犬と歩く夙川

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/fukuchan

ポーの一族

阪急梅田駅で、
宝塚歌劇がポーの一族をするのをポスターで知りました。
宝塚歌劇は好みではないので、いきませんが、
なぜ今ポーの一族なんでしょう。
もっと前にしてきてもおかしくないのにと思いました。

そして思い出したのは、ポルの一族でした。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11679008c.html
その他 | コメント( 1 )

ふくさん、こんばんは。
じわっとブームのようですよ。
半年くらい前に新作が雑誌に掲載されていました。

[ もしもし ] 2017/11/08 22:30:58 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

食べた手で商品を平気でさわるな!

近隣ではたぶん一番大きめなので、サンシャインワーフにあるダイソーに行ったら、放送が入ってました。
お買い物中の飲食はくれぐれもご遠慮くださいという内容でした。

こんなところで何を食べるのだ?と思って歩いていたら、
子供連れの若い女性がお菓子を食べながら、商品を触っているではありませんか。

ちょっとびっくりでした。






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11676641c.html
その他 | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

布団を干すこと

高層住宅のバルコニーから、
灰皿を落下させて、下を歩いている人に怪我をさせたら、
罪に問われるとテレビで言っているのを何気なく聞いていたら、
高層住宅に干してある布団も危ないんですとのコメントがありました。

高層階から落ちると布団にもかなりの力がかかるそうです。

その話を聞いてすぐに、深江のサンシャインワーフに行ったら、まさしく高層階のバルコニーの外側に負担が干してありました。



景観が悪いとは思ってましたが、危険なんで だと認識しました。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11676634c.html
その他 | コメント( 2 )

亡き妻は本当にまめに布団を干す人でした。

[ せいさん ] 2017/11/02 19:04:30 [ 削除 ] [ 通報 ]

干した布団はお日様の匂いがして気持ちよいですね。

[ ふく ] 2017/11/02 20:14:03 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

台風情報より開票速報

暴風雨がいつになくきついです。

にもかかわらず、台風情報はそっちのけで、

選挙の開票速報をしています。

NHKは七時のニュースを十分で切り上げて、

大河ドラマを放映し、

八時から開票速報です。

大和川の水位が上がっていたり、

大阪神戸間の交通機関は止まっているようです。

選挙も大切なのはわかりますが、

これより影響の少ない台風の場合は大騒ぎしておきながら、

今回はひどい対応。

もう少し台風情報がいただきたいです。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11672960c.html
その他 | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

期日前投票

日曜日は台風で雨だそうです。

西宮北口まで来る用事があったので、

期日前投票をしてみました。

兵庫七区。

候補者の党派は自民、希望、維新、そして共産党です。

 政党はどうでもよいのですが、

超右が三人、超左が一人。

わ?   こんなに綺麗に真ん中技抜けてるのはここだけでしょうか。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11672220c.html
その他 | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

走るグラニュ糖


千里、万博公園に行こうと171を走っていたら、

猪名川の手前で、

「グラニュ糖」と書いたトラックが信号でとまりました。


砂糖が入っているの?


これは粉粒体運搬車バルクローリーというものだそうです。

タンクローリーが液体、こちらは粉状のものを運ぶそうです。


少し東に行くと川西や尼崎方面に行く道と分岐し、工場も多いですので、

食品工場に運ぶのでしょうか。大量の砂糖が必要なのでしょうね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11669876c.html
その他 | コメント( 6 )

この中が全部お砂糖だと思うとなんだか不思議な気がしますね!

[ ぷりんまろ ] 2017/10/12 20:06:23 [ 削除 ] [ 通報 ]

面白いものに遭遇しましたね。
私も見つけたら写真撮ったと思います。
おもしろいなぁ〜

[ ちゃめ ] 2017/10/12 22:01:00 [ 削除 ] [ 通報 ]

ふくさん、こんばんは。
雲が綿菓子のようです。

[ もしもし ] 2017/10/13 2:29:10 [ 削除 ] [ 通報 ]

ぷりんまろさん お砂糖だと思うとちょっと怖くなりましたよ。

[ ふく ] 2017/10/14 13:53:00 [ 削除 ] [ 通報 ]

ちゃめさん 検索でグラニュ糖 トラック?といれたら他の方のとられた写真が出て来て、思わずやっぱりなと思いました。

[ ふく ] 2017/10/14 13:54:07 [ 削除 ] [ 通報 ]

もしもしさん 全く気付きませんでしたが、たしかに。

[ ふく ] 2017/10/14 13:55:15 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

プチプラは悪いのか?


