阪急沿線文学散歩

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/bungakusanpo

「藤本義一の書斎」を訪ねる(藤本義一はゴッホの大ファン)

 芦屋奥池に、小説家、テレビの司会者、放送作家作家など多彩な活躍をされた藤本義一氏のギャラリー「藤本義一の書斎」を訪ねました。


二女の藤本芽子さんと、ギャラリーを管理する画家の方がおられ、お話を伺うことができました。

義一さんの机です。

 若かりし頃は「東の井上ひさし、西の藤本義一」と呼ばれるほどの賞を競い合った仲ですが、井上ひさしさんからの葉書もありました。

 こちらは田辺聖子さんからのお手紙。

ペイネのイラストの便箋と封筒、田辺さんの字も可愛い。

こちらは義一さんの日記。

執筆した著書も多く、書棚を埋め尽くしていました。

昭和41年に発刊された「全調査京阪神周辺 酒、女、女の店」
目次だけ見ていても、時代が反映されていて面白いのですが、義一さんは全店踏破されたのでしょうか。

 ここで初めて知ったのは、義一さんがゴッホの大ファンであったこと。

今は残念ながら残っていませんが、ギャラリーの前に、このようなゴッホの「黄色いアルルの家」を模して別邸を建てられたとのこと。壁の色も黄色く塗られていたそうです。


 ゴッホの細長いベッドも再現して作られ、義一さんのお気に入りだったとのこと。


 義一さんの生前のDVDもたくさん見せていただきました。
ギャラリーは土曜と日曜に開廊されており、入場料は無料です。
http://giichigallery.net/information.html





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11767814c.html
芦屋 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

芦屋ですね 上ヶ原の自宅は学生時代前をよく通り 10テレビの迎えの車が良く来ていました。

[ モンセ分店薬局 薬剤師徒然日記 ] 2018/08/18 9:45:30 [ 削除 ] [ 通報 ]

今でもご自宅は甲東園とのことです。先月「藤本義一の思い出」というイベントに藤本統紀子さんが出演されていましたが、お元気そうでした。

[ seitaro ] 2018/08/18 9:57:41 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
『異人館の少女』五堂英雄氏の最後は市立芦屋病院
藁科れい『異人館の少女』エピローグは「芦屋川べりで」
『異人館の少女』に描かれた橋本京子の県立芦屋高校時代
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
seitaroイメージ
阪急沿線の街にゆかりのある小説や随筆、アニメの舞台を訪ね、当時の景色や登場人物に思いを馳せるセンチメンタル散歩です。震災以降、街並みは大きく変わりましたが、歴史ある美しい景観を守る一助になればと思っています。

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<