犬と歩く夙川

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/fukuchan

徳島から淡路島

弾丸ツアーの部類と思われます。
11時から徳島県板野町にあるナイマンドッグスクールで
ひなちゃんの躾教室に参加しました。





終わった後で、
近所のお友達と合流すべく淡路島の郡家の近くにある海水浴場へ。
帰りに郡家のお肉屋さんで、コロッケを買って、
北淡町のインターから乗って五時にかえってきました。


徳島の帰り淡路島で降りたのは初めてでしたでした。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11663366c.html
犬のはなし | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ソガ・ペール・エ・フィス ワイナリーの日本酒 

柿炭(かきたん)さんという日本酒のバーに行きました。阪神西宮駅を南に降りる道が、えべっさんの赤門から東に行く道と交差するあたり、谷矢製餡の東向あたりにあります。



目的は小布施ワイナリーが醸造している日本酒があるとfacebookで見たので、飲むためです。ワイン造りのできない、冬期に日本酒を少量造られています。ワイナリーが、空いている時期に日本酒を作っているものが入荷したとかいてあったからでした。

Sogga pere et fils  
Le Sake Erotique
Deux & levures sauvages


美山錦を自家栽培して、40石の生産量、同じソガ・ペール・エ・フィスですが、六種類の酵母を使い分けておられるようで、昨日のものはドゥー、二号酵母、伏見の『月桂冠』の新酒から分離された酵母のようです。 

http://www.abetaya.com/hp/obuse-kura/o-sake.html
http://sakearchive.hatenablog.jp/entry/le-sake-erotique-1-6

飲んだのはなぜか2015年。ワインは保存して飲むことも多いですが、日本酒は基本的にその年の酒を新鮮なうちに飲みきります。帰ってきてから気づきましたが、冷蔵庫で保存した日本酒をしょうがなく飲むことがありますが、結構味が変わることは経験しています。さて、このお酒一年前に飲んだら、あるいは2016年はどんな味だったのでしょう。

日本酒は辛口と言っても甘みがあり、ついつい飲んでしまうので、最近はほとんど飲んでいません。そのバーは灘の酒が多いのですが、喜十郎を含めて何種類か飲んでしまいました。

ビールでも、ワインを飲んでも大丈夫ですが、何故でしょう日本酒は頭の芯が痛くなって来ます。空きっ腹にだったからでしょうか。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11662740c.html
ワイン | コメント( 1 )

ふくさん、こんばんは。
あらら、そんなところに、こんな酒屋が・・・。
以前は、ちょっと入りずらい自称立ち飲み屋だったところかな?

わたしは、そのお店のすぐ西北にある福井酒店。90歳のおばあちゃんの立ち飲みでまったりする土曜の午後が好きです。

[ もしもし ] 2017/09/23 2:48:05 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

アーモンドプードルと卵のパウンドケーキ

アーモンドプードルと卵のパウンドケーキです。小麦粉ではなくアーモンドプードル、砂糖ではなくラカントなので、食べても血糖値への影響が少ないです。

材料〜卵4個  無塩バター100g. ラカント100g.  アーモンドプードル100g. パーキングパウダー小さじ1. バニラエッセンス少々  
作り方〜をミキサーにかけ、ギーを塗ったパウンド型に入れ、電気オーブン180度で25分ほど焼きました。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11662032c.html
糖質制限とトレーニング | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ワイン飲み放題

魚屋さんでサンマを買ったら、
包み紙がこのおしらせでした、
芦屋の竹園のワインバイキング❣



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11661857c.html
ワイン | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

新刊本

読みたい本が多すぎます。

昨日大阪に行くのに、エビスタに車を止めたので、
帰りに二千円分のお買い物をしました。

いつもはエビスタ阪神に直行して
ビールや食品を買いますが、昨日は
ちょっと本屋さんの前を通りました。


新刊書が並んでいるコーナー、
もし文豪たちが…、昔もこんな本がありました。
そして宮部みゆきら佐藤愛子など、
売れ筋の本も読みたくなります。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11661752c.html
本のはなし | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

佐賀の丸ぼうろと千鳥屋

昨日佐賀土産の丸ぼうろを一つ食べました。


増田の小城羊羹本家というところのもので、
いつも食べるものより甘く感じました。

丸ぼうろは南蛮菓子だそうで、
カヴァカ・フィーナ・デ・カルカスというポルトガル北部の菓子が日本に伝来したものといわれています。もともとの菓子はもう少し固かったようで、ひょっとしたらビスコッティみたいなものかもしれません。

佐賀市にある北島と鶴屋という店が日本の丸ぼうろのルーツといわれており、江戸時代には作られていたといわれています。

ところで、千鳥屋というお店が近畿各所にあります。不思議なことにこのお店は福岡や東京にも元々ルーツを同じくする店がチェーン展開しています。西宮にあるのは大阪から西宮にやってきた株式会社千鳥屋総本店で、東京の千鳥屋総本家株式会社、博多にある株式会社千鳥饅頭総本店とは今は組織が違うのですが、売られている饅頭は似たものもあり、ルーツは九州で佐賀にあった松月堂からわかれたものだったようです。

丸ぼうろは西宮では千鳥屋に売られています。千鳥屋は京都の鍵善さんの竹筒入りの水ようかんや、丸ぼうろなど各地の名産のコピー商品が手頃な値段で買えます。関西では殆ど売っていなかった醤油味の甘みの少ない御手洗団子が一時期あったのでびっくりしたこともあります。

