阪急沿線文学散歩

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/bungakusanpo

ピーターラビット・シリーズに登場するホークスヘッド村

 ホークスヘッドの村の情景も、ピーター・ラビット・シリーズに登場します。


 まず『パイがふたつあったおはなし』でネコのリビーとポメラニアンのダッチェスがお互いに黙ってお辞儀をしてすれ違った場面のくぐりぬけの道です。


ホークスヘッドにはくぐり抜けの道がいくつかありますが、モデルとなったのは上の写真の場所のようです。


次は『まちねずみのジョニーのおはなし』に登場するくぐり抜けの道。いなかねずみのチミーが野菜かごの中で眠っている間に、荷馬車でホークスヘッドまで連れて来られた場面です。


上の写真が現在のくぐり抜けの道の様子です。壁の色は少し変わっていますが、100年近く前の絵に描かれたままの姿で残っています。


ここは現在はKings Arms Hotelのくぐり抜け道になっているようです。

外のテーブルでは皆さんビールを飲まれていましたが、看板を見ると、バーもあり、カフェ、食事もできるようになっているようです。


休憩に入ってみました。

玄関を入ると、ホテルというより典型的なパブです。


その奥の部屋にはテーブルが並んでおり、昼に、夕にのビールに疲れ、さすがにここではコーヒーにいたしました。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11644085c.html
ビアトリクス・ポター | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
イギリス湖水地方にあるビアトリクス・ポターの世界館へ
ワーズワースも住んでいたホークスヘッド村
ホークス・ヘッドの「ビアトリクス・ポター・ギャラリー」で原画鑑賞
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
seitaroイメージ
阪急沿線の街にゆかりのある小説や随筆、アニメの舞台を訪ね、当時の景色や登場人物に思いを馳せるセンチメンタル散歩です。震災以降、街並みは大きく変わりましたが、歴史ある美しい景観を守る一助になればと思っています。

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<