阪急沿線文学散歩

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/bungakusanpo

遠藤周作『砂の城』泰子は母と勝之の秘密の場所へ

 泰子は甲東園で恩智病院を探した後、恩地勝之の秘密の場所を訪ねます。阪急逆瀬川駅で降ります。

<駅に戻って逆瀬川駅までの切符を買った。時刻は昼近くだった。逆瀬川は終点の宝塚から二つ手前の駅で、あの母の手紙では彼女に恩智勝之が「秘密の場所」を教えたところなのである。白い川原の両側に大きな邸宅が並んでいた。間もなくゴルフ場を矢印で示した看板が目についた。「秘密の場所」は母の手紙ではこのゴルフ場にそった山の寺の下にあるはずだった。>

泰子は逆瀬川に沿ってしばらく上ったあと、左に曲がり宝塚ゴルフ倶楽部の方へ向かいます。

小林聖心女子学院の裏門の前を通り、ゴルフ場を抜ける道へ。


<甲山と六甲山脈の山々がうしろに拡がっている。なだらかなゴルフ場のあちこちには黄ばんだアカシヤの大木が植えられ、まるでスイスの牧場のようである。二組ほどのグループがゴルフのクラブをふっている。そのゴルフ場の途中に遊岩寺と書いた立札が出ていて泰子はすぐ、(ここだわ)と道を右にとった。>

ゴルフコースがスイスの牧場を思い起こさせたようです。

「遊岩寺」のモデルとなったのは仁川うぐいす台の「法華閣」です。
<道は枯葉の散った山道となり、両側は茶褐色や黄色になった雑木林に変わった。小鳥が時々、するどい声を出して林のなかから飛び立った。渓流の小さな音がきこえた。耳をすますとそれにまじって砂のように乾いた音もする。風がかすかに吹くたびに舞い散る木の葉だった。>

<彼女は滑らぬように注意しながら渓流のそばまでおりてみた。舞った枯葉が水に浮かび、岩と岩との間を流れていく。小さな滝にかくれ、姿をみせる。水は枯葉をそこに残して岩と岩との間をぬっていく。静かだった。母と恩智勝之が腰かけたのはどこか、わからない。ここだったかもしれない。>

仁川うぐいす台は住宅地に変わってしまいましたが、遠藤周作の秘密の場所は、法華閣の私有地になっているのかもしれませんが、現在もこのように失われずに残っていました。

小仁川の支流にあたります。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11729973c.html
遠藤周作 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
遠藤周作は、経験した阪神大風水害を小説でどのように描いたか
佐藤愛子さんは本当に灘中で評判の甲南女学生だったのか
遠藤周作が小説家としての鍛錬に役立ったという告白室
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
seitaroイメージ
阪急沿線の街にゆかりのある小説や随筆、アニメの舞台を訪ね、当時の景色や登場人物に思いを馳せるセンチメンタル散歩です。震災以降、街並みは大きく変わりましたが、歴史ある美しい景観を守る一助になればと思っています。

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<