<ぬかるみ気味の地面にディレクターズチェアを置き、ハルヒはスケッチブックにセリフと思しき文章を書きなぐっていた。>とされており、アニメのシーンとは違っているのです。
新池は広田神社のすぐ近くにありますので、広田神社のロケハンの時に、あわせて近くの新池を採用したのではないでしょうか。

ところで新池は西宮市民にとってもあまり馴染みがない池です。

明治時代は岩ケ谷下池の井一部だったようです。岩ケ谷上池はかなり早い時期に埋め立てられ、無くなっています。
昭和45年には、新池(旧岩ケ谷下池)の北半分が埋め立てられ、市立西宮高校が移転してきます。
新池が改修、整備され現在の姿になったのは平成4年(1992年)のことだったようです。

宮っこ1992年11月号に「わがまち自慢 美しく変身『新池』」という記事が掲載されていました。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11657985c.html
谷川流 | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

よくわかりました〜ありがとうございました。
スッキリです。

[ ちゃめ ] 2017/09/12 21:30:48 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

『涼宮ハルヒの溜息』で登場した甲山森林公園と広田神社

 毎週金曜午後11時45分からBSプレミアムで再放送中の「涼宮ハルヒの憂鬱」からです。
第21話で、団長・涼宮ハルヒの思いつきで文化祭に向けて「朝比奈ミクルの冒険」という自主制作映画を作ることになったSOS団。

祝川商店街のロケに次いで向かったのは甲山森林公園。

やはり登場するのはシンボルゾーン記念碑広場の「愛の像」。
アニメでは甲山の頂上が見えないのが、やや不満。

「愛の像」は白大理石で台座はポルトガル産赤御影石とのこと。

ところで記念広場の南側に、このような野外ステージがあったのはご存知ですか?

何度も森林公園を訪れている私ですが、この存在はアニメを見て初めて知りました。

この野外ステージで繰り広げられる撮影風景。

約1,000人が収容でき、コンサートや集会に使用されると説明されています。


しかし、それ程の観客を集める駐車場はないし、少なくとも最近はそのような催しが開催された記憶はないのですが。

SOS団がそばを食べるのは神呪寺の手前にある「お食事処 好の家」でした。


さて、甲山森林公園の近くの(?)神社として登場する広田神社。






光(甲)陽園駅のシーンも登場。


このシーンは朝比奈ミクルがバニーガール姿で立つ後ろに「祝川オアシスロード」の表示があり、西宮市立中央図書館の西側のようです。

アニメではこのように多くの西宮市内のシーンが登場するのですが、次回は谷川流の原作も読みながら比較してみたいと思います。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11656714c.html
谷川流 | コメント( 3 ) | トラックバック( 0)

昨夜の池はどこなんでしょう。周りに住宅があるお池でしたね。

[ ちゃめ ] 2017/09/09 23:50:48 [ 削除 ] [ 通報 ]

高座町の新池ですね。私もあまり行ったことのない溜池、今度見に行ってきます。

[ seitaro ] 2017/09/10 7:37:10 [ 削除 ] [ 通報 ]

ありがとうございます。横の道はよく通っています。私も見に行ってみます。

[ ちゃめ ] 2017/09/10 11:05:25 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

祝川商店街として登場する尼崎中央商店街へ(涼宮ハルヒの溜息U)

 BSプレミアムで再放送中の「涼宮ハルヒの憂鬱」、第21話では北校の文化祭で映画の上映を企てる涼宮ハルヒのSOS団が撮影に向かったのは祝川商店街。


ハルヒらは、光陽園駅から祝川商店街に向かいます。


甲陽園駅は、光陽園駅に、夙川は祝川に変わっていますが、この祝川商店街のモデルは尼崎中央商店街になっており、初めて商店街の中を歩いてみました。

阪急甲陽線から、尼崎中央商店街に行くためには、神戸線、今津線、阪神へと3回乗り換えが必要ですので、今回は阪神バス、阪神電車の経路で尼崎に向かうことにしました。


アニメに登場する場所は、アーケードが曲がっているのが特徴です。

尼崎中央商店街の地図を見ると、三和本通り商店街のようです。


撮影場所となった大森電器店とは三和電器。


背景になっているのは、珈琲屋コロンビアとおしゃれの店ワダ。

三和電器の向かいの店です。

この三話本通り商店街に西宮ブログのモンセ分店薬局薬剤師徒然日記でお馴染みのお店がありました。

 初めて歩いた尼崎中央商店街。アーケード商店街としては、東京の武蔵小山商店街程度の規模はあります。それに、値段は安いし、美味しそうなお店が沢山ありましたし、活気がありまます。しかし、昔はもっと人通りが多く、こんなものではなかったとのこと。

