阪急沿線文学散歩

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/bungakusanpo

朝ドラ「まんぷく」大大阪時代に登場する建物は超一流

 NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」が始まりました。
第一話を見て、ストーリーだけでなく映像が楽しみになりました。
最初の映像。

もちろんCGでしょうが、大きなビルは阪急百貨店でしょう。

上の写真は昭和45年の阪急百貨店。

時は昭和13年、大東京市が誕生し勢いは陰りつつあるものの、まだ大大阪時代です。

「べっぴんさん」で登場した大急百貨店、「半分青い」「マッサン」でも登場した?日の出ビールの看板が見えます。

ヒロインの福ちゃんが勤める大阪東洋ホテルには、遠藤新設計の旧甲子園ホテルが使われています。

 東の帝国ホテル、西の甲子園ホテルと言われたくらいの高級ホテルでしたが、営業した期間は短く、このような形で本来のホテルとしてよみがえった映像には感激しました。

ロビーの上にこんな2階があったのかと思いましたが、遠藤新のデザインの椅子も見えています。

ホテルの裏庭の映像。遠藤新にこの映像を見せたいと思うくらい、国際色豊かな素晴らしいホテルになっています。

福ちゃんが卒業した高等女学校として、ヴォーリズ建築の神戸女学院が登場。

神戸女学院の中庭にセーラー服姿はしっくりしませんが、これからも登場しそうです。
しばらく目が離せません。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11779190c.html
大阪 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

一番上の写真、中央の白い建物はミナミの高島屋百貨店のようです!
二番目の写真は阪神百貨店ですね。

[ Z探偵団 ] 2018/10/02 14:41:53 [ 削除 ] [ 通報 ]

そうだったのですか、とんだ勘違い。

[ seitaro ] 2018/10/03 16:02:29 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
『大阪倶楽部』と明治時代創設の神戸の独逸人倶楽部を比べてみました
文化財カフェ西日本2位の中之島図書館Smorrebrod kitchen Nakanoshimaへ
ニューヨークで大人気という朝食を探りにサラベス大阪店へ
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
seitaroイメージ
阪急沿線の街にゆかりのある小説や随筆、アニメの舞台を訪ね、当時の景色や登場人物に思いを馳せるセンチメンタル散歩です。震災以降、街並みは大きく変わりましたが、歴史ある美しい景観を守る一助になればと思っています。

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<