阪急沿線文学散歩

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/bungakusanpo

門井慶喜『屋根をかける人』W.M.ヴォーリズと心斎橋大丸

 門井慶喜『屋根をかける人』の最後には、ヴォーリズ建築の研究者として有名な大阪芸術大学教授・山形正昭氏から教示を得ましたとの謝辞が記されており、小説の中でも数々のヴォーリズ建築が登場します。
 広岡浅子の大同生命本社ビルはもちろん、昨年から建替え工事にはいっている心斎橋大丸も登場します。


 大正4年の秋か冬のこと、近江八幡の事務所に戻って来たヴォーリズは佐藤久勝を呼びます。
<メレルは彼の横に立ち、ぽんと肩をたたいて、「おもしろいところから話がきました。教会でも保険会社でもない、あなた好みの業界です。デパートメントストア」「でぱーと?」「百貨店ですよ。心斎橋の大丸」>と佐藤久勝にデザインをまかせるのです。
 佐藤久勝は、滋賀県立商業学校(現:八幡商業高校)出身で、ヴォーリズのバイブルクラスで学んだ生徒の一人でした。

2015年には「心斎橋大丸原図展〜ヴォーリズと佐藤久勝〜」が各地で開催されていました。

この人事が図に当たります。
<ひとたび心斎橋筋に面した東側の中央玄関から入った客は、「わっ。」わっ」大きな声をあげ、ぽかんと口をひらくのがつねだった。何しろ一階の天井がたかだかとしている。壁沿いに中二階がぐるりと浮いている。>

<親柱、太い。まるで床柱のような存在感だが、てっぺんが六角状になっていて、その六つの側面はそれぞれに雪の結晶にも似た幾何学模様の電飾がきらきらと埋め込まれているのが斬新だった。様式的にはアールデコに属するのだろうが、それにしても重厚で軽快、少々しちくどいほどのモダンさの演出。こういう異質感あふれる空間設計は、メレルのついぞ発想し得ないところだった。>

<この雪の結晶ふうの紋様はまた、全館を通じての主旋律ともなっている。壁、天井、エレベーターホール、いたるところで大きさを変え、色を変えつつ目立ちに目立っているため、― 商品がかえって貧相に見える。百貨店の支配人が当惑顔をしたほどだった。>

<いちばん街の話題になったのは、内部装飾ではなかった。外壁でもなかった。その境界線というべき東側の中央玄関。いったいに大阪はむかしから屋号をまったく憶えぬことを粋とする客が多く、−高島屋?どこの反物屋や。などとうそぶくのが常だったが。その彼らでさえ、こと大丸に関しては、−ああ、あの孔雀の。しぶしぶ言わざるを得なかった、その孔雀のレリーフが中央玄関の上に凛然とはめこまれていた。>

<常識的にはあり得ない選択だが、これもまた、発注先であるアメリカのアトランティック・テラコッタ社の担者が、−こんなのはどうでしょう。と提案してきたのへ、「メレル先生、これですよ。これにしましょう」熱心に言ったのは佐藤久勝に他ならなかった。>
<こうして大丸心斎橋店は「あの孔雀の」になり、日本最高の百貨店建築のひとつとなった。>
 しかし佐藤久勝は完成少し前、大丸の建設現場で肺炎で突然倒れます。
昭和7年1月6日佐藤久勝は、完成した大丸の建物を見ることなく永遠の眠りについたのです。

昭和 20 年3 月の大阪大空襲で5 階以上を焼失しながらも耐えた歴史的建造物。
どのような姿でよみがえるのでしょう。

発表されている完成予想図です。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11604263c.html
ヴォーリズ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
門井慶喜『屋根をかける人』に描かれたヴォーリズ設計の広岡本邸
門井慶喜『屋根をかける人』に描かれたW.M.ヴォーリズの結婚式
南郷山にヴォーリズ建築事務所設計の建築物が出現か
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
seitaroイメージ
阪急沿線の街にゆかりのある小説や随筆、アニメの舞台を訪ね、当時の景色や登場人物に思いを馳せるセンチメンタル散歩です。震災以降、街並みは大きく変わりましたが、歴史ある美しい景観を守る一助になればと思っています。

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<