犬と歩く夙川

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/fukuchan

南アフリカのシュナンブラン

南アフリカのピノタージュを飲んだ時に、
同じ醸造所のシュナンブランも飲みたくなりました。

南アフリカ、マンヴィントナーズのオーカです。
こんどはお店ではなく、
ネットで購入しました。

プチトマトときゅうり、青じそを収穫して、
ゴーダチーズをのせたブランパン、
サラダ、さわらのソテー、白ワインソースでいただきました。





シュナン・ブランはピノ・ド・ラ・ロワールともいわれており、

アンジュー・ソミュールのサヴィニエールやトゥレーヌのシノンやヴーブレなど、ロワール渓谷の一部で作られているブドウです。


ロワールのものは少しお高いので気楽に飲めませんが、
南アフリカのものは0が一つ少ないものでも十分美味しいと思いました。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11653897c.html
ワイン | コメント( 2 )

南アフリカは百年を越える古木が多く、
味も風味もいいワインが多いと聞きますし、
実際、美味しいですよね。
南アフリカワイン、好きです。

[ tyu2 ] 2017/09/03 19:11:51 [ 削除 ] [ 通報 ]

このワインのあと、シャルドネを飲みました。ちょっと濃い感じで、シュナンブランの方が飲みやすかったです。アフリカワインあまり見かけません。

[ ふく ] 2017/09/08 13:00:26 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
ソガ・ペール・エ・フィス ワイナリーの日本酒
ワイン飲み放題
ヴィアデル エンメ
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ふくイメージ
西宮を中心に古書や古い新聞に書かれた記事をもとに阪神間の昔をたどったり、出典になった本や古書の紹介をしたり、備忘録的ではありますが、ぼちぼちと更新いたします。もちろん犬の話し、海外ミステリー、書画骨董、食べもの、ワインの話しなども、たまには織り交ぜて書きたいと思います。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

おすすめリンク