1970年代の日本の衣料事情は今とは違い、

良質な素材は、ヨーロッパから輸入されていました。

編み物をする毛糸も、刺繍糸もやはりフランス製が良いとされていました。


今は海外からのお客様のマナーがもう一つとかと言いますが、

あの頃の日本人のツアー客もなかなかのものでした。


高価なブランド品に人々が群がろうとする中、

チープシックという言葉がありました。

また海外に行くと、学生がなぜブランド物のカバンを持つのかと聞かれたり、

確かに日本では手に入らないのですが、ブランド品以外の上質で安い製品もたくさん売られていました。そして、海外に行って現地の人と話すと、

リーズナブルという英語がよく使われていました。


当時はチープシックやリーズナブルが具体的に何をさすのかがよく分かりませんでしたが、バブルが崩壊してデフレになると、日本でも安くて良いものがたくさんでてきました。


最近、リーズナブルやチープシックとは、すこしちがいますが、プチプラという和製英語をよく聞くようになりました。

これは良い意味で使うのか、どうなんでしょう。よくわかりません。


最近の関西は特に夏は暑く汗だくになります。高価な衣料品は向かないような気がして、私もプチプラには賛同しています。


アクセサリーやバッグ、靴など、家具や車などにはこだわりがありますが、

ふだん着る洋服はプチプラファッションの愛好者です。








goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11596463c.html
その他 | コメント( 2 )

わかります☆
安かろう、悪かろうは昔の話ですねえ・・・。

[ ぷりんまろ ] 2017/05/02 20:48:20 [ 削除 ] [ 通報 ]

ぷりんまろさん 電化製品やパソコン、車などはケチって一つ下の機種を買うと、安物買いの銭失いになることは体験すみなのですが、やはり高価なものを購入するときは迷います。でもユニクロなどには、もはや安かろう、悪かろうはあてはまらないし、百金で何側類のみたいなことも多々あります。

[ ふく ] 2017/05/02 21:57:44 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

県外という言葉

チャンネルを変えていると、サンテレビでHTOGO 150スタートアップ・シンポジウムの様子が放映されていました。
たまたま見たので少しだけでしたが、田辺眞人さんが基調講演として「兵庫」の地名の由来、初代兵庫県の誕生、飾磨県、豊岡県との統合等を経て五国からなる現在の兵庫県成立過程を振り返り、他府県になり多様性の魅力を解説されていました。(以下より引用しました)
http://hyogo-j.co.jp/topix/topix170410_2.htm

現状の県は、明治維新の時、徳川時代の藩政から、古代の律令制を意識を持つ区分に戻そうとして作られたのだそうです。古代は66国2島でありましたが、改変がありましたが現状は47都道府県になっています。

兵庫県は藩政時代の五藩もが統合された巨大県なので、県民意識に乏しいと常々いわれます。特に阪神間の西宮市は大阪府に分割された摂津国に属しており、江戸時代の始めは尼崎藩、後半は天領でもあったことから兵庫県民意識に乏しいと思われます。

県と県外という言葉を時折、独立した意識の強い地域で耳にすると、ものすごく違和感を感じます。というのは遠隔地になると、全然親近感がないのです。五つだからよけいにだと思いますが、これは他にもあることで、よくいわれる例としては愛知県では尾張と三河が対峙しています。この話題について触れようとして、気づきましたが、私のこのブログの分類でも、大阪という項目をたてていますが、兵庫県というものがありませんでした。話が内陸部や日本海側にいくと、そこに関する興味が薄れ、城崎も舞鶴も鳥取も同じような知識しか持ち得ていない自分に気づきました。

そしてサンテレビに思い至り検索してみると、兵庫県全体をカバーしていました。UHFという放送ができた時、近畿放送とサンテレビの2チャンネルが見えるようになり、後にテレビ大阪が加わり、サンテレビは神戸、近畿放送は京都だったのだとわかりましたが、西宮にいますと、三つとも見ることができました。