面白い商店街でしたので、また行ってみます。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11655768c.html
谷川流 | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

 ありがとうございます 一番新しい 最近の写真を載せて戴き感謝です。

[ モンセ分店薬局 薬剤師徒然日記 ] 2017/09/08 8:26:45 [ 削除 ] [ 通報 ]

seitaro様
私が載せたコメントが悪口として伝わって削除に至ったものかと思います。
決してそうではなく、例えば私は武庫之荘や塚口についてろくすっぽ解っていません。それは近距離であっても沿線が違うせいです。隣接市尼崎のあの大きな商店街であっても沿線が異なれば行ったことがないというのもあり得る話です。これほどきめ細かい交通インフラがあってもやはり住む沿線が違うとそんなことがあるのだなと素直に驚いたことを言いたかったのです。
拙い乱暴な文章表現で申し訳ございませんでした。

[ せいさん ] 2017/09/08 11:51:26 [ 削除 ] [ 通報 ]

モンセ分店薬局さん お忙しい所お邪魔しました。またお伺いいたします。

[ seitaro ] 2017/09/08 19:16:37 [ 削除 ] [ 通報 ]

せいさん コメントありがとうございます。よくわかりました。私のブログでは、不毛な議論をしたくないので、削除させていただきました。これからもよろしく。

[ seitaro ] 2017/09/08 19:23:50 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

涼宮ハルヒの憂鬱第20話「涼宮ハルヒの溜息T」祝川商店街?

 BSプレミアムで『涼宮ハルヒの憂鬱』が再放送されています。ようやく「エンドレスエイト」の繰り返しが終わり、「涼宮ハルヒの溜息T」が先日放映されました。

 今回は北校の文化祭にSOS団で映画を製作しようとハルヒが言い出します。

下校風景に阪急甲陽線が登場します。

ハルヒたちが乗った甲陽線の車内の風景。

いよいよ夙川駅に到着です。

良く見慣れた風景。

甲陽線夙川駅プラットホームです。

このプラットホームに降り立つハルヒたち。違和感があるのは、やはりウルトラミニのスカート丈。

平中悠一原作・白羽弥仁監督の映画『シーズ・レイン』にも甲陽線を使って女子高に通う風景が登場します。

上の写真は甲陽園駅前。
甲陽線、神戸線の女子高生たちのスカート丈はいつの時代もこんなものでした。

さて駅を降りて、撮影用機材を求めて向かったのが祝川商店街でした。

このモデルはなんとモンセ分店薬局さんのある尼崎中央商店街でした。


商店街風景は次回に期待です。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11649175c.html
谷川流 | コメント( 3 ) | トラックバック( 0)

録画していたのでこの記事を見てから急いでみました。
プラモデル屋さんも出ていましたね。
どれも、あのあたりのお店だな!と楽しく見ました。

[ ちゃめ ] 2017/08/20 20:34:33 [ 削除 ] [ 通報 ]

ちゃめさんコメントありがとうございます。
実は商店街の中は歩いたことがないので、今度行ってみます。

[ seitaro ] 2017/08/20 22:27:20 [ 削除 ] [ 通報 ]

今回のお店はあちらこちらに点在です。見つけれるといいですね〜。

[ ちゃめ ] 2017/08/20 22:37:43 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

『涼宮ハルヒの憂鬱』第8話笹の葉ラプソディで西宮市立大社中学が登場

 NHK−BSで再放送されている『涼宮ハルヒの憂鬱』の第8話「笹の葉ラプソディ」でキョンは3年前の世界にタイムスリップ。


 朝比奈ミクルを背負って、甲陽園駅近くの公園から、大社中学に向かいます。



(上の航空写真の矢印の位置が大社中学裏門)

 そこで出会うのが、裏門をよじ登り中に入ろうとする3年前の中学1年の涼宮ハルヒ。

中学の名前は東中学となっていますが、明らかに大社中学です。

 校庭にキョンがハルヒの命令で訳の分からない文字を書いています

月曜の朝礼や運動会が催された懐かしい運動場です。

特徴ある大社中学のヒナ段も登場していました。

まさか卒業してから〇十年後にアニメに登場するとは思ってもみませんでした。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11609007c.html
谷川流 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

seitaroさんは大社中出身なのですね☆

[ ぷりんまろ ] 2017/05/27 20:28:15 [ 削除 ] [ 通報 ]

