犬と歩く夙川

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/fukuchan

とろろ汁 終章

数日間、とろろ汁に魅了されていましたが、本来は鎌倉時代以降の東国と西国についてちょっと気になったので、本を読んでいて、米作りと餅、それ以外のものを主に耕作する地域の芋正月というところからのスタートでした。
結局、話はそれて、三日とろろ、二日とろろ、になり結果的に、調査前に都市化してしまった、このあたりのことはよくわからずじまいです。見つけた資料のみリストアップしておきます。

馬場景子 中野典子 儀礼食としての正月のとろろ飯 日本調理科学会

https://doi.org/10.11402/ajscs.19.0.30.0, https://www.jstage.jst.go.jp/article/ajscs/19/0/19_0_30/_article/-char/ja, 


本間トシ 儀礼食物としての芋 東京女子大学論集 1967


 イモと日本人(1970)未来社


最近はかゆいかゆいといっておろさなくても、乾燥した物などが手に入るようです。


<!--EndFragment-->



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11730559c.html
暦 年中行事 信仰 伝説 歴史 民俗 | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

イモ正月

お正月といえば、四角かったり丸かったりはしますが、
全国一律にお餅を食べるものだと思って久しかったのですが、
そういう習慣は餅正月の地域で、
全国的にはイモを食べる習慣のイモ正月の地域も根強く残っているそうです。

そういえば、あなたの家のお正月のお雑煮は?と、聞くと、
西宮市内の人でも、三日はとろろ芋ですという方がおられます。

はてな?っと思ってましたが、
主に関東のようですが、「三日とろろ」という習慣があるのです。

たまたま、先日、網野善彦さんの『中世再考 列島の地域と社会』の中に「正月の行事に餅を使うことを忌避し、サトイモ、やまいもなどを重んずる習俗」とありさらに、「この習俗 とくにヤマイモを行事の中心におく習俗の分布が、東西の民俗の相違に結びつくことを示唆しているのである(『イモと日本人』)と書かれていたので、なるほどとなりました。


とろろ汁を正月に食べるという家はその地域に何らかの縁のある方々なのです。
この本面白そうなので、とりよせました。

西宮、とろろで検索してみると、
名塩の紙職人さんの風習をまとめた郷土資料館ニュースという冊子(1991年7月1日、NO9)に、年末にとろろ汁を食べるというのがありました。

三日とろろはヤマサ醤油の頁にレシピがあります。









goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11730065c.html
暦 年中行事 信仰 伝説 歴史 民俗 | コメント( 4 )

ふく様
西宮市郷土資料館にある、医者が書き残した古文書の中の、安政4(1857)年の献立帳に「正月2日夕めし とろろ 白めし」と書いてあったそうです。
古い「宮っ子」にも「2日とろろ汁」の記事が載っていました。
2016年1月2日に「正月2日はとろろ汁」という記事を書きました。
http://nishinomiya.areablog.jp/page.asp?idx=1000122710&post_idx_sel=11318456
わが家もお正月にとろろ汁を食べていましたが、お正月に料理するのは面倒くさいので震災以降作らなくなりました。
でも、山芋はおいしいので、とろろ汁にしたりマグロの山かけにしたりして日常的に食べています。

[ 西野宮子 ] 2018/05/02 11:43:11 [ 削除 ] [ 通報 ]

二日でしたか。以前にもどなたかが書かれているのを詠んだことがあります。西宮の昔はこうであったというのはかなり曖昧な記述で、誰がいつそう書き残したとか、いつの誰を対象にした調査では何%のとかという記載を読まないうちは、頭の中が疑問で埋め尽くされてしまいます。特にとろろを食べるという習慣は本来幾つかの意味がある場合が多いそうなので、都市周辺の人口移動の多い西宮の場合は、余計に謎が深まります。西宮の医者というのは原老柳でしょうか?

