阪急沿線文学散歩

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/bungakusanpo

毎日新聞阪神版に椹野道流さんの特別展の記事が掲載

 本日の毎日新聞朝刊に芦屋市立公民館展示場での特別展の記事が掲載されました。
https://mainichi.jp/articles/20170831/k00/00e/040/195000c

山本愛記者による記事です。
<兵庫県芦屋市在住の医師で、作家の椹野道流(ふしの・みちる)さんの小説に描かれた芦屋市内の場所を撮影した写真と著書の特別展示が市業平町の芦屋市民センターで開かれている。阪神芦屋駅周辺が舞台の「最後の晩ごはん」シリーズ(角川文庫)は6月に8作目が刊行され、今後も続く予定だ。「展示をきっかけに親近感を持って作品も読んでもらえたら」と話す椹野さん。自分の住み慣れたまちをどんな気持ちで書いているのか尋ねた。>
<特別展示の会場には、「最後の晩ごはん」など約50冊と舞台となった市内の写真20点のほか、「椹野家の住人たち」と題して椹野さんの猫やイモリ、文鳥などのペット写真(5枚)も展示されている。9月1日まで。開館時間は午前9時〜午後9時半。>
全文は上記ウェブサイトで読むことができます。

この記事は椹野道流さんご自身のtwitterでも紹介されていました。
https://twitter.com/MichiruF?lang=ja

残念ですが、椹野道流さんの芦屋市立公民館での特別展は9月1日16時ころ終了いたします。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11653035c.html
椹野道流 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
あしや手帖でBSドラマ『足後の晩ごはん』ロケ地&小説の舞台紹介
BSジャパン『最後の晩ごはん』第8話で芦屋のビゴ本店が登場
BSジャパン『最後の晩ごはん』神戸グルメ案内は一貫桜の豚まん
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
seitaroイメージ
阪急沿線の街にゆかりのある小説や随筆、アニメの舞台を訪ね、当時の景色や登場人物に思いを馳せるセンチメンタル散歩です。震災以降、街並みは大きく変わりましたが、歴史ある美しい景観を守る一助になればと思っています。

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<