犬と歩く夙川

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/fukuchan

芦屋の鷹尾山

阪神間なら六甲山に親しみを持ってる人は多いと思います。西宮なら甲山、芦屋は鷹尾山、東灘区は保久良山かなと思います。

芦屋の鷹尾山は見る場所によって随分違います。
夙川辺りらだと、背後にある山に埋没してなかなかよく見えませんが、
東から見ると甲山のような形に見えます。

南の芦屋市街地から見た写真を載せてみます。
最近は家が立て込んで、なかなか見えませんが、
昔はよく見えたことでしょう。



鷹尾山は城山とも呼ばれています。

ウィキペディアを見ると、越水城を建てた瓦林正頼の城で、鷹尾城は家臣の鈴木与次郎に守らせ越水城支城としたようだ。









goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11639541c.html
芦屋のこと | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

モダンないけず石

移動の途中でいけず石がないか見ていますが、
やはり車だと、通りやすい広い道を選ぶので、
黒塀があるような、軒が迫ったような、お地蔵さんが角にあるような、
古い街並みを通らないからか、
見かけることはありません。
今はなき、昔の森具の集落にはあったと思いますが、震災で全く道も変わってしまいました。


昨日の芦屋駅前。


これもそうなのかな…。

そして神垣町なのか越水なのか、お地蔵様の横の石、
車を止めて確認しましたが、広告の旗の足でした。
これは違いました。


やはりもしもしさんのように地道に旧町村部の古い道を歩かないと見つからないのです。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11622750c.html
芦屋のこと | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

山の桜

六甲山の桜が綺麗に見えています。

下から見ると、山が少し白かったりピンクだだりしています。

上って見ると、白はこぶし。ピンクは桜やツツジです。






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11589160c.html
芦屋のこと | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ふくおはよう

宮川沿いに芦屋霊園に行く道の桜の木、
老木になったから伐採して植え替えると聞いたので、
今年は何度か通りました。
桜のトンネル綺麗でした。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11587010c.html
芦屋のこと | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

芦屋霊園前の桜のトンネル



近隣の桜の名所もどんどん様変わりします。
昔からの桜がだんだん老木になり、なくなる一方、
新しい桜が誕生します。
地域によっては、花木や大木が見られますが、
どうも阪神間の桜は60年ぐらいのスパンで植え替えられているみたいです。

あしやれいえんに登る道の桜も今年の桜のシーズンが終わったら
植え替えられるとのことです。






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11583458c.html
芦屋のこと | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

稀勢の里は芦屋生まれ

出身地とはどこのことをいうのでしょう。
生まれた出生地かなと思っていたら、
育った場所なのでしょうか。

稀勢の里が関西の人だと何となく聞いたような気がして、
検索すると茨城県牛久の人だと書いてあります。

ところが芦屋ではちらほら芦屋出身と書いたものをみかけるので、
疑問だったのです。

確かに芦屋市民病院の生まれで、二歳で茨城県に転居したそうです。

生まれがお母さんの実家近くとか、
都会の病院とか、
そういう人は結構いると思いますが、

それでも出生地が出身地かなと思っていたら、
違ってよいのですね。と、思いました。

以下広報あしやの3月1日号の記事です。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11580846c.html
芦屋のこと | コメント( 2 )

稀勢の里が芦屋にいた時のマンションの同じフロアーに現芦屋市長が住んでいたとのことです。

[ 西宮芦屋研究所員 ] 2017/03/31 20:47:01 [ 削除 ] [ 通報 ]

西宮芦屋研究所員さん 広報に書いてありましたが、何年もたってから、同じフロアの人がわかるってすごいです。

[ ふく ] 2017/04/01 10:49:39 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

楠木公碑撤去移転?

いつも行くセルフのガソリンスタンドの横に鳥居がありました。楠木正成が足利尊氏に勝利した打出の戦いを記念してたてられた碑で、敷地とともに今は芦屋市の公園になっていました。
ところが…、いつもは夜半に行くのですが、明るい時間帯にいってみるとなんと、鳥居ごと碑が消えており、掘り返された、公園が整備されるようです。
あれ?どうなるのかなと、検索していてみつけた記事です。南公さんは南朝方ですので、戦前には信仰をあつめておりましたが…、昨今まで鳥居があったので、芦屋市の公園とは思ってもみませんでした。


楠木公さんの碑については「芦屋頼り」という竹園ホテルさんのブログに詳しく書かれています。

http://www.takezono.co.jp/ashiyadayori/50.html



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11320178c.html
芦屋のこと | コメント( 1 )

亡き幼馴染の存命中、会うたびに車でブラブラしていていつもこの碑の横のスタンドで給油していました。ブログの記事に上げたこともありました。西宮Uターンした直後家族でこの公園の近所に住みたいと思って物件探しもしました。
どこへ移転するのでしょうか。

[ せいさん ] 2016/01/05 14:25:54 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

芦有で事故

漸く開通した芦有道路、昨晩まで、有馬芦屋間が半額でりようできたのですが、
事故が起きてしまいました。走りやの起こした事故のようです。




goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11236619c.html
芦屋のこと | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

甲山山頂からの展望

眺望がなくなって久しいのですが、

樹木を伐採すると、登る人が増える。

すると、山火事が起こるかもしれない。

と山の南斜面を所有している神呪寺が言っておられるそうですが、

ごもっともなことかもしれません。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11236606c.html
芦屋のこと | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

芦屋花火

芦屋の花火は土曜日です。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11232323c.html
芦屋のこと | コメント( 1 )

絵が可愛い!最近は皆、絵が上手で可愛いですよね。

[ 南流山の美容室 美容院 ] 2015/07/24 10:58:55 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3  
このブログトップページへ
ふくイメージ
西宮を中心に古書や古い新聞に書かれた記事をもとに阪神間の昔をたどったり、出典になった本や古書の紹介をしたり、備忘録的ではありますが、ぼちぼちと更新いたします。もちろん犬の話し、海外ミステリー、書画骨董、食べもの、ワインの話しなども、たまには織り交ぜて書きたいと思います。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

おすすめリンク