実はそうなんです。それが涼宮ハルヒファンになってしまった一因なのです。

[ seitaro ] 2017/05/27 20:33:00 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

『涼宮ハルヒの憂鬱』に登場した阪急甲陽線水道道踏切と甲山

 現在、BSプレミアムで『涼宮ハルヒの憂鬱』が毎週金曜午後11時45分から再放送されています。

先日見ていると、阪急甲陽線の水道路踏切のシーンが登場していました。

阪急甲陽線沿いに水道路踏切へと歩く、涼宮ハルヒとキョンです。


水道路踏切で立ち話する二人です。
背景に描かれているなだらかなカーブの山は、実際の写真と見比べてもらえばお分かりのように甲山がモデルなのです。

でも、もう少し甲山らしく描いてほしかった。

阪急電車も登場です。

でも渋いマルーン色が、アニメでは少し残念な色です。

 ところでこの踏切がどうして「水道路」踏切と呼ばれているかご存知ですか。

 神戸市は、上水道水源として、千苅貯水池から宝塚市を横切り、西宮市に新設した上ヶ原浄水構場(浄水場)を経て、神戸市内までの水道の建設に大正3年に着工し、昭和6年に完成させています。

甲山森林公園展望台から見える上ヶ原浄水場です。

 この水路のことを神戸水道と呼び、水道管を埋設した上を管理し易いように道路にしていたため、住民からも水道路と呼ばれていたのです。

 水道路は大池の南側の道から甲陽線水道路踏切を通り、夙川学院前の道から芦屋方面に向かっています。でも今や、西宮ではほとんどの方はご存知ないようです。

ここにあった夙川学院の中・高等学校の校舎は跡形も無くなっていました。


残されたのは付属幼稚園だけのようです。






西宮 甲子園 ラフィット
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11603037c.html
谷川流 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

世界に発信された西宮市立中央図書館

『美女と野獣』に登場するお城の中の書斎のモデルとなり、世界遺産にも指定されているポルトガルの名門コインブラ大学のジョアニナ図書館にはとても及びませんが、我が西宮市立中央図書館も世界に発信されているのをご存知ですか。

日本政府観光局(Japan National Tourism Organization ;JNTO)のホームページにPilgrimage to Scared Places(聖地巡礼)のページがあります。

その兵庫県の代表が、
The Melancholy of HaruhiSuzumiya(涼宮ハルヒの憂鬱)
の舞台巡りです。

そのなかで西宮市立中央図書館は写真付きで次のように紹介されています。
The appearance and the inside of the library in the anime looks exactly like those of the Nishinomiya Central City Library which is about a 7-minute walk south of Shukugawa Station.

現在BSプレミアムで『涼宮ハルヒの憂鬱』は毎週金曜午後11時45分から再放送されており、第三話でキョンと長門ユキちゃんが訪ねた西宮市立中央図書館です。







カウンターの中の人物もどなたかをモデルにしたようです。
またカメラを持って涼宮ハルヒの聖地巡礼に訪れる人が増えるかもしれません。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11596141c.html
谷川流 | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

 そうですね 

[ モンセ分店薬局 薬剤師徒然日記 ] 2017/05/03 9:45:03 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』で夙川公園が世界に発信された

 NHK・BSプレミアムで4月から西宮北高を舞台としたTVアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』が毎週金曜日の午後11時45分から再放送されています。全28話。


 4月21日の第3話では主人公キョンと朝比奈ミクルさんが夙川公園でデートする様子が描かれています。





場所は苦楽園口橋と大井手橋の間のようです。



 夙川公園の桜は散り、今は青葉が目を休ませてくれます。

『涼宮ハルヒの憂鬱』に登場する夙川公園は日本政府観光局発行の「JAPAN ANIME MAP」でも紹介されており、次のように世界に発信されています。

Shukugawa Park (Shukugawa-koen) is located at near Shukugawa Station (Koyo Line, Kobe Main Line) next to Kurakuen-guchi Station. Many spots appeared in the anime such as a row of cherry trees and the stream are found everywhere in this park.