で、丸ぼうろも単なるぱくりかと思っていたら、九州の千鳥屋の別れた先である佐賀の松月堂、ここでも丸ぼうろが売られていたとあるので、なるほど、と思いました。

※参考にしたのはウィキペディアです。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11661040c.html
和菓子のはなし | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

樋之池にローソン新店

芦屋のいかりから車で帰ってくる途中、
樋之池公園の東北の信号のところにLAWSONができようとしているのを見つけました。



コープから北に出たところです。
少し前まで長らく大きな月極めの駐車場になっていたのですが、
LAWSONも比較的広い駐車場があります。

地元民でなければ、
苦楽園にと書くのでしょうけど、
この辺りは「苦楽園口」の駅から西に歩いてきて、「苦楽園」に上がる手前にある樋之池のあたりといえばよい辺りでしょう。

この先、中新田川を越えて斜面にあがっていくと苦楽園です。

後からできた商店街にやってきて
商売してる人が、
商店会として苦楽園口を苦楽園と標榜してしまっているから
わかりにくいことになっています。

地元にいる人に場所をわかって欲しいのなら、苦楽園に新しくお店を開店しましたなどという紛らわしか表現はやめてほしいと思うのですが、
もう無理なぐらい、めちゃくちゃになっていて、残念です。

LAWSONは駅の西側は3店舗目です。
東側にはFamily Martが三軒あります。

セブンイレブンはこのローソンから苦楽園に上がる中新田川の辺りに一軒と芦屋に出る岩園トンネルの手前に一軒あります。他のコンビニはありません。

糖質制限派はブランパンのあるLAWSONかライザップとコラボ商品のあるFamily Martに行きます。マックスバリューも糖質制限の食品をたくさん出していますが、糖質制限菓子はやはりあまり美味しく無いので、そんなにまでして食べなくてよいとおもいました。









goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11660563c.html
西宮のこと | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

エビスタ阪神増床

阪神西宮駅の北側何やら工事が始まるようです。
エビスタが増床され、三階には保育所とフィットネスが入るとか。
駐車場は増床しないやうですので、土日は混んで行けなくなるのか?そうでもないのかかどちらでしょう。この駅、パーク&ドライブに便利なのであまり混まないのがうれしいのですが。テナントはまだ未定だそうです。

詳しくは神戸新聞をご覧ください。






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11660331c.html
西宮のこと | コメント( 2 )

嬉しい情報ありがとうございます♪
月に2、3回利用するので、お店が増えるのはありがたいです☆

[ ぷりんまろ ] 2017/09/17 18:18:00 [ 削除 ] [ 通報 ]

震災後浦島太郎状態で帰省して今のスタイルの西宮駅を初めて利用した時、余白の多い造りだなあと思っていましたがやはり増床ですね。ただ、エビスタは男の靴は買えても男の服が買えないところですよね。それは変化なしなのですね。

[ せいさん ] 2017/09/17 20:27:18 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ヴィアデル エンメ

大阪の福島にあるイタリアン、ヴィア デル  エンメに行きました。こちらのお料理、イタリア産の削りトリュフがしっかり乗っていて、手の込んだお料理を少しずつ、そして選ばれたお料理似合うワインというのがとても魅力的でした。












goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11659911c.html
ワイン | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

世界の国別ワイン生産量

ワイン、飲むばかりではなく、少し学んでみようと思い始めてはや二年。

一年目は、結構理解するのも大変だなと思うままに過ぎ、
二年目には漸くなんとなく概略が理解でき、
三年目はいろいろな情報を資料がなくても説明できるように、記憶しようと思っているところです。

ワインというと、フランスが本家と思うのが日本人の常じゃないかと思いますが、
生産量は必ずしもフランスが一番というわけではないのに驚かされます。

世界でのブドウの総栽培面積は約800万ヘクタールで、ブドウの収穫量は6700万トン(毎年)だそうです。

その中でワインを生産する国は2012年現在ではイタリアが一位、二位がフランス。この両国を合わせて全世界の37%だそうです。イタリアとフランスの収穫量は似ていますので時々いれかわるそうです。これはイタリアがフランスより南に位置しているため、温暖でフランスよりもブドウの栽培にむいているからだそうです。以下がワインの生産量と消費量のランキングです。

ワインの生産量のランキング

1位:イタリア
2位:フランス
3位:スペイン
4位:アメリカ
5位:アルゼンチン
6位:中国
7位:オーストラリア
8位:南アフリカ
9位:ドイツ
10位:チリ

ワインの消費量のランキング

1位:ルクセンブルク
2位:フランス
3位:イタリア
4位:ポルトガル
5位:スイス
6位:デンマーク
7位:クロアチア
8位:ギリシャ
9位:スロヴェニア
10位:スペイン

生産量の上位に中国があることや、消費量の一位にルクセンブルクがあることが少し意外ですが、消費量一位はルクセンブルクでは税金が加算されないから、いろいろな国の人が買い物に来るということもあるそうです。

ブドウの生産量みると、これには食用も含まれているため、また違った数字がでてきます。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11659438c.html
ワイン | コメント( 1 )

中国が6位とは驚きました。日本のワインもなかなか人気が出てきたと聞きましたが、生産量はまだ少ないのですね。

[ mamimi ] 2017/09/15 18:37:27 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ふくイメージ
西宮を中心に古書や古い新聞に書かれた記事をもとに阪神間の昔をたどったり、出典になった本や古書の紹介をしたり、備忘録的ではありますが、ぼちぼちと更新いたします。もちろん犬の話し、海外ミステリー、書画骨董、食べもの、ワインの話しなども、たまには織り交ぜて書きたいと思います。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

おすすめリンク