犬と歩く夙川

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/fukuchan

美術品にまつわるミステリ

美術品にまつわるミステリーは仕事がらかなり読んだと思います。

殺人事件を作品の謎とからめて推理していくものは、
そのどちらもが、不自然でないことが条件ですが、
現代の知っている場所を舞台にすると、
どうしても、ありえないから何これとなってしまいます。

自分があまり知らない世界で、
知っているミステリアスな事情を解きつつ、
ひきこまれていくというのは
なかなか難しいです。

舞台は知らない世界→海外ですが全然行ったことのないところではなく、なんとなく行ったこともあり、多少の土地勘があるところを選びがちです。

すると、時代も現代よりも少し前の時代がよいような気がします。

検索してみるとミステリの部屋というホームページをみつけました。

何冊か掲載されていて、なんだか読んだことがあるものが多いのですが、
なぜか忘れています。

偽りの名画(アーロン エルキンズ)、ミス・メルヴィルの後悔(イーヴリン・スミス)、ダヴィンチ・コード(ダン・ブラウン)、ギリシア棺の謎(エラリー・クイーン)を読んだのは覚えてますが、炎に消えた名画(チャールズ・フィルフォード)は書評を読んのは覚えていますが好みじゃなさそうなのでやめたのかもしれません。まやかしの風景画(ピーター・ウォトソン)は読んでいませんが、舞台がイギリス、図像学にからんでいるようなので、面白そうです。



Amazonで1円から売っていますので、これはワンクリックしてみましょう。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11657755c.html
ミステリー | コメント( 2 )

美術には疎いので、そっち方面の小説は全くと言っていいほど読まないのですが、珍しく読んだのが黒川博行の「文福茶釜」です。
新聞に連載されたのがきっかけで読みましたが、骨董業界の裏話が描かれたミステリーで、面白かったです。

[ 西野宮子 ] 2017/09/12 14:01:48 [ 削除 ] [ 通報 ]

文福茶釜読まれましたか。黒川氏は芸大出身で、奥さんも何かの作家なので、背景がものすごくリアルに描かれてます。蒼煌 という小説は、これは誰がモデルかわかるぐらい何某旧官展の成れの果ての人間関係の汚さが描かれていると言われています。

[ ふく ] 2017/09/12 22:03:05 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
宮部みゆきのレベル7
ベッドディテクティヴ
江戸川乱歩没後50年
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ふくイメージ
西宮を中心に古書や古い新聞に書かれた記事をもとに阪神間の昔をたどったり、出典になった本や古書の紹介をしたり、備忘録的ではありますが、ぼちぼちと更新いたします。もちろん犬の話し、海外ミステリー、書画骨董、食べもの、ワインの話しなども、たまには織り交ぜて書きたいと思います。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

おすすめリンク