阪急沿線文学散歩

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/bungakusanpo

芦屋での読書会課題図書はベルンハルト・シュリンク『朗読者』

 読書会のミーティング・ルームからベランダに出ると大阪湾の景色が広がります。

すぐ下には、先月オープンしたばかりのリゾートトラストのリゾートホテル「芦屋ベイコート倶楽部」と芦屋マリーナが見えます。

芦屋マリーナから神戸港の景色、春霞か黄砂のせいか、少し霞んでしました。

 さて読書会の課題図書はベルンハルト・シュリンクの『朗読者』。
 
発売後五年間で二十以上の言語に翻訳され、アメリカではミリオンセラーになった作品です。

2008年に映画化され、邦題は『愛を読むひと』。

十五歳の少年と三十六歳の女性の切ない恋物語かと思いきや、人間の尊厳を問う読み応えのある物語でした。

第T部は作者の得意とするミステリー仕立てになった構成になっており、読み出すと引き込まれていきます。

15歳の主人公ミヒャエルは黄疸による嘔吐で、36歳の女性ハンナと巡り合い、その後の官能的関係が綴られます。

その中でミヒャエルにも読者にも理解できないハンナの言動があり、途中でそれが物語の伏線であることに気づき、引き込まれていきます。

そして少しずつハンナの経歴があかされていきますが、最後に彼女は姿を消してしまいます。

第U部ではホロコーストについての問題提議がなされ深く考えさせられます。
 大学生になったミヒャエルは、ナチスの戦争犯罪に関する裁判を傍聴し、被告となっているハンナの姿を認めます。数週間続いた裁判によって、彼女が戦時中にどういう事件に関与していたのかが明らかにされますが、その中で戦争犯罪に対するミヒャエルの考え方は徐々に変わっていきます。これは、1944年生まれ法学者でもあるシュリンクの思考の変遷でもあるように思われます。
 ハンナが裁判長に向かって尋ねた、「あなただったらどうしましたか?」は読者に向かっての問いでもありました。

 
 傍聴を通じてハンナの秘密も明かされていきます。ハンナは、読むことも書くこともできなかったのです。それでようやく不思議な出来事のすべてのつじつまが合います。

第V部でミヒャエルは刑務所のハンナに本の朗読テープを送り続けます。
ハンナは刑務所の中で読み書きを覚え、ミヒャエルに手紙を書き始めますが、それでもミヒャエルのほうからは手紙を出しませんでした。

 刑務所長から語られる刑務所内におけるハンナの自己形成は感動的でした。
しかしある時期から彼女は修道院のような生活を投げ出してしまいます。

最後に彼女が自殺した理由は何だったのか、読み終えて再び深く考えさせられる小説でした。

本を読んだ後で、DVDを借りて見てみました。映画も優れた作品でしたが、原作を読んだ時の驚きと感動を超えることはありませんでした。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11717417c.html
芦屋 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』ヘールシャムは実在の町だった
6月の読書会はカズオ・イシグロ『わたしを離さないで』
芦屋の中山岩太邸跡を訪ねる
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
seitaroイメージ
阪急沿線の街にゆかりのある小説や随筆、アニメの舞台を訪ね、当時の景色や登場人物に思いを馳せるセンチメンタル散歩です。震災以降、街並みは大きく変わりましたが、歴史ある美しい景観を守る一助になればと思っています。

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<