犬と歩く夙川

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/fukuchan

名作の舞台 阪神間

今朝の産経新聞の夕刊一面の記事は「名作の舞台文化結ぶ」「文豪・巨匠を育んだ土壌 沿線に根付く」でした。


なんだか、言い古されたように感じるのは、私だけでしょうか。

大阪の大大阪回帰といい、けっこうノスタルジックな話題が多いです。
村上春樹はどうなのかといわれそうですが、
確かに阪神間を舞台にしたものって多いのですが、
「なんかな...」という、朝ドラの主人公のせりふが思い出されます。








goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11571780c.html
阪神間と周辺のこと | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

竜巻型地震雲出現の報

こんなこといわれてもどうしようもありませんが、
近畿地方で西の方角に竜巻潟の地震雲が見えたそうです。
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-15865.html

同じような雲が阪神大震災の八日前にも見えたとか。


なんとなく嫌な感じですが、とりあえず気をつけましょう。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11569816c.html
阪神間と周辺のこと | コメント( 2 )

私もこの雲を見ました。(市内で)
見たときには、ちょん切れた飛行機雲かと
思いました。

[ tyu2 ] 2017/03/13 10:55:21 [ 削除 ] [ 通報 ]

Facebookでいいねをしているサイトが配信してくれたので知りました。雲の先のむかって左で起こるということはもっと西の方でしょうか。方角が和歌山ではないので東南海ではなさそうですが、阪神大震災の八日前の雲と似てるといわれると気持ち悪いです。

[ ふく ] 2017/03/13 12:28:41 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

尼崎産魚

昨日、何かを検索していたら、「尼崎産魚」という言葉とともに妙な緑色の魚の画像が目にとまりました。


どうやらこのダツという魚のようです。





記事はこちらです。



80種類のうちいくつかがネットでカラー画像が公開されておりますが、18日から5月7日まで尼崎市立文化財収蔵庫でパネル展示されるそうです。


ハリイカ、カワズエビは今でもよく目にしますし、ネット検索すると、サカタとダツはでてきますが、ほかのものはなかなかでてきません。魚は地方によって呼び方が違うのでも有名ですが、同じ地域でも時代によって名前が変わるのでしょうか。


そこで思いつくのはイカナゴです。もともと阪神間ではカマスゴといって大きなものを酢醤油で食べていたのですが、小さなものを佃煮にして食べる須磨、明石あたりの風習が昭和の終わりあたりから急激に広がっていまに至っています。イカナゴの釘煮はもともと西宮の郷土料理ではありません。






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11569809c.html
阪神間と周辺のこと | コメント( 2 )

名前も色も珍しい魚ですね。この緑色は天然のものなのでしょうか。

[ mamimi ] 2017/03/13 11:29:12 [ 削除 ] [ 通報 ]

この絵描きさんは派手な色が好きだったのか? 熱帯ではないのでちょっと不思議ですね。

[ ふく ] 2017/03/13 12:30:19 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

尼崎百物語

たまたま車の中でラジオをつけたら、
のじぎく文庫から尼崎の伝説の本が出版されるとのこと。
残念さんや崇徳院の話などがあるようなことを言っていました。
途中から少し聞いただけなので、よくわからず検索してみると、
大江篤著『尼崎百物語』とわかりました。



私は全然住んだことはないのですが、祖父母や父は戦争で焼けるまで尼崎南東部に住んでいましたので、興味もありぱらぱらとめくってみました。

まだ全部読んでませんが、なかなか面白いです。
西宮も最近はそうですが流入人口の多い街の一つです。尼崎の場合は戦後の復興期に臨海部に工場がたくさんできたため、阪神沿線の旧住宅地に住んでいた人は公害を避けて移転してしまい、そこに新たな人たちが住み始めたため、歴史的なコミュニティーは破綻してしまっていると思われます。

そんなこともあり、域外に住む我々にとってもなつかしい本の出版となりました。
大江篤さんというお名前は甲山神呪寺について書かれたものは読んだことがあったので、へ〜っと思いました。

この本は、何人かの研究者が聞き書きなどの情報を丹念に広い集めたものです。最近よくあるいままで書かれた話をまとめて編集した出典のわからない著作ではないようなので面白く読めそうです。

武庫川を渡った先にある場所のお話しですので、皆様もぜひどうぞ。





goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11392486c.html
阪神間と周辺のこと | コメント( 4 )

尼崎市はかっては50万都市 60万も近いと言われていたのですが 公害 暴力事件 外国人流入 などなどで西宮や宝塚に引っ越される方が多いです 今や40万人も割れそうです、特にお子様の教育環境改善を求めて西宮へ引っ越される方が多いようです 私の家は江戸時代以前から尼崎の地に住んで400年以上経ちます。

[ モンセ分店薬局 薬剤師徒然日記 ] 2016/04/30 8:50:33 [ 削除 ] [ 通報 ]

戦争で焼けたのを機に祖母の生家のある西宮に来たようです。南部の公害は昭和30年代にはものすごいことになっており、合成樹脂のような臭いが漂っており、阪急沿線でも神崎川を渡る時、なんとも言われない臭っていました。私のところも関ヶ原の戦い以降?尼崎だったようで、墓地のある場所はこの本にもでてきました。祖父の生家にいたっては神話上の人物だったりして本にも書かれていて少し笑えました。

[ ふく ] 2016/04/30 10:52:32 [ 削除 ] [ 通報 ]

