阪急沿線文学散歩

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/bungakusanpo

ヴォーリズさんのウサギとカメを見てきました

 豊郷小学校の図書館と講堂の紹介をしましたが、旧校舎の紹介が遅れました。

校舎は二階建てですが、玄関のある中央部分だけは、三階建てになっています。

幅2.8mの広い木の廊下、天井も高く立派で、大きな窓からの採光も十分です。現在は豊郷町教育委員会事務局もこの教室を使っています。

 この敷地と建物を寄贈した古川鉄治郎がヴォーリズと理想の小学校建設に向けて相談していたとき、ヴォーリズが「ミスターフルカワ、学校のシンボルとなるものを考えましょう」と話しかけます。古川鉄次郎は、小学校の時に先生から言われた、「カメのようにゆっくりでいいから、前へ進むんだ」という言葉を思い出し「カメはどうですか?」と答え、学校のシンボルをイソップのウサギとカメにすることに決まったそうです。(財団法人芙蓉会発行・上坂和美・文『あったかいね、永遠の学び舎 豊郷小学校物語』より)


 一階から二階へは、真ん中と両端に階段が三か所あり、いずれの階段にもウサギとカメの像が乗っています。

階段の一番下にはウサギとカメが並んでいます。

階段を登った途中に別のカメがいて、更に先にもう一匹のカメが登っています。

そして各踊り場ではウサギが眠っています。

一番上まで登りきると、そこにはカメがいて、下をのぞいていました。

中央三階は音楽室で、舞台もあり、ミニスカートの女子高生の撮影の最中でした。

2011年にはアニメ映画『けいおん!』が全国一斉公開され、そこで登場する桜ケ丘高校軽音楽部の校舎のモデルが豊郷小学校でした。

様々な関連グッズが旧図書館で展示されていました。

現在もイベントは続けられているようです。

ヴォーリズが設計した貴重な校舎群が有形文化財に登録され、町おこしにも使われ本当によかったです。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11723813c.html
ヴォーリズ | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

ブログタイトルの写真変えられたんですね。
桜の淡いピンクと阪急電車のブラウンのコントラストが好いですね。場所はどの辺りなんでしょうか?(^_-)

堺[ なにわのオオカミ ] 2018/04/04 23:52:23 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
ヴォーリズの洋館が小説に登場(『湖猫、波を奔る』)
豊郷小学校を寄贈した古川鉄治郎氏は神戸女学院講堂を見学していた
豊郷小学校にも神戸女学院図書館と同じ螺旋階段がありました
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
seitaroイメージ
阪急沿線の街にゆかりのある小説や随筆、アニメの舞台を訪ね、当時の景色や登場人物に思いを馳せるセンチメンタル散歩です。震災以降、街並みは大きく変わりましたが、歴史ある美しい景観を守る一助になればと思っています。

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<