川の流れも綺麗に描かれています。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11592250c.html
谷川流 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

西宮が舞台となったアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』がNHK-BSで再放送

 谷川流原作の人気アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」が、NHK・BSプレミアムで4月から放送されることがTwitterで話題になっていました。


「涼宮ハルヒの憂鬱」は、西宮北高出身の谷川流のライトノベルが原作で、宇宙人や未来人、超能力者、超常現象が大好きな女子高生・涼宮ハルヒと平凡な男子高生のキョンの物語。

NHK・BSプレミアムで4月7日から毎週金曜午後11時45分、2006年、09年に2期にわたって放送された全28話が放送されるそうです。

『涼宮ハルヒの憂鬱』は日本政府観光局発行の「JAPAN ANIME MAP」でも紹介されており、The Melancholy of Haruhi Suzumiyaと翻訳され、世界に発信されています。


The Melancholy of Haruhi Suzumiya is a manga and anime adaptation of a “light novel” (an easy-to-read style of Japanese novel primarily targeting young adults, often with anime-style illustration). It enjoys great popularity in Japan and many other countries. The story is set around Nishinomiya City, Hyogo Prefecture. Many fans at home and abroad are visiting the city, especially after the summer of 2006 when the anime was aired. The cosplayers (costume players) of The Melancholy of Haruhi Suzumiya characters have become a very familiar scene of Nishinomiya City.

Pilgrimage to Scared Places(聖地巡礼)の兵庫県のページを見ると、アニメのシーンが地図付きで紹介されています。

西宮北口駅前広場
The SOS Brigade’s meeting point is located at around Hankyu Nishinomiya Kita-guchi Station (Kobe Main Line, Imazu Line).

阪急甲陽園駅
In the story, Koyoen Station was written “光陽園駅” whereas the actual one is 甲陽園駅. 

西宮北高
The characters are “Kita High School” (Kita-Kou) students and the high school in real life is Hyogo Prefectural Nishinomiya Kita High School.

夙川公園
Shukugawa Park (Shukugawa-koen) is located at near Shukugawa Station (Koyo Line, Kobe Main Line) next to Kurakuen-guchi Station. Many spots appeared in the anime such as a row of cherry trees and the stream are found everywhere in this park.

西宮中央図書館
The appearance and the inside of the library in the anime looks exactly like those of the Nishinomiya Central City Library which is about a 7-minute walk south of Shukugawa Station.

甲山森林公園
The outdoor stage in Kabutoyama Forest Park (Kabutoyama Shinrin-koen) where Yuki Nagato and Mikuru Asahina, two SOS Brigade members, battled for the first time is well-known among the fans. 

尼崎中央商店街
The featured shopping street where SOS Brigade members shot their amateur movie was modeled after Amagasaki Chuo Shopping Street and Sanwa Hondori Shopping Street at the north side of Hanshin Amagasaki Station (Hanshin Main Line, Hanshin Namba Line) in Amagasaki City,

阪神百貨店
There are also several settings for the story near the Umeda Head Store of Hanshin Department Store in front of Umeda Station (Hanshin Main Line, Hankyu Kobe Main Line, Hankyu Kyoto Main Line etc.) in central Osaka. The “closed space” with buildings lined up was modeled after this area. The “阪神電車” (Hanshin Electric Railway) sign at Umeda Station was changed to “東阪電車” (Tohan Electric Railway) in the anime.

などアニメに登場する舞台が詳しく紹介されていました。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11555407c.html
谷川流 | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

 私の店も登場します☆彡

[ モンセ分店薬局 薬剤師徒然日記 ] 2017/02/16 14:23:54 [ 削除 ] [ 通報 ]

尼崎中央商店街が出るシーン、楽しみです。

[ seitaro ] 2017/02/16 14:47:38 [ 削除 ] [ 通報 ]

 日本全国はもちろん これのおかげで世界中から若者がやってきます 台湾や中国 シンガポールとかね〜

[ モンセ分店薬局 薬剤師徒然日記 ] 2017/02/17 9:24:10 [ 削除 ] [ 通報 ]

売上げに寄与するといいですね。

[ seitaro ] 2017/02/17 13:30:13 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

日本政府観光局発行JAPAN ANIME MAP で紹介されたNishinomiya City

 西宮市立中央図書館に行ってみると特別展示「北高文芸部の本棚〜長門有希ちゃんと西宮〜」開催中でした。3月2日(水)までの長期間です。

入口では「長門有希ちゃんと西宮」と題した展示。

 

アニメで登場した中央図書館のシーンが掲示されています。

 


