阪急沿線文学散歩

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/bungakusanpo

グリコ・森永事件が題材の『罪の声』に登場する思い出の阪神パーク

 グリコ・森永事件を題材にして、昨年の「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位に選ばれた『罪の声』の作者は、尼崎市生まれ、関西学院大学社会学部卒業、2012年に神戸新聞社を退社し、専業作家となったという塩田武士氏。


 著者は、「この一冊を書くために、グリ森の関連書籍や公表されている資料に可能な限り当たったのはもちろん、事件が起こった84年から85年にかけての新聞すべてに目を通しました。事件現場にも何度も足を運びましたし、周辺に住んでる方への「聞き込み」もやりました。」と取材への情熱を語り、
『罪の声』の最後のページには、<本作品はフィクションですが、モデルにした「グリコ。森永事件」の発生日時、場所、犯人グループの脅迫・挑戦状の文言、その後の事件報道について、極力史実通りに再現しました。>記しています。

 現場の様子から脅迫状の文言に至るまで、忠実に再現しながら、80年代半ばの日本社会の世相を描き、事件が紐解かれていくという構成によって、「グリコ。森永事件」の臨場感を味わいながら読み進むことができた作品でした。

 著者が取材する過程で、特に印象に残ったのは大阪の摂津市にある水防倉庫と述べています。

<ここは「グリ森」で江崎勝久社長が実際に監禁された場所ですが、行ってみると、倉庫だけがぽつんと立ち、周辺には何もない。「犯人に土地鑑がなければ、絶対にここには連れてこないだろう」と改めて思いましたね。>

 私がこの作品の中で印象に残ったのは、今も当時の姿のまま残っている水防倉庫とは対照的に、2003年に閉鎖され、今や跡形も無くなっている「阪神パーク」の光景。


 ネタバレになりますので、登場人物の説明はいたしません。
<「時期は分からないんですが、達夫さんは一度、俊也さんを動物園に連れていかれたみたいですよ。阪神パークやったかな」阪神パークはかつて甲子園球場前にあった娯楽施設で、動物園のほかジェットコースターや観覧車なども設置していた。
「あっ、そうや。レオポン見に行ったとか言うてましたね」久しぶりにレオポンと聞いて、俊也の海馬が疼いた。何かあると思った後、すぐ頭に浮かんだのは、ヒョウとライオンの間に生まれた珍獣の姿ではなく、キツネ目の男だった。>

レオポンの剥製は現在もリゾ鳴尾浜に展示されていました。

<たまに思い出すキツネ目の男を尾行するシーン。あれは阪神パークの伯父の後をついて歩く光景だったのではないか。今はなき素朴な施設の情景が甦り、俊也の胸に懐かしく、切ない気持ちが込み上げる。>

著者は1975年生まれ、グリコ森永事件発生時は6歳ですから、この光景は著者の幼いころの思い出と重ねているのかもしれません。

その跡地には今は何も残っていません。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11603426c.html
甲子園 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
重松清の原作から生まれかえった大森寿美男『アゲイン28年目の甲子園』
大正11年の鳴尾野球戦(下村海南『新聞に入りて』より)
上甲子園にあるムレスナティーハウス西宮本店へ
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
seitaroイメージ
阪急沿線の街にゆかりのある小説や随筆、アニメの舞台を訪ね、当時の景色や登場人物に思いを馳せるセンチメンタル散歩です。震災以降、街並みは大きく変わりましたが、歴史ある美しい景観を守る一助になればと思っています。

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<