阪急沿線文学散歩

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/bungakusanpo

堂島のパボーニで「味いちもんめ」の倉田よしみ 漫画・イラスト原画展

「味いちもんめ」の倉田よしみ 漫画・イラスト原画展が、大阪市北区堂島の「カーサ・ラ・パボーニ」にて開催中です。

期間:2017年5月16日(火)〜6月9日(金)


倉田よしみ氏は、ちばてつやのアシスタントを経て、1978年、「週刊少年サンデー」に掲載の『萌え出ずる…』でデビュー。

86年から「味いちもんめ」シリーズを漫画誌で連載、現在は「味いちもんめ〜にっぽん食紀行〜」を手がけられ、2013年から京都造形芸術大マンガ学科教授。神奈川県にお住まいとのことですが、大手前大学専任教授も務められており、西宮にも来られるとのこと。パボーニでお会いしてお話させていただきましたが、気取らない大変親しみの持てる方でした。





 京都新聞の「知と感性の異種格闘技」というコラムに、倉田よしみ氏と料亭「木乃婦」社長の高橋拓児氏との対談が掲載されていました。

そこで夢を持つ若者を導き、技術を伝える責任について、次のように述べられていました。

<倉田 40年以上前にちばてつや先生のところでアシスタントをしましたが、当時は誰も教えてくれず、見よう見まねで覚えた。>


<倉田 漫画制作を学ぶ学生も静かな子が多い。見えないところで努力すればもっとうまくなるのにと思うこともあります。今の漫画界は若い人を育てる体制ではなく、ある程度仕事ができる人を集める。僕がアシスタントの時代は周りを見て一つ一つ仕事を覚える余裕もあった。背景などを描く中で、これだけはほかの人に負けないようにと技術を磨いた。>


<倉田 うちは4人のアシスタントがいて、1回16ページを隔週で雑誌に連載中です。朝方まで描き続ける日々ですが、アドレナリンが出るのか、ずっと書いていたい気持ちになる。ペン先や鉛筆など道具にもこだわります。細部に完璧さを求めるので、完成はいつも締め切り間際。20時間以上起きていることもあり、息抜きにみんなで食事に行くこともある。>

一流の漫画家への道の厳しさが伝わってくる対談でした。


でも倉田教授の授業は学生には人気があるとのこと。人柄からでしょうか。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11605375c.html
パボー二 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
ひぐちともこさんの絵本『4こうねんのぼく』
2017年のパボーニ・カレンダー
良き昭和の匂いがする素敵な喫茶店「カーサ・ラ・パボーニ」
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
seitaroイメージ
阪急沿線の街にゆかりのある小説や随筆、アニメの舞台を訪ね、当時の景色や登場人物に思いを馳せるセンチメンタル散歩です。震災以降、街並みは大きく変わりましたが、歴史ある美しい景観を守る一助になればと思っています。

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<