[ ふく ] 2018/05/03 9:15:04 [ 削除 ] [ 通報 ]

ふく様
古文書のことは朝日新聞の投書欄で読みました。
くだんの医者の子孫(5代くらい後)である女性の投書でしたが、医者の名前は書いてありませんでした。

[ 西野宮子 ] 2018/05/03 14:04:39 [ 削除 ] [ 通報 ]

宮子様  フィールドワークがなされていなかったようなことを書いたものを見つけました。愛知県あたりに三日とろろと二日とろろの分岐点があるようです。とろろもとろろ汁、とろろご飯と相方が違ったり、長芋をすり鉢でするので、初すり、と言っているところもあるみたいです。多くは農村の年初めの儀式に連動しているようです。

[ ふく ] 2018/05/04 9:20:42 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

神社ブーム

神社がパワースポットとして人気を得ている昨今、

あまりテレビを見ないのですが、
神社を扱った番組がいくつかあるのに気づきます。

NHK趣味どきっ!では「ニッポン神社めぐり」をシリーズで放送しています。



そして、先週はビーバップハイヒールで、「神宮」と「大社」の違いについて放映していました。

ゲストは島田裕巳さん。


最近「日本人の神」入門 神道の歴史を読み解く」という講談社現代新書を読んだところでしたので、昨日まで見ることができたTverで拝見しました。

神社に関する概念は江戸時代以前、明治以降から終戦まで、終戦後でかなり異なっています。それらをうまく切り離して考えないと、歴史的変遷はわかりにくいのですが、こと信仰であるだけに、理屈抜きに信じましょうということもあるため、よくわからないことになっています。

旧教の教育を受けた本願寺派の僧侶のひ孫ですから、まさに日本的信仰がどんなものかは身を以て体験しており、もうついて行けない世界となっていますが、特にわけがわからなかったのが日本の神様の世界でした。ところがこの世界、神話をひもときながら、それを前提にして歴史や宗教について考えていくと、かなりミステリアスで妙な推理小説よりも面白いことに最近きづきました。

ということで、この番組も入門としては面白いです。
ハイヒールが苦手でないかたはどうぞご覧ください。


伊勢神宮は奈良の桜井付近にあったが、崇神天皇の時代に疫病が続いたので都から離れた伊勢に移された。古代出雲と三輪山の大もの主の話など、わからないことが多い。












goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11706523c.html
暦 年中行事 信仰 伝説 歴史 民俗 | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

出雲国大社の図



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11696566c.html
暦 年中行事 信仰 伝説 歴史 民俗 | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

廃仏毀釈

国家の体制が変わる時って、めちゃくちゃなことをします。そして新たのヒーローが生まれ、以前の体制のことを包み隠す新たな伝説や神話を作ります。情報拡散手段が少なかったので、インパクトのあることをすると、情報は比較的簡単に拡がったのかもしれません。いまは氾濫する情報から選択を間違う人も多いようです。しんぶつしゆうごうの破壊は近代天皇制構築のためには不可欠だったのでしょうけど。何がとは言いませんが神仏習合を念頭におけば、なるほどと思うことが多いのではないでしょうか。


http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53392



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11678234c.html
暦 年中行事 信仰 伝説 歴史 民俗 | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

新暦の七夕

七夕は本来旧暦で行われたもよですので、
七日の月の夜ときまっています。

今年の旧暦の七夕はは八月の二十八日だそうですが、
その日の星の配置は、
まさに天の川を挟んで彦星と織姫が
近づいて見えます。







goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11629854c.html
暦 年中行事 信仰 伝説 歴史 民俗 | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