我が家では働くといえば職場は大阪からスタートということが多かったので、好きか苦手かはおいときまして、大阪府西宮市的な感覚で住んでいたのかな。と、思います。同じように西宮市に住んでいますが、それは住宅地として開発されたから移り住んだという意味合いが強いです。便利な阪急電車があれば、商都大阪で働き、コスモポリタン神戸で食を楽しみ、静かな郊外に住む、たまには京都や奈良で文化的風域を味わうというところだったのだと思います。つまり別に西宮ではなくても以上の条件を満たせば他の市でもよかったのだと思います。と、考えると最近は西宮に住み、大阪で働こうにも、転勤でどこにとばされるかわかりませんし、文化的な一流の催しは人口の多い東京一極集中しているような気もします。






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11590503c.html
その他 | コメント( 2 )

妻の地元浜松で暮らした経験で痛いほどよく知っていますが、静岡県は何かというと「県、県、県・・・」でした。東西100数十キロに及ぶ捉えどころない広大な地域にもかかわらず。バカらしくて失笑してしまうほどでした。大きくて統一感なくという点は兵庫県に近いのですがその違いはどこなのか。

[ せいさん ] 2017/04/19 22:05:16 [ 削除 ] [ 通報 ]

せいさん 実は田辺眞人さんの話に出てきた例は愛知ではなくて、静岡でした。間口がやたら広く、遠江、駿河、伊豆がずらりと並んでいるとのこと。確かに新幹線に乗ったら小田原あたりを通過すると、すぐに東京で、三河安城を過ぎるとすぐに名古屋のアナウンスがはいります。なのに県、県でしたか。言葉も浜松と沼津では違うような気がして、よくわからなかったので、あえてわかりやすい名古屋とかきました。

[ ふく ] 2017/04/20 6:47:25 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

一万円札?


イコカで、改札を通るもチャージ不足。


引き出しから出て来た一万円でチャージできずに焦りました。


認識されないのは、なぜか?


知りませんでした。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11584708c.html
その他 | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ステケーション

皆様は連休はどこかにおでかけでしょうか。

ゴールデンウィークなどのお休みに旅行したり遠出しないで、
近場や家でゆっくりするというのをステケーションというようです。

祝日も増え、以前よりはお休みが増えた日本ですが、学校や仕事のお休みが集中するためか、春秋の連休や盆暮正月前後は、道路や交通機関が混みまくります。

帰省する場所が無いのをよいことに、数十年はこの時期はどこにもいかなくなりました。といってもこの時期にしかお休みがとれない人も多いので、ここで出かけずしていつでかける。という方もおありだと思います。


                    


きょう、北米在住の友人が STACATION という新語が日本でも使われているみたいだと書いていて、そんなことばがあることを初めて知りました。ステイケーションなのかステケーションなのか発音はよくわかりません。

サブプライムローン問題で景気が落ち込んだアメリカで低予算で休暇を楽しもうという風潮からできた造語のようで、日本ではそこに交通事情も絡んでいるような気がしますが…


まあ、家にいて休まるのか。それは住んでる場所や住宅、家族構成とも関係あると思いますが…



goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11392489c.html
その他 | コメント( 4 )

ネットで調べると「ステイケーション」でした。
因みに私はステイケーション派です。

[ 西野宮子 ] 2016/04/30 10:01:28 [ 削除 ] [ 通報 ]

だぶん長らくアメリカにいる友人がステケーションと書くにはそれなりの根拠があり、おそらく日本語のステイケーションとは聞こえないのだろうと思ったのですが、使わないのでまいいかと思いました。二通りあるみたいですね。ボストンの北に住んでるから多少英国っぽいのかもしれません。
http://ja.forvo.com/word/staycation/

[ ふく ] 2016/04/30 10:44:20 [ 削除 ] [ 通報 ]

捨ケーションかと思いました。
もう世間の浮かれた陽気は、捨てオケーション(occasion) !?

[ Numa ] 2016/04/30 12:34:35 [ 削除 ] [ 通報 ]

捨てケーション。確かに。あたりです。

[ ふく ] 2016/05/02 10:11:56 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ふくイメージ
西宮を中心に古書や古い新聞に書かれた記事をもとに阪神間の昔をたどったり、出典になった本や古書の紹介をしたり、備忘録的ではありますが、ぼちぼちと更新いたします。もちろん犬の話し、海外ミステリー、書画骨董、食べもの、ワインの話しなども、たまには織り交ぜて書きたいと思います。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

おすすめリンク