 図書館の受付ではまだ「長門有希ちゃんの消失 聖地巡礼マップ」が配布されていました。

 

中に入ると、「北高文芸部の本棚」がありました。

 


そこに置かれていたJAPAN ANIME MAP. (写真左下に見えます)

 


その左上にThe Melancholy of Haruhi Suzumiya  Nishinomiya City が紹介されているではありませんか。

 これは日本政府観光局(JNTO)が発行したもので、日本アニメの人気は世界的に広がっており、アニメや漫画を目的とした観光客を誘致するため、<パリで開催される日本のポップカルチャーを紹介するイベント「Japan Expo」(入場者数:約17万人)やロサンゼルスで毎年開催されるアニメファン向けの展示会「Anime Expo」(入場者数:約4万人)などに参加し、「ジャパン・アニメ・マップ」を使ってアニメ文化の中心地としての日本の魅力を発信していく>とのこと。
 西宮にも聖地巡礼の外国人観光客が増えてくるかもしれません。

 

 JNTOのサイトでは Pilgrimage to Sacred Places(聖地巡礼の旅;外国人はこの日本のアニメ文化から派生した言葉の意味を理解できるのでしょうか?)をクリックしていくと、The Melancholy of Haruhi Suzumiya(涼宮ハルヒの憂鬱)の項があり、さらに詳しく内容やマップが紹介されています。


http://www.jnto.go.jp/eng/indepth/cultural/pilgrimage/haruhi.html

 

そこでは、SOS団のミーティング場所の阪急西宮北口駅の紹介や、
The SOS Brigade’s meeting point is located at around Hankyu Nishinomiya Kita-guchi Station

 

さらに阪急甲陽園駅と苦楽園口駅の間に、ハルヒの舞台が散りばめられていることや実在する北高の紹介。

 

市立中央図書館の紹介もされています。


In addition, many settings for the story are scattered in the area between Hankyu Koyoen and Kurakuen-guchi Stations (Koyo Line). In the story, Koyoen Station was written “光陽園駅” whereas the actual one is 甲陽園駅. The characters are “Kita High School” (Kita-Kou) students and the high school in real life is Hyogo Prefectural Nishinomiya Kita High School. Ascending from Koyoen Station, there is the school on a higher ground. Shukugawa Park (Shukugawa-koen) is located at near Shukugawa Station (Koyo Line, Kobe Main Line) next to Kurakuen-guchi Station. Many spots appeared in the anime such as a row of cherry trees and the stream are found everywhere in this park. The appearance and the inside of the library in the anime looks exactly like those of the Nishinomiya Central City Library which is about a 7-minute walk south of Shukugawa Station

 


長門有希と朝比奈ミクルの闘った甲山森林公園の野外ステージも紹介されていました。
The outdoor stage in Kabutoyama Forest Park (Kabutoyama Shinrin-koen) where Yuki Nagato and Mikuru Asahina, two SOS Brigade members, battled for the first time is well-known among the fans


最後は次のように締めくくられています。
As The Melancholy of Haruhi Suzumiya related spots in Nishinomiya are scattered around the city, it is recommended to get a Nishinomiya City map at a book store in Nishinomiya first, spare plenty of time, take advantage of railways and walk to the sites from the nearest stations. Print and take railway maps and time tables, especially for Hankyu Railway, with you.
(「涼宮ハルヒの憂鬱」の関連スポットは西宮市内のあちこちにあります。まず書店に入って西宮市の地図を手に入れ、時間をとって、鉄道を利用し最寄り駅から歩いて舞台となった場所を訪ねることをお勧めします。鉄道路線地図と時刻表、特に阪急電鉄のものを印刷してお持ちください。)


このような形で西宮が紹介されるとは。反響が楽しみです。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11325534c.html
谷川流 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

私の店も聖地のひとつになっているのを気が付かれましたか?

[ モンセ分店薬局 薬剤師徒然日記 ] 2016/01/15 9:34:41 [ 削除 ] [ 通報 ]

これは気づかず失礼しました。尼崎駅前商店街ですか?

[ seitaro ] 2016/01/15 10:00:48 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3  
このブログトップページへ
seitaroイメージ
阪急沿線の街にゆかりのある小説や随筆、アニメの舞台を訪ね、当時の景色や登場人物に思いを馳せるセンチメンタル散歩です。震災以降、街並みは大きく変わりましたが、歴史ある美しい景観を守る一助になればと思っています。

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<