家内安全ヲ守十二支之図


卯き辰や寅にをき亥子酉込己て モウ(丑)午戌ぬる未申ころ


歌川芳虎、永島辰五郎。江戸末明治の浮世絵師で歌川国芳の門人。武者絵、役者絵、開化絵を得意とした。



なぜこの絵を思い出したかというと、鵺のことを考えていたからでした。

下は師匠、国芳の書いた、源頼政の「鵺退治」の図です。



鵺は『平家物語』に登場し、顔が猿、狸の胴体、虎の手足、尾は蛇という場合が多いのですが、『源平盛衰記』では背が虎、足が狸、尾が狐とかさまざまあるそうです。一昔前に角川映画の横溝正史、悪霊島の宣伝コピーで「鵺の鳴く夜は恐ろしい」なんていうものがありました。


詳細は「」のページがありましたのでご参照くださいませ。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11608822c.html
暦 年中行事 信仰 伝説 歴史 民俗 | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

辻占いからフォーチュンクッキー

辻は異界との接点で恐ろしいものという英国の伝承から、
日本の辻を調べてみたところ、
日本でも辻は昔から意味ある場所としてとらえられていたことがわかりました。

その辻を調べていたら、
辻占い」という言葉に出会いました。
なんとなく聞いたことがありますが、
はっきり何かわかりません。

wikiを見ますと、占いの一種だそうで、
夕方、辻にたって、とおりすがりの人々が話すことばの内容から占うというもののようで、橋のたもとに立てば橋占、夕方に行うから夕占(ゆうけ)と言ったと書かれています。
偶然通った人々の言葉を神の託宣と考えたそうで、辻は神も通る場所、橋は異界との境界と考えられたのだそうです。そこでwikiは一条戻り橋の話の橋占を例にしていますが、ここでは省略します。

今は殆ど残っていないのですが、少し特殊な形式のものが東大阪の瓢箪山稲荷神社に残っているとも書かれています。

江戸時代になると、それとは別に子どもが辻にたっておみくじを売るようになり、これも辻占いと呼ばれたそうで、そのうちそのおみくじを煎餅に入れて売るようなものも現れたそうです。



子どもの頃のおやつに、いろいろなかき餅やえびせんを同じ袋にいれた「おこのみ」と称する、いわゆるおかきの袋が売っていて、そのなかに何本かのおみくじが入っていましたが、それもこの類いかもしれません。

そしてこのお菓子におみくじをいれたものは、アメリカ西海岸に渡り、フォーチュンクッキーとなったと読んで二度びっくりです。中華料理を食べるとおみくじの入ったクッキーがもらえるのですが、私はこれは中国発のものとばかり思っていました。ところが日本人がサンフランシスコの中華料理の店に導入したのが起源だったようです。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11608810c.html
暦 年中行事 信仰 伝説 歴史 民俗 | コメント( 4 )

六道の辻なんていうのがありますものね。横浜市瀬谷区にもそういう別名のついた畑地のど真ん中の辻があります。あまり異界の匂いはしませんが日暮れから夜にかけては昔そんな雰囲気だったのでしょうきっと。

[ せいさん ] 2017/05/27 10:46:50 [ 削除 ] [ 通報 ]

ふくさん、こんにちは。
クリスマスプディングのラッキーチャームが起源だと思っていました。

[ もしもし ] 2017/05/27 13:54:15 [ 削除 ] [ 通報 ]

せいさん こんばんは。六道の辻は冥界の六つの分類と思っていましたが、検索したら本当にそんな場所が仙台にあるようでまずはびっくりしました。で、瀬谷区には中の辻というところがあるのかと思って検索したら、それはみつからず、瀬谷区にある六道の辻をみつけてしまいました。中辻さんや四辻さんという人も知ってますが、辻さんを含めて存外名前につく場合も多いようです。京都の帷子ノ辻はなんとなく恐ろしい名前と思っていましたが、葬送の場である化野にむかう辻、九相死にまつわる伝説もありやはりちょっと恐ろしいところのようです。

[ ふく ] 2017/05/27 21:16:04 [ 削除 ] [ 通報 ]

もしもしさん こんばんは。Christmasプディングのラッキーチャームの起源は逆に何なのか気になりますが、エルキュールポワロのクリスマスプディングの冒険で読んだぐらいで実際には見たことありません。http://galettes.exblog.jp/d2015-12-04/

