阪急沿線文学散歩

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/bungakusanpo

椹野道流『最後の晩ごはん』第二作の舞台は芦屋市ルナ・ホール

 椹野道流『最後の晩ごはん』第二作「小説家と冷やし中華」では、「ばんめし屋」の上顧客である小説家淡海五朗の妹の幽霊が登場します。


 淡海五朗のかつての教え子が「劇団バーサンズ」を立ち上げ、ルナ・ホールで朗読劇『安寿と厨子王』を上演することになります。
<「そうそう!実は彼女たちがね、来月、発表会を開くんだ」「発表会?朗読の、ですか?」「うん。友達や家族に、自分たちの朗読を聞いてほしくなくなったんだってさ。JR芦屋駅近くにルナ・ホールってあるの、知ってる?」海里はちょっと考えてから曖昧に頷いた。「たぶん、あれのことですよね。国道二号線を超えて、芦屋川ぞいにずーっと上がっていくとある、コンクリートにちょっとツタが張った建物」「そうそう、それ」「結構立派なホールじゃないですか、あそこ」「そうなんですけどね、借りるのはあくまでも小ホールだから、舞台として平台を置いたら、詰め込んでもせいぜい百人くらいしか入らないんじゃないかな。勿論、そんなに人は来ないだろうけど」>

 芦屋川ぞいに立つ、坂倉建築研究所設計のルナ・ホールです。

 写真を撮って気が付きましたが、芦屋市は六麓荘に限らず、市街地の無電柱化を進めているそうで、ルナ・ホールのある芦屋川沿いには電柱がなく、美しい写真が撮れました。

 
 この後、「ばんめし屋」の上顧客である小説家淡海五朗の複雑な出自と、異父兄妹で、高二のときに、居眠りトラックに轢かれて亡くなった妹の純佳の存在が明かされます。
<それから四日後の日曜日。いよいよ、発表会当日である。ルナ・ホールの小ホールでは、貸出時間の午後一時から、夏神と海里、それに淡海が会場設営を始めた。淡海は、数日前のことなど忘れたようなひょうひょうとしたいつもの態度を保っており、夏神と海里も。彼の妹の幽霊については、何一つ口に出しはしなかった。ホールの一角に平台を置いて小さな舞台を作り、舞台と客席に椅子を並べ終わるころ、絶妙のタイミングで本日の主役、劇団の面々が到着した。>

ルナホールの小ホールです。

 壁面が鏡になっており、普段ダンスの稽古などにも使われるそうです。演劇などは、カーテンを閉め、前に平台を置いて、会場にパイプ椅子を並べ上演するそうです。

スポットライトを点けてもらうとこんな雰囲気になりました。
 小説には、借りるときの費用や様子が詳しく書かれており、椹野道流さんは実際にお使いになったことがあるのではないでしょうか。
 第二作は兄妹の互いに思いやる心が描かれた泣けるストーリーになっていました。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11601226c.html
椹野道流 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
三宮一貫楼も登場する『最後の晩ごはん』おにいさんとホットケーキ
椹野道流『最後の晩ごはん』に登場する芦屋神社
芦屋で知る人ぞ知る名店「ばんめし屋」(椹野道流『最後の晩ごはん』)
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
seitaroイメージ
阪急沿線の街にゆかりのある小説や随筆、アニメの舞台を訪ね、当時の景色や登場人物に思いを馳せるセンチメンタル散歩です。震災以降、街並みは大きく変わりましたが、歴史ある美しい景観を守る一助になればと思っています。

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<