阪急沿線文学散歩

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/bungakusanpo

倉敷、バーゼルを舞台にした原田マハ『楽園のカンバス』大原美術館

 バーゼル市立美術館を訪問する機会を得たので、読みだしたのが原田マハ『楽園のカンバス』。主人公は私の長らく住んだ町、倉敷にある大原美術館で監視員を務める早川織江で、思わず引き込まれました。


それに原田マハさんはインタビューで、
<この作品を読んでMoMAに行きたいとか、大原美術館に行きましたっていう方が1人でも増えればいいなと。そうやって皆さんの潜在能力を引き出すお手伝いができたら、うれしいですね。大原美術館を舞台にしたのも、美術館のある倉敷を世界に冠たる文化都市ということで押し出したいという気持ちもありました。>
と倉敷の応援も、して下さっているのです。

 第一章パンドラの箱2000年倉敷では何度も行った大原美術館の解説が書かれていました。

<織江が務める美術館、大原美術館は、中国地方はもとより日本屈指の西洋美術コレクションを所蔵することで知られる。明治期より紡績会社を営んで財を成し、日本美術の蒐集家でもあった大原孫三郎が創設者である。孫三郎は、友人で画家の児島虎次郎の渡欧を支援し、虎次郎は制作のかたわら、孫三郎のためにヨーロッパの美術作品を蒐集した。そのときに集められた作品群が、美術館の収蔵品の中核を成している。エル・グレコの「受胎告知」はパリの画廊で虎次郎に発見され、虎次郎はこの絵の写真を孫三郎に送って購入のための送金を依頼したという。一九二二年のことだ。
 織江は、いつも「受胎告知」の前に立つたび、七十八年まえのパリ、とある画廊の薄暗い一室にこの作品が飾られていただろう場面を想像する。そして、そこへ偶然歩み入ったひとりの東洋人画家、その慧眼に感謝したい気持ちになる。>

上の写真は児島虎二郎記念館。

 そして「受胎告知」について、次のように説明されています。 
<さて、今度はエル・グレコの描いた聖画と向き合う時間だ。
縦長の画面には荘厳な輝きが満ちている。舞い降りる金髪の天使、稲妻のようにまばゆく突き刺す天上の光。幸いなる人よ、主があなたとともにある −天使ガブリエルの言葉に戦慄するマリア、その美しく歪んだ顔。けれどどこかその瞬間を待ち構えていたような堂々とした姿勢。もう何百回、その顔をみつめ続けてきたことだろう。もう何百時間、処女懐胎などという人類の夢想に向き合い続けてきたことだろう。>


さらに白鷺女子高校の生徒の見学場面では、
<注意するのをあきらめて、美術担当らしき女子教諭が控えめに説明を始めた。
「この作品が、エル・グレコの『受胎告知』です。エル・グレコはどこの画家か知っとる?わからん?スペインの画家じゃね。これは一六〇三年に完成したということじゃから、いまから四百年も前のことなんよ。そんな昔むかしの絵が、いま、みんなの目の前にあるんよ。なあ、すごいと思わん?」>
見事な岡山弁で書かれており、私にはイントネーションまでわかります。

原田マハさんの略歴を調べると、
<1962 年東京都生まれ。東京都在住。中学、高校時代を岡山市で過ごす。 関西学院大学文学部日本文学科、早稲田大学第二文学部美術史科卒業。 伊藤忠商事株式会社、森ビル森美術館設立準備室、ニューヨーク近代美術館勤務を経て、2002年フリーのキュレーター、カルチャーライターとなり、2006年より作家となる。2005年『カフーを待ちわびて』で第一回日本ラブストーリー大賞受賞。2012年『楽園のカンヴァス』で第二十五回山本周五郎賞受賞。>
とあり、その経歴は華麗で、自分のやりたいことをやり通すという、活動的な女性です。

 原田マハ「naked Maha」http://haradamaha.com/ ホームページにはプロフィールの項目に「自伝」と題して、詳しく年譜が記されています。それによると、
<小学6年生のとき、百科事典や美術書などのセールスマンをやっていた父の仕事の転勤によって、岡山へ。岡山市下井福に住む。岡山市立三門小学校、市立石井中学校を経て、私立山陽女子高校入学。フォークバンドを結成し、自作イラストつき恋愛小説、少女マンガを書くなど、かなり進歩的な10代を過ごす。>
とあり、小説に出てくる白鷺女子高は山陽女子高がモデルかと思ったり、娘の真絵は原田マハさん自身をモデルにしたのかと思ってしまいました。
これで岡山弁を自由に操っているわけがわかりました。

 キュレーターの資格まで取っておられる原田マハさんの小説を読みながら次回はバーゼル市立美術館へ。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11466629c.html
原田マハ | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)


岡山市北区に位置する岡山商科大学は、世界の政治・経済を視野に入れて時代の流れを読み、教育を改善し、地域に貢献する人材の育成に努めた結果、就職率がなんと 97.5% と 就職に強く 、地域から信頼される教育機関を目指しています。 産学官連携活動を通して 斬新な発想力 で地域の活性化に貢献しております。 大学選びは今後の人生を大きく左右します。 学部毎に選択制のコースがある岡山商科大学は 面倒見が良くて親切 なので、行って良かったと言えます!

[ 岡山商科大学はあなたの夢を叶えます! ] 2018/09/12 14:55:44 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
原田マハ「希望のギフト」は甲山のテニスクラブが舞台
原田マハ「あしたのレシピ」クライマックス場面は山手台北公園
原田マハ「あしたのレシピ」の舞台は宝塚山手台のオアシスキッチン
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
seitaroイメージ
阪急沿線の街にゆかりのある小説や随筆、アニメの舞台を訪ね、当時の景色や登場人物に思いを馳せるセンチメンタル散歩です。震災以降、街並みは大きく変わりましたが、歴史ある美しい景観を守る一助になればと思っています。

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<