[ ふく ] 2017/05/27 21:21:17 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

辻とは異界への入口のある恐ろしいもの

In The Darkというサイトに英国の興味ひかれる伝説上の生きものという記事があり、
そこに、イギリスの神話としてFaerie Dogs (妖精?の犬とでも訳すのでしょうか)についての話が掲載されていました。

Faerie Dogs 

English Mythology


This is a peculiar creature I came across in The Fantasy Encyclopedia by Judy Allen, and it is a lesser-known part of English mythology. They say that a certain crossroads are a door to another world, the world of the faeries and the gods and demons that act in ways that we don’t usually see. Every now and then, these crossroads will have a peculiar occupant―the faerie dog. These aren’t the puppies you and I know―these dogs are bright green and will bark once or twice as a warning. But upon the third bark, the listener is doomed. Perhaps throwing a bone might help?

そのこの世のものではない犬は、辻、つまり交差点にいるのだそうで、緑色をしているのです。二回吠えられるまでは大丈夫ですが、三回めは無い…。つまりたべられてしまうのでしょう。恐ろしい犬です。

辻、交差点は古来恐ろしいものだったようです。

もちろん日本でもだそうです。

おいおいお知らせいたします。



goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11608619c.html
暦 年中行事 信仰 伝説 歴史 民俗 | コメント( 2 )

「辻斬り」を調べてみましたら「道切り」なんて初めて聞く言葉が出てきました。

[ 笹舟倶楽部 ] 2017/05/26 23:36:43 [ 削除 ] [ 通報 ]

道切り、私も初めて知りました。しめ縄を真ん中に張った道はお祭りの時ぐらいしか見てないような気がします。人里離れた道でみかけたらきみわるいですね。辻で思い出すのは塞神です。岐神とも言うそうで、後に道祖神とも通じます。村はずれの街道の辻にあって、疫病から村人を守ったとか。ニテコ池の東側の辻に塞神社という小さな祠がありむす。いまは廣田神社の境外末社です。

[ ふく ] 2017/05/27 7:25:57 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

鰯の頭も信心から


わが家、豆まきでも恵方巻きでもなく、鰯の焼いたものを魚屋さんに持ってきてもらいます。節分なんて子どもの頃の豆巻ぐらいしか記憶になく、長じては忘れがちの行事でした。



いわしはなんとなく祖母が食べていたような気がしますが、私はあまりすきではなかったし、家で夕食を食べないことも多かったので、最近食べるようになりました。ひょっとするととどけてくださる魚屋さんの陰謀なのかもしれません、


関西では鰯の頭をヒイラギに刺して玄関につけます。鰯を焼いた煙と臭いが邪気を払うといわれていますが、これの起源も、いまとなってはよくわかりません。


「鰯の頭も信心から」とはとは、ほんとによく言ったものです。でも今は「恵方巻きも信心から」と、いいかえたらよいかもしれません。


新しい行事でも、伝統的な風習であるかのように宣伝すると、核家族化したり、故郷から離れた人の多い、今の日本では意外に定着するのかもしれません。



goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11336989c.html
暦 年中行事 信仰 伝説 歴史 民俗 | コメント( 1 )

ふくさん、こんばんは。
鰯柊は、小学生のころ東京の武蔵野でもありました。50年近くまえですね。
春を迎える儀式としては悪くないと思っています。
恵方巻はどうでもいいですが・・・。

[ もしもし ] 2016/02/05 0:25:45 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ふくイメージ
西宮を中心に古書や古い新聞に書かれた記事をもとに阪神間の昔をたどったり、出典になった本や古書の紹介をしたり、備忘録的ではありますが、ぼちぼちと更新いたします。もちろん犬の話し、海外ミステリー、書画骨董、食べもの、ワインの話しなども、たまには織り交ぜて書きたいと思います。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

おすすめリンク