ふく様 ご無沙汰しております。
尼崎の教育環境は詳しくは知りませんが、西宮の今の教育環境はいいのでしょうか?
夙川学院(短大ではなく増谷記念館がある最後の土地です)も東京の業者に売却され(それでもまだ40〜50億負債が残っているそうですが)6月頃から校舎解体・いくつかのマンションといくつかの戸建てになるそうです。
解体中は甲陽園小学校・大社中学・神原小学校へのアスベスト飛散の問題がでてくるかもしれません。
県道沿いの新しいマンション・グンゼの社宅跡地マンションなども含めて神原小学校の生徒が激増しそうで、プレハブ対応になるようです。(これにさらに夙川学院跡地のマンション・戸建ても加わります)
確かに私学を始め学校を多いけど、教育環境と言われるとなんだかなぁとおもってしまいます。それにしても夙川学院という教育機関が先物取引に手を出し、土地を売り払い、そこに住宅ができ、結果小学校をはじめとする子供たちの教育環境が悪化するというのは悪い夢をみているようです

[ フー博士 ] 2016/05/07 16:04:05 [ 削除 ] [ 通報 ]

フー博士 しばらく、パソコンでブログ開いていなかったので、御返事がおそくなってしまいました。昨日大師道を下ってきましたが旧播半跡のマンションまだ完売できてないのか棟内モデルルームの案内がでていました。
夙川学院短大の跡地は未だに着工されていませんが、あの不便なところが完売するのでしょうか。比較的安価な物件を多数建てるよりも、高価なマンションを小個数建てたほうが、阪神間のニーズにあいそうですが、やはりリスキーだからそうはならないのでしょうか。苦楽園口ばかりではなく、上ヶ原もどんどん開発されているようです。教育環境は何を求めるのかによってずいぶん違うと思うのですが、日本の教育システムそのものが今ひとつ機能していないような気もするので、何ともいえません。

[ ふく ] 2016/05/29 9:20:26 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

甲陽園のいかりリニュアール



先日、三宮のいかりに寄ったら紙袋が甲陽園いかりオープンのものでした。

リニューアルは近々できるオアシスに対抗するものでしょうか。オアシスといかりだと、微妙に品揃えは違います。このいかりは以前は駐車場がありませんでしが今はどうでしょう。甲陽園もマンションが増えて、駅前に近づきにくくなってますので、長らくご無沙汰です。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11298980c.html
阪神間と周辺のこと | コメント( 1 )

甲陽園のイカリさんは駐車場無かったですよね。今回のリニューアルでも駐車場は無いようです。
もともと甲陽園は駐車場が少ない(無いわけではなかった)のですけど、現在建築中の阪急オアシスがコイン駐車場だった場所に建ってしまうので、このお正月の帰省客の駐車場争奪戦が大変です。
しかし阪急オアシスってあんなところに建てちゃって、しばらく渋滞しそうですねぇ・・・

[ ダンプ先生 ] 2015/12/01 20:03:18 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

寺江亭跡へ

2号線が左門殿川を渡るあたりの北側に、
平安時代末期に貴族の別業があったそうです。
寺江亭といいます。福原遷都の時代です。

付近からは宋時代の中国陶磁が出土しています。

杭瀬駅から歩いてその辺りを見てきました。









goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11273744c.html
阪神間と周辺のこと | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

六甲山頂32℃

今日の話です。

午前10時半頃、六甲山頂は28℃ぐらい。

ところが、午後2時頃には32℃。

今年は暑いです。







goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11240443c.html
阪神間と周辺のこと | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

芦屋花火はニテコ池で見えた

ニテコ池から芦屋花火が見えるのか?

気になっていましたが、

確かに見えました。

私の家からも、見えます。

数年前に打ち上げ場所が西に移動したので、

グリーンタウンが少し邪魔ですが。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11233313c.html
阪神間と周辺のこと | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

アル メルカート ランチ







goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11230715c.html
阪神間と周辺のこと | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

方言チャート100 イントネーションのみの関西弁に対応せず。

http://ssl.japanknowledge.jp/hougen/hougen100/index138.php


やってみました。

武蔵野国になります。

どこがちがうかやってみたところ、

語尾が変化しない限り摂津には至りません。

私の関西弁はイントネーションのみで、語尾は変化しません。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11224287c.html
阪神間と周辺のこと | コメント( 2 )

私の住む横浜市瀬谷区三ツ境駅方面は旭区というところと境界を接しています。そしてそのちょっと向こうに武蔵の国と相模の国の古い境界があります。
上記、私もやってみましたら『大阪府出身』と判定されました。
トン女さん、まだまだ詰めが甘いのお、でした。

[ せいさん ] 2015/07/08 23:43:03 [ 削除 ] [ 通報 ]

せいさん 全部いいえにすると、武蔵野国、途中2箇所ぐらいさわると東京、ケッタを選ぶと名古屋、ナンチャラテストを選ぶと神奈川みたいです。まだまだかも。私や友だちの話す関西弁はほぼイントネーションのみ。そして名詞のイントネーションは極めて標準語で、時と場合、相手によって変えます。

[ ふく ] 2015/07/08 23:52:22 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ふくイメージ
西宮を中心に古書や古い新聞に書かれた記事をもとに阪神間の昔をたどったり、出典になった本や古書の紹介をしたり、備忘録的ではありますが、ぼちぼちと更新いたします。もちろん犬の話し、海外ミステリー、書画骨董、食べもの、ワインの話しなども、たまには織り交ぜて書きたいと思います。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

おすすめリンク