犬と歩く夙川

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/fukuchan

建国記念日は神武天皇即位の日

2月11日は国民の祝日、建国記念日です。

国民の祝日は昭和二十三年に制定された法律によって定められた祝日で、休日とされています。

かつては国旗を家の前に掲げることが一般的だったので、旗日という人もいます。


法律の制定された昭和23年当初は、元日(1/1)、成人の日(1/15)、春分の日(

3月の春分)、天皇誕生日(4/29)、憲法記念日(5/3)、子どもの日(5/5)、秋分の日(9月の秋分)、文化の日(11/3)、勤労感謝の日(11/23)の九日でした。戦前は十一日あったのですが、二日減っていました。ところが昭和41年に敬老の日(9/9)、体育の日(10/10)、42年に建国記念日(2/11)が加わりました。


戦前は「年中祭日の休暇日を定むという太政官布告」という明治六年に定められた法律により、

元始祭(1/3)、新年宴会(元日の節会に由来)(1/5)、孝明天皇祭(1/30、紀元節(2/11)、神武天皇祭(4月3日)、神嘗祭(9/17→10/17)、天長節(11/3)、新嘗祭(11/23)、でありましたが、明治11年に春季皇霊祭(春分日)と秋季皇霊祭(秋分日)が追加されました。明治12年には稲が実っていないということで神嘗祭は9月17日から一ヶ月遅れとなりました。


そしてこの太政官布告は大正元年9月4日に、休日に関する件が公布され、移行します。

元始祭(1/3)、新年宴会(1/5)、先帝祭(先帝崩御日)=孝明天皇祭(1/30)→変更、紀元節(2/11)、先帝祭=明治天皇(7/30)、神嘗祭(10/17)、天長節(11/3)、新嘗祭(11/23)、春季皇霊祭(春分日)と秋季皇霊祭(秋分日)となりました。


祭日や祝日の意味は、別に皇室祭祀令によって定められた宮中祭祀の主たる日に国民もお休みしてお祝いするという意味で定められたものです。これは明治維新以降にとられた、一種の国教制度といわれています。国家神道に関する記述は難しいので一例を辞書から引用します。例えば、平凡社の世界大百科事典第二版には「近代天皇制国家がつくりだした一種の国教制度。国家神道の思想的源流は,仏教と民俗信仰を抑圧して,記紀神話と皇室崇拝にかかわる神々を崇敬することで宗教生活の統合をはかろうとした,江戸時代後期の水戸学や国学系の復古神道説や国体思想にある。明治維新にさいして,こうした立場の国学者や神道家が宗教政策の担当者として登用され,古代の律令制にならって神祇官が設けられて,祭政一致が維新政府のイデオロギーとなった。1868年(明治1)3月には神仏分離に関する一連の法令がだされ,それ以後全国的に神仏分離廃仏毀釈が行われた。」と書かれています。


さて、建国記念日ができた頃、小学校の高学年でしたが、当時は神話といえば、伊弉諾伊弉冉が建国した話とか、天照大神が天岩戸に隠れた話とか、素戔嗚尊八岐大蛇退治とか、因幡の白ウサギとか、天皇が登場する以前の神代のことしか頭になかったので、神武天皇の即位の日をもって日本建国ってなんだろうと、不思議に思いつつ、まあお休みが増えるのでうれしい程度にしか思っていませんでした。



現在の学校教育でも神話の世界は歴史の時間では習いません。イデオロギー的側面も強いので、神話について、何を読んで学ぶかは、書いた人によってずいぶん違います。けれども最近は民俗学的アプローチからの神話解釈や、神話と考古学的は発掘などを組み合わせた研究などがすすみ、神話はまんざら夢物語ではなく、その奥に秘められた事実があることが、徐々に明かされてきました。


つまり、下手はミステリーを読むより、面白い世界がそこに広がっています。



※神武天皇というと、勇ましい姿がイメージされますが、明治維新以前にはそうでもなかったのだということがわかる挿図です。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11709209c.html
西宮周辺の社寺と信仰 | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
作られた神武天皇のイメージ
本朝神社考にみられる寛永期の広田社
越木岩神社が大国主西神社
このブログトップページへ
ふくイメージ
西宮を中心に古書や古い新聞に書かれた記事をもとに阪神間の昔をたどったり、出典になった本や古書の紹介をしたり、備忘録的ではありますが、ぼちぼちと更新いたします。もちろん犬の話し、海外ミステリー、書画骨董、食べもの、ワインの話しなども、たまには織り交ぜて書きたいと思います。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

おすすめリンク